※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ただいま留学中!スペイン編


■2001年度奨学生(1学年度)小川 愛
留学先:クリスティーナ・へーレン財団
専攻:フラメンコ


a 留学準備

事前準備は忍耐勝負でした。RIにはスペイン担当のカウンセラーが一人しかおらず、しかも多忙。1つの質問への返答を求めるために数回催促をしなくてはならないこともしばしば。スペインの学校はさらにマイペース。待っているだけでは絶対に何もことは進みません。とにかくしつこく催促(メール&ファックス&電話)、これが鉄則です。


b 語学研修

必要ないと言われましたが自分から申請しました。スペインに留学する親善学生の大半と知り合うことができたのでとてもよい経験になりました。RI関連の情報量も断然増えます。たとえば、語学研修期間のRIからの小切手が語学学校に送られているなどは、カウンセラーから聞かされていませんでした。RIが指定してくる語学学校自体には問題ありませんが、学校が指定してくるホームステイ先に問題がある人は複数いました。(食事など)


c 学業面

何事においてもそうですが、基礎なくして応用は不可能です。言語はもちろん、自分が入り込むフィールドについて日本で可能な準備はすべてしていくべきです。期間が定められている訳ですから、いかに効率良く勉強出来るかをしっかりと考えてください。


d 生活面

ペセタがユーロに切り替わってから物価は上がりましたが、日本と比べるとまだまだ低いものです。RIからいただいた奨学金で充分生活できました。ただし、学業テーマ次第ではさらに経費がかかるかもしれません。例えばスペイン舞踊、フラメンコを選択した私の場合、靴代、衣装代、コンサート代、貸しスタジオ代なども必要となりました。


e ロータリー関係の活動

ロータリークラブ主催のパーティーでのお手伝いなどをしました。定例会はカジュアルなもので、みんなで飲み物片手に談笑、そのあと着席して開会でした。


f その他

スペインは治安面の問題が急増しているようです。セビージャなどはすり・引ったくり程度ですが、大都市になると犯罪も凶悪化するようです。とにかくどこに行っても日本国内にいる時の数倍はご注意ください。

>トップへ



World flag images courtesy of 4 International Flags