※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

国家資格

国家資格とは、法律に基づいて国が実施する試験等により、
個人の知識や技能が一定の段階以上に達していることを行政が確認し、

その結果として行政のその権限に基づいて一定の行為を行うこと
を許可するものである。

このうち一部の国家資格は行政法学上の「許可」に該当し、
一般人には禁止されている行為を特に行うことが許されるものがある。

これらの資格は、業務独占資格と呼ばれる(医師、弁護士など)。
資格の付与についての法律上の用語は一定しておらず、「免許」「許可」等
の用語が使用されるが、行政法学上は「許可」「公証」等に該当する。

なお実際の試験事務は、法に基づきその権限を
委託された地方公共団体や民間団体等が所管することもある。