※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

本章では、日系ブラジル人に教育支援の対象を絞った理由を説明していきたい。日系ブラジル人に絞った理由は、現状分析でも示したとおり、日系ブラジル人移民は定住化する流れがあり、その実質数は韓国朝鮮・中国に次いで3番目に多いということである。韓国朝鮮・中国人を取り上げないのは、ブラジル人と彼らでは、ニューカマーとオールドカマーという線引きが存在するからである。ニューカマーとは、第二次世界大戦以後に、主に経済的な理由で日本に移住してきた者のことであり、ブラジル人のほとんどはこのニューカマーに分類される。反対にオールドカマーは、それ以前に日本に渡った外国人であり、大部分は日本へ強制連行された朝鮮人のことを指す。両者では、移民となった目的も経緯も異なっている。今日の移民を考えた場合、日本に渡る理由は経済的なものであり、その中心となるのはブラジル人であると予想される。同時に、現在の日系ブラジル人教育を見直してみると、その支援は十分であるとは決していえない現状がある。つまり、将来の日本社会を想定すると、現在の日系ブラジル人の教育支援をしっかり確立していかなければ、この問題はますます肥大化・深刻化していくであろうということが考えられる。確かにブラジルの経済力は現在めまぐるしい発展をしている点から、ブラジルからの移民が増加していくとは言い切れないが、ブラジル人を対象とした結果、「ニューカマー移民」を対象とした教育政策の先行事例を作ることが出来れば、その意義は大きいものとなるはずである。
 第1節では日本は学歴社会であるという点からブラジル人支援が必要であるということを説明し、第2節ではそれを基として日本語教育の必要性に言及していきたい。