剣士/戦士


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

公式サイトより


剣を使うこと。
それは古からもっとも名誉なる決闘方式の一つとして受け入れられてきた。
フランデルの極東地方で剣をメイン武器として使う剣士たちは、
主にブルンネンシュティグの辺りで剣術を身につけていた。
ブルンネンシュティグは昔から名誉を重んずる剣士たちが王家に仕え、
忠誠を誓えていた所なので、騎士道で満ち溢れる所としても広く知られている。

普通、剣を使う戦士は片手剣と盾を持って戦うか、盾を捨て、両手で大剣を持って戦うか、
どちらか一つのスタイルを選択することになる。
昔からブルンネンシュティグの剣士たちは盾を持つスタイルを好み、
彼らは剣士から騎士、聖騎士へと成長を遂げていった。
それとは反対に、ブルンネンシュティグの辺境ともいえるアウグスター半島辺りの剣士たちは
主に両手剣を愛用することが知られていて、彼らは戦士、剣闘士、勇者へとの成長を遂げて行く。

勿論、熟練したの剣士、または戦士は 「両手剣」と「片手剣と盾」を並行して扱うこともある。
こんな戦闘スタイルを持つ剣士、戦士の数は少ない。
だが防御を重視する時と、攻撃を重視する時にともにスムーズに対処できて、
特化された任務で重要な役割を成し遂げることができる。

彼ら剣士、戦士たちは「RED STONE」の探索にはあまり興味をもっていないらしい。
彼らの興味は「RED STONE」と一緒にこの世に現れた怪物と悪魔、
特に「赤い悪魔」と知らされている悪魔の退治に傾いているようだ。
一説によれば赤い悪魔がRED STONEを持っているとの噂で 彼らがあんな行動を取るという説もあるが、
彼ら剣士、戦士が悪を滅ぼし、
正義と善を守るためにどんなことがあろうとも退かない正義の騎士だということは
否定に余地のない、確かな事実である。