宝石の種類と歴史


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鑑定士ティレンの家系に代々伝えられている本。
宝石鑑定法や歴史が書かれてある。
宝石研究資料とも言える物で、かなり厚い本だ。
だが、かなり古い本であるため古き文字を勉強した人でないと読めない。
古代語を習っていると読めるらしい。





宝石の種類と歴史


『RED STONEは一般の鉱物質とは誕生から違う。不死の霊薬、または富貴栄華をもたらす富と権力の源で、天から落ちたと言うこの赤色の石を実際に見たものはあまりいない。しかし、莫大な宝石だと知られたこの宝石の伝説を追って、どれほど多くの冒険家たちと騎士、巡礼者、ウィザードたちがその命と財産、知識をささげたものか』
『RED STONEの探索が最も活発に進められている場所は、フランデル大陸の極東地域だ』
『‘赤き空の日’以降、約100年もの時間が流れると、人々はだんだんとRED STONEのことを忘れていったが、突如、RED STONEに関する奇妙な噂が登場した。ある者たちは一部の好事家たちが作り上げたと言ったし、ある者たちは大富豪が失われた大きなルビーを探すために広めた噂だという話もした。とにかく私達、人間たちには計りしれない価値の唯一の宝石であることには間違いない』