※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

すべてのプレートに関して

  • 現在殆どのブランドプレートは白箱、クローンタイプを除いて
 姿を消しており、入手は困難。(ごく一部海外のサイトで報告あり)
 まあ、自分で探せってこった。
  • またほとんどのプレートは後述するクローンをのぞいて
 すごぶる品質が低いので注意が必要。

PSP-1000用

  • 発売から數年経過している事もあり、現在は入手困難な物が多い。
  • 尚、メタリックタイプのシェルは比較的多く流通している

ASTERIX(フェイスプレートのみの販売も有)

  • 最も有名な交換用フェイスプレート
  • 品質は高いが値段も5000円以上と高い
  • ラインナップが豊富でマット(艶消し)カラーもある
  • スクリーンが補修パーツとして販売されている
  • ボタンは要加工
  • 現在は生産終了しているため入手は非常に困難

XCM(通称アフロ)

  • 2000円~と安いが品質もそれなり
  • パイロットランプ部のクリアパーツが付いている
  • 方向キーは要加工

MERCURY(フェイスプレートのみの販売も有)

  • PSマークなど各種ロゴがプリントされている
  • eBayで2~3000円で入手できるがロゴの所為か日本への発送を拒否している出品者が多い
  • スクリーン部の段差は無くフラットになっている
  • ボタンの操作性は比較的良好だが個体差が大きい(バリ取りは必須)
  • ボタンセットにアナログスティックは含まれていない
  • バックプレートのバッテリーカバーの上のSO○Yの刻印は無い。また、UMD蓋の
 UMDの印刷もされていない。
  • 塗装が剥がれやすく、退色もしやすい。

EVOLVE

  • 評価は社外フェイスプレートの中で最も低い
  • ボタンは付属しているが文字やマークはプリントされておらず無地になっている
  • バリエーションに植毛タイプもあるのが特徴

CAMY(通称YAKUZA)

  • 純正同様に表面にクリアコート層がある
  • スクリーンの透明度は若干低い(磨いても駄目なので材質自体の問題らしい)
  • ボタンは付属しているが○△□×ボタンが無地になっている
  • パイロットランプ部のクリアパーツも付いている
  • セットの中にドライバーとビスも付属している
  • 秋葉原のショップで購入できる場合がある

番外編(純正品)

  • eBayやDivineo等で約3500円で購入可能(MPO限定版仕様の迷彩もあったが現在絶版)
  • 当然だがパイロットランプ部のクリアパーツや遮光パーツも付いている

PSP-2000&PSP-3000用

前述のXCM以外に下記のメーカー不明の物が数種類確認されている。

白箱(いわゆる無名の中華品質)

  • 真っ白な箱にはのぞき窓と意味不明の中国語が殴り書きされている
  • 現在流通している交換用シェルのほとんどがこれである
  • 値段は1500円~3000前後
  • 欠点は必ずと言ってもいいほどトップリムが浮く事だが、ダボをカットする事で多少軽減出来る。
  • LRボタンも引っかかりやすいので、ヤスリで整形するか、純正を流用してやればOK。
  • 前述の点を除けば比較的高品質で価格もリーズナブル。

クローン

  • ボタン表面ににクリア層があり、ロット記号が刻印されている等、純正品に酷似している。
  • その品質もクローンの名に違わず高いのでほぼ無加工で換装出来る。
  • スケルトン仕様もあり、こちらは表面が半艶消し仕上げになっていて、ボタン は各種マークがタンポ印刷ではなく刻印で表現されている。
  • ボタン類は全て付属し、精度も良いが十字キーと○×△□ボタンの押し心地が余り良くない。
  • ビスも付属するが品質が良くない為純正を使った方が無難。
  • 本体に貼ってあるシリアルの記載されたシールと封印シールのコピー品も付属する。
  • MSスロット部分のシリコンレールは付属しない。

クローン(パーフェクトクオリティタイプ?)

クローンと違いは殆ど無いと考えられるが画像上は下記の点で異なる。
  • ボタン表面にクリア層が有るが、クリア層の仕上がりがより純正に近い。
  • 茶色の箱に入っている。
  • クローンとは違いMSスロット部分のシリコンレールも付属する。
  • 純正色(一部)しか存在しない。

PSPGO

ようやく出てきた交換用シェル。
報告がまだ少ないので詳細は不明だが、白箱と同等品質の模様
またGOはアナログスティクが取り外し不可能なので付属していない模様。