※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

これはPVmakerをもしGUNZの話に入れるならというお話です。
暇だったので追加してみました(笑)どうぞ最後までみてください

これは西暦2XXX年、共和国と帝国戦争終結から100年
また新たなる戦争が起きてしまった。国王は変わったものの
戦争の風景は変わることがなかった。人々は皆自分の国の為
そして自分が生きる為に、相手を殺していった…。そして
少しでも勢力を減らす為、女子供まで殺していった。

しかしこの戦争を二度と起こさない為にこの戦争の様子を
ビデオに残そうと思った。その人の名前は

ダムス


共和国にも帝国にもつかなかった人だ。しかし、
生身の人間が一人撮ろうとしてもただ殺されてしまう
そして強い人間を集めなければ途中で終わってしまう!
そう思ったダムスはこのビデオを撮るグループとして

PVmaker


を作った。しかし、共和国と帝国に属さない強者を探すのは
大変だった。いつもいつも大衆酒場に向かい、声をかけつづけた
しかし、なかなか見つからず、ついには共和国の方から怪しいという
ことで半年間牢屋に入れられ続けた。しかし
出た後で志願者が集まってきた。
そしてダムス率いる「PVmaker」が戦争に出陣した。
仲間達は一人として死なず、戦争の一部始終を
撮り続けた。そして1本のビデオが完成した・・・。


これから10年後、戦争は終結した。しかし、この二度目の戦争
は互いの国に大打撃を与えた。一度目の戦争より賞金稼ぎ
達が増え、今度は盗賊団「エターナルブルー」がでてきてしまった。
その戦争終結1年後、ダムスは死んでしまった。しかしこのPV
は今でも代々「PVmaker」のマスターに受け継がれている・・・。

最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。
少しでもGUNZの世界を楽しんでいただけたらと
思いますm(_ _*)m