カルス

オスト博士を長官とするパイオニア1ラボ内でもAI開発を担当する天才頭脳を持つ学者。
若くして病死したはずだが、同名の科学者を自称する人物が、ブルーバースト後もパイオニア2民間人とメール通信している記録がある。
ただし日本語版ゲーム内、及び設定資料集において、この若い学者の氏名が「カル・ス」であるとの証左はない。
英語設定の状態でクエスト『心のかたち』をプレイすると、クリア後にギルド前に居る赤い髪のハニュエールから、
研究者の名前が「CALUS」であるとの証言を得ることができる。

またCALS(単体)の制御塔についての述懐「ぼくの父の死んだ場所」から、カル・スが彼の死を何らかの形で知り、
さらにそれを噂としてパイオニア2内に広めた人間がいることになる。

EP1

DFの侵食を受けるが、エリのバックアップにより消滅を逃れる。


EP2

ラボのAIとして運用されている。
クエスト「心の座」において制御塔でデルタ事件に関わる。