※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ただいま留学中!イギリス編


■2005年度奨学生(1学年度)南 ひろ子
留学先:カーディフ大学
専攻:ジャーナリズム


a 留学準備

大学への出願はロータリーから合格通知をいただいてから始めました。出願書類の志望大学の記入欄にはジャーナリズムプログラムで最強の大学を挙げておきました(奨学金がいただけるとは思ってもいなかったため)。2005年1月に RI から University of Missouri, Columbia で指定がきましたが、すでに出願が締め切られていたため(アメリカの大学は締め切りが早い!)、Cardiff University に変更していただきました。ちなみに、イギリスの大学には願書の締め切りがありません。

Cardiff University への出願でちょっとしたトラブルを経験しました。郵送した願書が宛先不明で送り返されてきたのです。慌てて大学の Resigtryに電話で問い合わせたところ、「最近、オフィスが引っ越したの。締め切りはないからいつでも送り直して」とあっけらかんと言われ、腰が砕けました。再送する際、EMS にしたのは言うまでもありません。


b 留学準備

大学からは unconditional offer をいただいていたのですが、イギリスがまったく初めてだったので、アカデミックイヤーが始まる前に留学生向けの Pre-sessional course (3週間)を取りました。アカデミックライティングやプレゼンテーションの経験がある方は取る必要はないと思います。


c 学業面

秋のセメスターは、レクチャーが3コマ、セミナーとワークショップがそれぞれ1コマの合計5クラスから成っています。一クラスは2時間構成で、途中10分程度のブレイクが入ります。クラスメートはたったの24人。6人がイギリス人で、ほかは中国、台湾、ロシア、ギリシャなどからの留学生で、学部からストレートに進学してきた人もいれば、ジャーナリストの経験を持つ人もいます。

ジャーナリズムの理論を追究するコースなので、学術的な文献の reading assignment が多くて頭がオーバーヒート状態です。これ以外にも、「ジャーナリストたるもの、日々のニュースに触れやいでか」とばかり、新聞、ラジオ、テレビのニュースに注意を払うようはっぱをかけられています。


d 生活面

ほかのロータリー奨学生とハウスシェアしています。家賃は一人当たり月270ポンドで、これに電気、水道、ガス料金が含まれています。ただ、university accommodation であれば自動的に学生の所持品に保険がかけられるのですが、借家の場合、自分で保険に加入しなければなりません。また、ブロードバンドも自分で業者と契約する必要があります。
イギリスは物価が高い! スーパーで買い物をする分には、東京より高いかもしれません。しかし、娯楽面は日本より安くて充実しているので、映画や演劇は楽しめます。Cardiff のような小都市でもミュージカルやオペラ、オーケストラなどの芸術に手ごろな値段で触れることができます。

基本的に現金(デビットカード)社会で、クレジットカードの使用は大きな買い物をするときに限られているようです。というのも、店によっては2.5%程度の手数料を消費者に負担させるからです(日本なら店負担が当たり前)。デビットカードを持つにはイギリスで銀行口座を持っている必要があるのですが、なにせ何事にもスローな国ですから、口座を開くにもひと月程度を要します。口座開設の申請をして口座番号などが割り振られるまでに1週間~10日、キャッシュカード(デビットカード)が準備されるまでにさらに1週間~10日、カードの PIN number が郵送されてくるまでにさらに1週間~10日といった感じです。


e コンピューター・メールなどの、IT環境

ITは日本より5年は遅れています。光が主流になりつつある日本と違って、こちらではやっとこさADSL の波がやってきた、といったところです。このスローさにもなんとか慣れつつあります。大学内の IT インフラは整っています(ワイアレスコネクションはまだまだ発展途上)。


f ロータリー関係の活動

アカデミックイヤーが始まるころに LINK Weekend というイギリスに派遣された奨学生が一堂に会する大きなイベントが開かれます。今年は Derby でしたが、来年は Cardiff が会場になります。いろんな国から来ている奨学生と交流するのはもちろんのこと、現地のロータリアンのお宅にホームステイできるのも魅力です。Cardiff では、ホストロータリークラブの定例ミーティングや BBQ、ワイナリーでの夕食会、地区大会などの会合にお邪魔しています。スピーチは11月に入ってからと言われていますが、同月はエッセーの締め切りが4つまとまって襲ってくるので果たして無難にこなせるかどうか…。


>トップへ



World flag images courtesy of 4 International Flags