ダメルの歴史書


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第1巻はアリアン遺跡地B1のの球体模様の建物を探索してみるとある
第2巻はアルパス地下監獄B1のミイラが隠している
第3巻はアルパス地下監獄B2のリプリートマーキの骨の中に封印されている
第4巻はアルパス地下監獄B2ジャイアントの身体の中に封印されている
第5巻は廃鉱B7にあるブラックメイジが持っている


第1巻

『300年余り前、RED STONEを手に入れようとしていた追放天使たちは、悪魔たちの包囲網を破り、当時栄えていた都市ダメルに寄り集まった。しかし、悪魔たちの罠に落ち、ダメルは廃墟に変わって、地上に降りてきたほとんどの天使たちは、能力と記憶を失ってしまった。』
『今、四方に広がっている追放天使たちが、以前の能力を取り戻せず人間ほどの能力にとどまっているのは、この時の後遺症のためである。またブルン王国に匹敵する国力を持っていた大都市ダメルも、悪魔たちの策略のせいで廃墟に変わってしまった。』

第2巻

『追放天使たちの悲劇の一部始終を知る手がかりを握っているのは、ゲールという天使だった。ゲールも反逆に加わった上級天使の中の1人だったが、無残にも皆殺しにされる仲間の天使たちの姿を見て心が変わったのだ。しかし、自首する勇気は無かったので、他の追放天使たちが赤い悪魔の姿に変えて脱出するのを見ても、ただ呆然とするだけだった。』
『事態が収まった後、一人残されたゲールは、偶然一人だけ生き残っていた事に対して追及を受けるようになった。幸いにもゲールには‘命の天使’と言う通り名があった為、死なずに生き残ったと解明されたが、RED STONEを死守する事が出来なかった責任は重く、ゲールは下界へと追放されてしまった。』

第3巻

『その他にゼリオ、サミオ、ゲリオ、タムイ、パチラギ、リムディ、ザイル、ペイル、バイルなどが、一番中心的な役割を担った反逆天使たちである。この他にも3,000人余りの天使が密かにこの反逆へ参加した。これらは作戦の成功以後、皆赤い悪魔の仮面をかぶって地上へと身を隠してしまった。』
『この追放天使たちは、自らの肉体を捨てて魂だけを赤い悪魔の体の中に移した為、天上界では皆、存在自体が消滅したと思われていた。後日、魂だけが消滅したような天使たちのしがいに対して、疑問を申し立てる調査委員たちもいたが、悪魔と激しい戦闘を交えた後だった為に、大きな問題になる事はなかった。その結果、追放天使たちと悪魔たちが手を取り合って犯したRED STONE奪取事件は迷宮入りになってしまった。』

第4巻

『追放された副指揮官、天使ロシペルは天上界に反逆陰謀をたくらんでいた者だった。残り二人の上級天使であるアズラエルも、赤い悪魔の肉体に移り変わりRED STONEを奪取するたくらみに加わった。彼らは赤い悪魔の姿で、RED STONEのかけらを持っている悪魔たちの中で、一番中心的存在の悪魔である。』

第5巻

『300年余り前、RED STONEを手に入れようとしていた追放天使たちは、悪魔たちの包囲網を破り、当時栄えていた都市ダメルに寄り集まった。しかし、悪魔たちの罠に落ち、ダメルは廃墟に変わって、地上に降りてきたほとんどの天使たちは、能力と記憶を失ってしまった。今、四方に広がっている追放天使たちが、以前の能力を取り戻せず人間ほどの能力にとどまっているのは、この時の後遺症のためである。またブルン王国に匹敵する国力を持っていた大都市ダメルも、悪魔たちの策略のせいで廃墟に変わってしまった。』
『悪魔たちが天使たちを追い出すのには成功したが、それによって失った事もあった。力強いエネルギー波動を起こすため、悪魔たちは持っていたRED STONEの力を使ったのだ。力強いエネルギーを放出した火の神獣の卵たちは、一つが数十個の欠片に割れた。二度と修復できないと思われるほどひどい損傷をおった。もちろん、中には破損を免れたものもあったが、数百個の卵の大部分は小さな欠片となって、現在の地上の技術では到底修復不可能な状態に変わってしまった。』
『その為、悪魔たちの間でも争いが起きた。数万個のRED STONEの欠片を巡って悪魔たちの間で紛争がおきたのだ。小さな悪魔たちは、各々小さな欠片たちを奪ってどこかに消え、その悪魔たちを捕まえる為にまた他の悪魔たちの間で紛争が起きて・・・。これによって、ただでさえ廃墟だったダメル周辺は焦土と化して砂漠に変わってしまった。RED STONEの欠片は悪魔たちが持ったまま各地へ広がって行った。そうして、小さな欠片を持った悪魔たちは各々の力を蓄え始めた。』