医療側で具体的基準を定めるべきか


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

実際的な困難さは薬や疾患病態や日々集積される新しい知識のなかで実際的な医療もどんどん変わっていくからです。文書にされたことは過去の事実に基づいていて今の最新の知識に基づくものではありません。
さらに医学でいうevidenceは大規模な試験で得られますが、一回市民権を得た知識もそれを信じない医師のグループの新しい試験によって否定されることも珍しくありません。ある疾患で使用を見合わすべきとされてきた薬が新しい知見によって治療薬として有効になることもあります。
人間を相手にする薬もまた、不確実性の塊だからです。