伝説の四刀


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ある惑星系に伝わる伝説。3人の高名な刀鍛治が国家に家族を奪われた。
その刀鍛治はたちは怒りに狂い、国家の怨念をこめて死ぬまで刀を打ちつづけた。
そして、そのまた数十年後、彼らの彼らの意志を継いだ弟子の一人が再びひと振りの刀を打ち上げた。
それから後、国家は反乱によって崩壊し、その崩壊はその惑星をも宇宙から消し去る事になった。
そして、その裏には、その四振りの刀の存在があったといわれている。
(PhantasyStarOnline EPISODE1&2設定資料集より)

その刀こそがアギトサンゲヤシャカムイである
さらに、4人の刀鍛冶はドウセツ・ジョウウン・テンガイ・キコク。
その四刀のうち3本を保有しているのがゾーク(彼の死後はシノ)である