メギド

死の呪いを放ち対象の命を奪うというザキやデスのような位置付け。
オブリリーはまだいいが、ミルリリーデルリリーが撃って来るメギドは恐怖。
紫の玉がなんとも禍々しい。
Ver.2まではアンドロイド以外全員使用可能かつ貫通であったが、GCではフォース専用でフォニュエールのみ貫通になった(装備で貫通効果をもたらすものもある)

他のRPGの昇天系魔法と同じで、確率で相手の息の根を止めるが、その確率が外れると仰け反りすらしない。
成功率は メギド本来の成功率-対象の闇耐性 という簡単なものである。
メギド本来の成功率はレベルが上がると徐々に上がっていく。(しかし、Ver.2では15が最大であり、30になっても15を超えることは無い。)
一応、EP2では敵の闇耐性が全体的に低いため使えるがTP消費が激しいのと他のテクニックで攻撃した方が安定するし、パーティでは他の人に経験地が行かない為あまり使わない。

じゃあバトルで使うんですかって言ったらバトルでも使わない。相手の不快感が強いから。
結局はネタでしか使わない。後はパン・アームズのまま倒したいときぐらいしか。


EP3では攻撃テクニックの中で唯一レジストカラーに黄色を持たない
アイテムを3個以上装備したハンターズに使えば比較的高確率で全てのアイテムを破壊することが出来る
これを一番使いこなせるのはケイシーなのだろうか。パーミッションやテクニックを使用したルーラはもっと凄まじいが安定しないだろう
ランク コスト TP レジストカラー レフトカラー 攻撃対象 属性 特殊能力
R1 5 スタップ・複 攻撃テクニック・Sキャラ専用・Sキャラ無効 即死・重装備乱撃