※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

私たちが、以上の章で述べた現状・背景そして問題意識をふまえると、現在の日系ブラジル人子女が学習言語としての日本語教育を学びやすい環境であるとは決して言えないであろう。来日時の年齢や外国人児童・生徒たちの能力の個人差にもよるが、日常生活のなかで生活言語としての日本語は公立学校在籍半年程度で習得できるという。しかし、読み書きなどの高校進学に大きく関係してくる、学習言語としての日本語の習得には膨大な時間と労力を要するのであることを考慮すると、現在もなお外国人児童・生徒を取り巻く状況は大変厳しいものである。また、現状のシステムでは公立学校の教員では手に負えない状況が多く、加配教員などの取り組みも各地方自治体によって異なっており、単年度制で非効率的な状況である。このような状況をふまえ、公立学校に通う外国人の子どもたちに日本語教育を効果的に行い、進学率向上などを目指していく方法を政策としたい。具体的な政策案として、次の2点を提案する。


①センター校設置による、在日ブラジル人教育の“半”集中化
②センター校に対し、日本語指導教員派遣制度の導入


①センター校設置による、在日ブラジル人教育の“半”集中化
センター校とは、複数間の学校の中でピックアップされた、外国人児童・生徒へ支援を重点的に行う公立学校のことを指す(太田市の事例で挙げた、ブロック別集中校と内容的にはほぼ同じ)。そこに、ブラジル人児童・生徒の教育を行う拠点を作り上げるという提案である。センター校を設置する対象として、外交人集住都市会議に参加している自治体(100人程度~)を想定する。次に実施する機関は、各市町村などの地方自治体が主体となって行っていく。 その実際の構想は、センター校を設け、週3日を目安として、授業時間(例えば、特に学習言語の日本語の理解が必要であると考えられる国語・社会・理科など)に、センター校へ移動し、重点的な学習言語としての日本語教育の習得を目指すろいうものである。
この政策を行うメリットを、自治体側と、外国人児童・生徒側の両面から説明する。まず自治体におけるメリットは、従来の公立学校には、日系ブラジル人が点在していた。そのために、そのすべての学校に補習クラスを設置すると膨大な費用がかかる。その上、日本語の指導教員も点在しているために、教育の質にも各学校や地域間でのバラつきがみられていた。しかし、今回の提言のセンター校を設けることにより、日本語教育を専門とする教員の人材や予算を集中させることとなり、コストの削減が期待される。次に、ブラジル人児童・生徒のメリットは、ブラジル人への日本語指導の専門と化した学校から教育を受けられるため、通常の公立学校での教育よりもはるかに良い教育を受けることが出来るというものである。学業についていけず、ドロップアウトしてしまう児童・生徒を減らす効果があると考えられる。
しかし、センター校に日系ブラジル人を集中させてしまうと、日本人との分離を促すことになる。これは多文化共生社会にはそぐわないと考えられるため、日本語教育を必要とする外国人児童・生徒は、センター校には通うが、通常の公立学校にも、つまり両方の学校に通うことが望まる。“半”集中化と記したのはこのためである。この政策提言のセンター校のシステムは、 公立学校とセンター校が共に連携して学習言語としての日本語を習得を目指すものであり、日系ブラジル人が社会的に隔離されず、かつ学習言語を習得できる方法である。

②センター校に対し、日本語指導教員派遣制度の導入
センター校で日本語教育の教授する教員としては、主に日本語教育を専門とするものが望ましいと考える。そこで、日本語指導教員(日本語学校の教員など)を派遣する制度の導入を提案する。現在、太田市のセンター校などでは、外国人児童・生徒の教育支援として、バイリンガル教員採用などを積極的に行っている。しかし、わざわざその流れに乗らずに日本語指導教員派遣を提案する理由は、外国人指導における日本語教育の専門性が不足していると考えられるためである。
バイリンガル教員とは、日本またはブラジルの教員免許を有しており、かつ日本語とポルトガル語の2カ国語を話すことの出来る教員である。しかし、バイリンガル教員という資格には、外国人児童生徒に対する日本語教育の経験や専門性は要求されていない。確かに、年少者に対する教育をするためには二言語を使用できる人材は必要である。しかし、それ以前に、外国人児童・生徒への日本語教育に専門的に携わっていける教員がそもそも必要である。
とはいえ、バイリンガル教員の採用条件の中に、日本語指導経験や専門性を問うことになると、バイリンガル教員数は現在よりさらに減り、労力も増大すると考えられる。そこで、私たちは「ポルトガル語ができ、かつ外国人指導に長けた教員」を募集・育成するよりも、「(バイリンガルではなくても)外国人指導に長けた日本語学校の教員と、他にポルトガル語の出来る人材」を探すほうが簡易であり実現可能性が高いと考える。そうなると、日本語指導教員に加え、子どもたちと日本語指導教員の間の通訳が必要となるため、通訳の獲得も政策に付随するものとして提案する。

