※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エスパータイプの歩んだ道です。

第一世代(赤 緑 青 ピカチュウ)

無効化されるタイプが無く、半減も同タイプのエスパーのみ。
弱点である虫・ゴーストタイプの技も少なく、
この時代はゴーストタイプの技が無効。(恐らく設定ミス)
文句無しに最強と呼べる時代。

第二世代(金 銀 クリスタル)

半減に鋼タイプ、無効に悪タイプが登場し悪タイプは弱点にも追加された。
またゴーストタイプが弱点に修正され、結果弱点は3つに。
システムの変更で特殊が攻撃と防御に分かれた。
それらを差し引いてもまだトップクラスの使いやすさを誇っていた時代。

第三世代(ルビー サファイヤ エメラルド)

ラティアス ラティオスといった強力な伝説ポケモンに加えて
チャーレムやメタグロスなど攻撃力の高いエスパータイプ
特性の登場により活躍の場が広がったソーナンスなど
全体的に使いやすさがあがった時代。

第四世代前期(ダイヤモンド パール)

不意打ちなど先制技の充実に加え、
虫タイプ・悪タイプ・ゴーストタイプに強力なポケモンが登場。
また攻撃技も物理依存と特殊依存に分けられ、
炎のパンチなどは打撃技になる。(特殊攻撃の高さが活かせない)
しかし、気合のタスキなどの新しい道具、
特殊攻撃依存のシャドーボールや気合球
更に弱点の少ないドータクン 打撃エスパーとして優秀なエルレイド
ユクシー エムリット アグノムといった伝説のエスパーの登場や
メタグロスにバレットパンチが追加されるといった強化もされている。
有利な相手と不利な相手がはっきりと分かれてきた時代。

第四世代後期(プラチナ)

教え技に不意打ち、ハッサムにバレットパンチが追加されるなど
他のタイプの強化が多い中、エスパータイプには
虫タイプのシグナルビームやトリックの技が教え技になるなど
今一つ強化がされていない。
特に不意打ちが教え技になったことは脅威で
これにより先制技を持たないエスパーポケモンには
非常に厳しい状況となった。
これから強化されることを切に願う。
それでもエスパータイプを使い続けるのであれば
今まで以上に高度な戦術と深い愛情が要求される時代。

第五世代前期(ブラック ホワイト)

第五世代より技マシンの使用回数が無制限に。
特殊攻撃の数値で打撃ダメージを与える「サイコショック」という
エスパータイプには嬉しい技の追加が大きい。
しかしサイコキネシスと両立させるのは難しく
覚えさせるポケモンには気を付けたい。
新たに加入したエスパータイプは特性が「マジックガード」の
ランクルス、シンボラーなど。
さらに隠れ特性という新たな能力の追加でさらに戦略が広がりそう。
ただし、相対的に他のタイプも強化されているので対策はしっかりと。

第五世代後期(ブラック2 ホワイト2)

イッシュ地方のポケモンの隠れ特性が解禁され更に戦略に幅が広がった。
一部の教え技も復活し、隠れ特性と教え技の両立も可能になった。
エスパータイプでは、特性「影踏み」のゴチミルがキャンペーン参加限定で解禁された。
ハイリンクの森でしか会えないために厳選難易度は非常に高いが
覚えている技も優秀なため戦力になることは間違いない。
ただし♂限定であるために孵化して増やすことはできないので注意。
その他、単純コロモリや再生力ダブランにアナライズリグレーが登場し
テクニカルなバトルが楽しめるようになった。

第六世代(X Y)

新タイプ「フェアリー」や戦闘中のみの「メガシンカ」が追加され新たな時代の幕開けとなった世代。
今作で追加されたエスパーはマフォクシー、ニャオニクス、カラマネロの3種類。
数こそ少ないものの、それぞれが今までにない斬新なエスパーである。
その他、サーナイトやバリヤードにフェアリーが追加され強力なドラゴンに対し有利になった。
ドラゴンの弱点が増えたということはラティアス、ラティオスも注意しなければいけないところではあるが…
またサーナイトやフーディンなどは「メガシンカ」することで能力も大幅に上昇する。(特性も一部変わる)
一方、鋼タイプの耐性から悪やゴーストが除かれメタグロスやドータクンは弱点が増えてしまった。
バトルの時は新たなタイプ相性にも気をつけたい。