オスト・ハイル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

遺伝子工学・生体光学・機械工学の権威。パイオニア1研究団の主任(ラボチーフ)。
モンタギュー博士と共に2巨頭として並び称され、オストはパイオニア1に搭乗、モンタギューは後にパイオニア2に搭乗した。
彼らの代表的な共同開発に「マグ」がある。2人が共同で遂行していたそれら一連の計画は「MOTHER計画」と称され、
その計画は後に軍部を初めとした様々な組織の介入・抗争等に発展していくこととなる……。

オスト博士はラグオルの生態系に興味を持ち、未知の生命体(D因子)を研究しながら、内密に本星コーラルにその報告を行っていた。
それは遺伝子改造等の生体実験を伴う生態遺伝子工学の研究であった。
彼はその未知の生命体の新たな進化体系に魅せられ、研究に没頭。
最近の調査では、その研究実験が、現在のラグオルに出現する異形の生命体群に影響を及ぼしてしていることが判明。

なお、オスト博士自身については、残念ながら既に死亡が確認されている。


EP2

制御塔にてデルタの開発研究に関わっていた。