※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

阿部清司著『大学と日本の国際化』
  • 企業の国際化:企業が海外進出したり、海外から資本や人材を受け入れたりすることである。国際化は必ずしも世界全体を対象にしていない。例えば日本のある中小企業が中国に向上を立てて操業することは国際化にはなるが、グローバル化ではない。
  • 企業活動のグローバル化:企業が国籍にとらわれずに、地球上の最も公立の良い場所で生産や研究開発などの活動を行うことなどである。そういう多国籍企業の原料や部品の調達先は世界中に広がる。グローバル化した企業は地球全体をにらんで経営を行う。
国際化には「国境を越えて」という意味があるが、国境をないかのごとく扱うのがグローバル化である。
  • 大学の国際化:海外の大学と交流を深めたり広めたりすること。具体的には教員や学生の派遣や受けいれ、共同研究などを国境を越えて盛んにすること。
日本人の国際化:海外で活躍し外国人と対等に交渉できる日本人を増やすことや、異文化を温かく受け入れることを意味する。
  • グローバリズム:人類の生存に関わる死活問題のみならず、すべての人間がより人間らしく生きるための人類の福祉に関わる諸問題をグローバル・イシューズと認識し、開発、人権、環境、平和という価値を包括的に全地球規模で実現することを主張する。グローバリズムは国歌の持つ問題解決能力の低下を認識させる点に意義があるが、グローバリズムの主張する地球共同体や世界システムは、現在までのところ有効な統治能力を持っているとはいえない。注目すべき点は地球規模の問題はここには極めてローカルな問題として表れており、そこから地方と期中全体を結び付ける視野が生まれてきている。
  • グローバリシティ:グローバリゼーションの結果として生まれた常態を指す新語。グローバリティとローカリティとの合成としてグローカリティという新造語もある。これは、「グローバルな視点を持ったローカルな活動」に積極的ないいを認める見方を表し、「グローバルに考え、ローカルに行動する」という環境保護活動の理念でもある。
  • 内なる国際化:よそ者をよそ者として扱わずに日本国内で異なった文化を温かく受け入れることを指す。日本は非常に弱い。
  • 下からの国際化:一人一人の心が広がることをさす。心の開放であり、自分と異なる人を受け入れること、アジア人もアフリカ人も欧米人も等しく受け入れる事を指す。
  • 上からの国際化:指導層が開放性を組織的に推進することである。

デヴィッド・ヘルド著『グローバル化とは何か』
グローバル化の理解の例
  • ウィル ハットン『来たるべき状況』
   →グローバル化とは経済と文化の均質化を特徴とする
  • ジェフ ムルガン『連結の時代』
   →連結性の強化を重視
  • ジョン ワイズマン『オーストラリアとグローバル化の政治』
   →グローバル化とは無規制の資本主義とほぼ同義
  • アンソニー ギデンス『暴走する世界』
   →グローバル化とはアメリカのグローバル力である。

  • グローバル化は多次元的過程であり、複雑で縦走的な地理状況と結びついている。こうした新しい地理状況を図ることは困難で、単純な量的測定だけでは適切なものとはなりえない。例えば、トランスナショナル企業の数、こうした企業のグローバル始業における占有率、移民人口ないし、環境被害地といった規模はフローの一部や相互連関の規模と郷土を知る重要な手がかりとなりうるが、文化の転移や社会的不平等の程度を測ることはそれほど容易な事ではない。

国境を越えたフローの激化を特徴とするグローバリゼーション。
音楽、テレビなど、すべての領域で実質的な成長が見られる。
情報とコミュニケーション技術の普及と発展がこの成長の重要な構成要素であり、その多くは、コミュニケーションのためのハードウェアの個人所有が著しく増えたことに依拠している。
グローバル化の全般と同様にこの増加も均等な過程をたどっているわけではなく、世界で格差がある。
→諸国間の文化の流れは急速で大規模化しているが、地域や国後とで著しい格差が見られる。

グローバル文化の広まりは国民文化の消滅を意味する
 →「これを歓迎すべき」派
    「地球村」はインターネットによって、オープンなアクセスや多数と多数のグローバルなコミュニケーションが成立する中で、公共圏が再活性化し、コミュニティが復活する可能性有り。
 →「悲観的」派
    グローバル化とは平準化でも斉一化でもなく、国民間の不平等の再生産と拡大。グローバル化は企業、経済と密接に連結。他領域に及ぶ企業グループを形成。
 一方、ナショナルなメディアには強い持続性があ、ローカルとナショナルな文化の生産と消費には根強いものがあると指摘している人もいる。
 また、グローバルな文化の流れの中で、重要な変化が起こっていると認識しているが、その成り行きは、伝統論者やグローバル論者が考えているよりも、もっと複雑で一元的な物ではないとみなす人もいる。