※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

10月開講! 子供フラメンコクラス

本場スペインでは子供のフラメンコクラスは様々。
その先生によって、特別に設置していたり、大人のクラスにそのまんまの場合もある。

基本的には9歳くらいがちょうどいい習い始め時とされる。その前は体も意思も曖昧だからなのだろう。

私にも9歳になる娘がいる。日本でバレエでも何でも踊り続けるにはとにかくお金がかかりすぎる!そんな不満が親であると身に染みますね。

だから不満解消に、最低限の費用で子供たちが踊り続けられるフラメンコクラス始めることに決めました。
もう発表会いくら??なんて事考えなくって良いんです♪

また徐々にスペイン語を織り交ぜて、完全にスペイン語で教えるつもりです♪♪


  水曜  16:00―17:00(45分)
      星ビル B1F  *YAMAHA 百合ヶ丘教室横のビルのB1Fの貸し教室です。

      入会金5000円  月謝5000円


   10月7・28日は無料体験です。予約受付中!!

 

草薙 ろさの独り言

フラメンコは私にとって何なんだろう??
今までわからなかった事が、近頃はっきりわかるような気がする。

踊りの世界は日本では教室経営のビジネスの世界。。
私にはとっても不快である。

私はマドリッドで今は亡き師匠、マリアルイッサ・セビーじゃのもとでスペイン舞踊とフラメンコを学んだ。彼女は決して踊りへの信念を曲げない人物で、あまりお金にもならないだろうに毎日せっせと郊外のモストレスから夫であり、ギターリストでもあるフリオ・バジェッホのおんぼろ車に乗って教室へとやってきた。

伝説の舞踊家カルメン・アマジャに匹敵するほどの実力を持ちながら、教室はいつも数人。そんな彼女に習ったせいか、私はフラメンコに恩義みたいなものを感じている。当時嫌いだった自分が好きになれたのも、どんな事があっても頑丈な自分に戻れる術もみんな、スペインが、マリサが、踊りが教えてくれたのだから。

私にとってフラメンコはスピリチュアルな進化を促すもの。


だから、私のクラスのあり方は自分が自分であれる場であってさえくれればいいと思っている。フラメンコはとてつもなく難しい踊り難しいものを難しく踊るのではなく、いとも簡単に踊ってみせるから粋なのではないだろうか。スペイン



そして、いろんな現実との葛藤の中で躓いてしまう時に、一つでも進化していく自分を良し!と褒めてあげる手助けが私にできたならば、とっても光栄なことだと思うのである。

 

教室案内

サンタ・エレーナ フラメンコ教室


百合ヶ丘クラス  星ビルB1F

  水曜 大人 初心者 11:00―12:30
     子供(小学生以上)16:00―17:00

新百合ヶ丘クラス  マプレ商店街B1F
  火曜 大人 中級  20:00―21:00
  土曜 大人 初級ー中級 20:30―21:30



お問い合わせ 044―988―6082
       rios_rozas@yahoo.co.jp

どちらの教室も駅すぐです。所在地など詳細はお気軽にお問い合わせくださいませ♪

* 水曜 子供クラスは10月開講で、10月7・28日が無料体験レッスンです。予約受付中!