【付加的な提言】
最後に、私たちはブラジル人児童・生徒の学習言語獲得を最終目標としているわけではない。それを踏み台とした進学率の向上・さらには日本人との共生を目指していくものであるため、これらの教育機会対策だけでは不十分である。日系ブラジル人児童・生徒へのメンタルサポートや、進学相談が必要になる。そこで、すでに学校を卒業し、高校に進学している日系ブラジル人の生徒に、センター校でのメンタル・サポート、進路相談に協力してもらうという内容のピア・リーダー・プログラムを提案する。日系外国人のメンタル・サポートや進路相談などは、一般の日本人と同じことを施すわけにはいかない。そこで、同じ立場の日系ブラジル人の先輩に会い、話をする機会を提供することで、これを克服したい。このプログラムは、大学における初年時教育を応用したものである。例えば、岩手大学ではピア・サポーター、国際基督教大学ではピア・サポート・プログラムという名称で実施されている。いずれも新入生に対し、大学に適応させるための初期支援を行うというものである。「ピア(仲間)がリーダーとなり、児童生徒を支援していくプログラム」という意味であるが、ここで、大学の初年時教育を中等教育段階まで引き下げてよいのか、言い換えれば、高校生にメンタル・サポートや進路相談は荷が重過ぎるのでは、という反発も出そうである。しかし、彼らはただ単に交流するだけでもよいと考えられる。先輩が高校に進学する姿を見て、日系ブラジル人児童・生徒が高校に行くということに対しての動機付けとなりえる。そういったことから、結果として進学率の向上が見込めるという希望も込めたプログラムである。

以上挙げた2つの政策案を、実際の都市に当てはめ、地理性・地域の特性なども踏まえて検証してみることで、この政策の実現可能性を高めていきたい。今回は、外国人集住都市会議に参加している都市の中から、豊橋市をモデルとして選ぶ。
(以下ずらずら。地図とかスクールバスとか??)



以上が提言の内容であるが、今回、私たちが行う政策提言の短期的目標・中期的目標・長期的目標を述べていく。
まず、短期的な目標として、より多くの日本語を必要とする外国人児童・生徒が学習言語としての日本語を習得することを目的とする。その際に、外国人児童・生徒そしてかれらの親にも学習言語としての日本語教育の重要性などを理解してもらう。そして、センター校と公立学校の連携を強化し、分離教育としての教育を進めていくのではなく、より多くの日本人の児童・生徒または教員、そして外国人児童・生徒の異文化間理解が深める機会を提供する。
次に、中期的な目標として挙げられるのが、高校進学率の向上である。学習言語としての日本語をより多くの外国人児童・生徒に習得していくことにより、学習に対する意欲の向上につながり、教育の機会、ここではとくに高校進学率の向上などの教育の機会を増やすことを目標にする。また、日本語教育を専門とする日本語学校の教員が先導して、より多くの日本語教員を養成していくことが目指される。
最後に、長期的な目標としてより多くの外国人児童・生徒がより多くの教育機会を得ることにより、多種多様な職業選択の機会につながっていくのではないかと考える。様々な職業に従事し、この日本社会で私たちと共に協力し、時には競争しながら生活を行なっていく。また、日本語教育を専門とする教員やコーディネーターが、現場に培った経験をさらいいかして日本語教育の教授法の発展につなげていくことが望まれる。そすて、外国人児童・生徒の様々な実態調査・年少者の日本語教育や異文化間教育理解教育の継続的な研究を行なう中心的機関となることを目標とする。