※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<?xml version="1.0"?>
<TextLibrary>
 
   <Text tag="[Conv_Q3W2b_NAME1]">女王エラーナ</Text>
 
   <Text tag="[Conv_Q3W2b_0000]">陛下、お願いがございます。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3W2b_0001]">陛下、お願いがございます。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3W2b_0002]">陛下、お願いがございます。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3W2b_0003]">陛下、お願いがございます。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3W2b_0004]">そなたの頼みとあらば喜んで応じようぞ、申してみよ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3W2b_0005]">そなたの頼みとあらば喜んで応じようぞ、申してみよ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3W2b_0006]">そなたの頼みとあらば喜んで応じようぞ、申してみよ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3W2b_0007]">そなたの頼みとあらば喜んで応じようぞ、申してみよ。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3W2b_0008]">私は先ごろ、タンドラに住む冬狼と親しくなりました。ロード・バーンのアンデッドが、繰り返し彼らの国を襲っています。 \n もし狼たちを守る事ができれば、陛下にとっても助けとなりましょう……アンデッドが南下し、陛下の領地へ足を踏み入れるのを阻止できるのです。どうか助けていただけないでしょうか?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3W2b_0009]">私は先ごろ、タンドラに住む冬狼と親しくなりました。ロード・バーンのアンデッドが、繰り返し彼らの国を襲っています。 \n もし狼たちを守る事ができれば、陛下にとっても助けとなりましょう……アンデッドが南下し、陛下の領地へ足を踏み入れるのを阻止できるのです。どうか助けていただけないでしょうか?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3W2b_0010]">私は先ごろ、タンドラに住む冬狼と親しくなりました。ロード・バーンのアンデッドが、繰り返し彼らの国を襲っています。 \n もし狼たちを守る事ができれば、陛下にとっても助けとなりましょう……アンデッドが南下し、陛下の領地へ足を踏み入れるのを阻止できるのです。どうか助けていただけないでしょうか?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3W2b_0011]">私は先ごろ、タンドラに住む冬狼と親しくなりました。ロード・バーンのアンデッドが、繰り返し彼らの国を襲っています。 \n もし狼たちを守る事ができれば、陛下にとっても助けとなりましょう……アンデッドが南下し、陛下の領地へ足を踏み入れるのを阻止できるのです。どうか助けていただけないでしょうか?</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3W2b_0012]">兵を割くことはできぬ。既に10倍の兵力差があるのじゃ!</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3W2b_0013]">兵を割くことはできぬ。既に10倍の兵力差があるのじゃ!</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3W2b_0014]">兵を割くことはできぬ。既に10倍の兵力差があるのじゃ!</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3W2b_0015]">兵を割くことはできぬ。既に10倍の兵力差があるのじゃ!</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3W2b_0016]">魔法の防御線を延長することはできませんか?この城を守るために使っている魔法のことです。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3W2b_0017]">魔法の防御線を延長することはできませんか?この城を守るために使っている魔法のことです。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3W2b_0018]">魔法の防御線を延長することはできませんか?この城を守るために使っている魔法のことです。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3W2b_0019]">魔法の防御線を延長することはできませんか?この城を守るために使っている魔法のことです。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3W2b_0020]">ならば祝福を授けた石を与えるゆえ、これを狼たちに届けてたもれ。 \n アンデッドを永久に退けることはできぬが、石の存在は奴らにささやかな苦痛をもたらす。アンデッドをしばらくの間遠ざけておくには十分じゃろう。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3W2b_0021]">ならば祝福を授けた石を与えるゆえ、これを狼たちに届けてたもれ。 \n アンデッドを永久に退けることはできぬが、石の存在は奴らにささやかな苦痛をもたらす。アンデッドをしばらくの間遠ざけておくには十分じゃろう。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3W2b_0022]">ならば祝福を授けた石を与えるゆえ、これを狼たちに届けてたもれ。 \n アンデッドを永久に退けることはできぬが、石の存在は奴らにささやかな苦痛をもたらす。アンデッドをしばらくの間遠ざけておくには十分じゃろう。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3W2b_0023]">ならば祝福を授けた石を与えるゆえ、これを狼たちに届けてたもれ。 \n アンデッドを永久に退けることはできぬが、石の存在は奴らにささやかな苦痛をもたらす。アンデッドをしばらくの間遠ざけておくには十分じゃろう。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3W2b_0024]">ありがとうございます、陛下。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3W2b_0025]">ありがとうございます、陛下。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3W2b_0026]">ありがとうございます、陛下。</Text>
   <Text tag="[Conv_Q3W2b_0027]">ありがとうございます、陛下。</Text>
 
</TextLibrary>