※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オーストラリアでのピア・サポート・プログラム

任務
若者そして彼らの地域の方々の身体的、社会的、また精神的の健康を促進すること。

二人の上級生と8人から10人の新入生のグルップを作る

効果的なプログラムから結果として生ずるものは

肯定的な信頼関係をつくること
スキルを発育させること
心の健康を向上させること
個人的な責任をとること
積極的に生涯学習に取り組むこと。
鍵となる概念を発育させること
参加(積極的さ)を助長させる

首尾よく実行されたプログラムで発育できるスキルは
  • 自己主張
  • 信頼関係の育成
  • コミュニケーション
  • 問題解決
  • (元気の)回復力
  • 価値観の再確認
  • 感情移入
  • 批判的思考
  • 個人間関係
  • ストレスを監視する
  • 計画
  • 決断力
  • 断る
  • 紛争解決
  • うまく対処する
  • 交渉する

このプログラムを通して小学校から中学校への移行がよりなめらかなになると考えられる。
生徒同士の協力し合うまた支えあう姿勢の育成や学校に対しての固定的な態度を向上させる。
適応性のあるプログラムなので現存しているオリエンテーション・プログラムに合併させやすい。

1.チャレンジー精神をやしなう。
発育するスキル
楽観主義
感情移入
肯定的な自己・声かけ
忍耐力
(元気の)回復の力

2.道徳的な精神をやしなう。
尊重、責任、多様性、包含(ほうがん)
個人の信念はどのように個人の行動に影響を与えるか

3.いじめ問題に立ち向かう。
いじめ問題解決に向けて
  • 決断力
  • 問題解決
  • 感情移入
  • 自己主張
  • 人間関係作り
  • 紛争解決
添付ファイル