※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

同志社大学 山田研究室
本望様
(このメールは、各論文班長様にお送りさせて頂いております。)

ISFJ運営委員、ゼミ渉外部です。

 我々ISFJでは、政策提言論文の執筆を通じた1年間の活動の集大成として、政
策フォーラムを企画しております。
 今回はそのお知らせをさせて頂きたく、ご連絡いたしました。
******************************
日時:12月20日(土)、21日(日) 両日とも9時受付開始
場所:12月20日(土) 慶應義塾大学 三田キャンパス
21日(日) 明治大学 駿河台キャンパス
目的:これまで執筆してきた政策提言論文をもとに、実際の政策担当者をお呼び
してプレゼンテーションを行っていただきます。ISFJの活動理念である「学生の
望む日本社会の実現」のために、政策担当者、そして社会一般に対して学生視点
から生み出された政策を伝達していただくことを目的としております。
内容:1日目 開会式、パネルディスカッション、分科会での発表
パネルディスカッションでは、「学生が政策提言を行う意義」をテーマに、教授
をお呼びして議論していただきます。
また、同分野の論文テーマを設定している各研究会の論文班同士で構成された分
科会で、論文に基づく政策提言のプレゼンテーションをしていただきます。

2日目 分科会での発表、講演会、表彰式
分科会の内容は1日目と同様です。
講演会では、「民からの政策提言」をテーマに、社会を構成する一般が問題意識
を持ち、解決策を提示することにいかなる可能性が秘められているかをご講演い
ただく予定です。
その後、最優秀論文賞・優秀論文賞・政策提言賞の発表、表彰を行い、最優秀論
文賞・政策提言賞受賞班にはフォーラム参加者全員に対してプレゼンテーション
を行っていただきます。

※分科会での発表は、1日目・2日目に分けて行います。
いずれの日に発表していただくかは追ってご連絡差し上げます。

発表:パワーポイントを用いて、論文のテーマに関して現状整理・問題意識、分
析方法、政策提言について30分程度のプレゼンテーションを行って頂く予定です

持ち物:パワーポイントのデータ
    レジュメ(使用は任意です。使用される方は、ゲストの方及び同分科会
の参加者分をご用意ください。必要部数は追って連絡いたします。)
    筆記用具
******************************
 我々ISFJ2008では上記のような内容で政策フォーラムを開催いたします。なお
、政策フォーラムは原則参加とさせて頂きますが、最終論文の提出を確認できな
い場合は参加をお断りさせて頂きますので、ご注意ください。

 参加の確認と致しまして、以下のフォーマットにご記入の上、10月18(土)
23時59分までにis_w_teishutsu_2008@yahoo.co.jpまでご返信頂けますようお願い
致します。
 また、2日目に開催いたします講演会は、原則全員参加とさせていただきます
。フォーマットの最後の欄に講演会の参加人数をご記入下さい。

 また、万が一欠席される場合は、10月18日(土)23時59分までにis_w_teishutsu_2008@yahoo.co.jp
まで欠席の旨をご返信頂けますようお願い致します。
 詳細につきましては決定次第ご連絡させていただきますのでよろしくお願
い致します。
以下フォーマットです。

大学名:
研究室名:
論文のテーマ:
出席者:(出席者全員の名前をお書きください)
 1名前
 2名前
 3名前
2日目の講演会に出席される人数:( )人
___________________________________

皆様のご参加をお待ちしております。
長文乱文失礼致しました。




―――――――――――――――――――――――――――
    ◆ISFJ日本政策学生会議(関西支部)◆
    お問合せ:isfj_west2008@yahoo.co.jp
  ※メールアドレスの変更、質問などお気軽にどうぞ
―――――――――――――――――――――――――――