コリン・タイレル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

移民船パイオニア2において、政治・軍事の最高責任を担う役職:総督の任を担い、総督府を統括する。
人格においては、厳格・清廉・公正で、非常に人望が厚い。

ハンターズの英雄であるレッド・リング・リコの父親。妻は既に死去。
行方不明になった一人娘リコの安否を気遣いながら、職務を離れることができずに苦悩する父親としての側面も垣間見ることができる。

本星では政府の枢機機関に所属し、フロウウェンとは旧知の仲。
元々ハンターズとしてならした経歴があるとの噂もあり、他の政府高官らと比べ、ハンターズという集団に、厚い信頼を寄せている。

ズラ疑惑をよくPCに思われる。
EDではエリュシオンを装備している。



EP1

EP2とEP3の間に失脚。
ただし、自らが大きな失策を犯したわけでもないので、失職や逮捕ではなく環境局局長に降格という処置がとられた。
様々な出来事に打ちのめされたコリンは、失意のあまり環境局の仕事を秘書のアイリーンに任せ、人前には滅多に姿を現さなくなってしまい、やがて失踪する。


EP3