医局制度


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 医師の勤務実態は、医局制度に乗っている医師と、そうでない医師で違います。スーパーローテ導入前までは、医局制度に乗っている医師がほとんどでしたが、今では大分変わりました。
    医局制度では、ほとんどの医師が派遣社員のようなものです。常勤として関連病院に就職しても、医局の都合で数年で別の施設に移ることになります。退職金等は期待できず、ある程度年がいったら、関連病院の要職におさまるか、開業というシステムになっています。実質上常勤でも非常勤でも違いはないと言うことです。(医局によっても違うとは思いますが、育児休暇が絶対必要になったならば、代わりの派遣医局員と交代になって、無職になるという感じですかね)それから、メインで働いている施設の他に、非常勤(アルバイト*)としてお金を稼ぎにいくようなこともなされています。圧倒的にバイトの勤務先の方が時給等はよいという他の業界とはかなり違った状況です。
    スーパーローテ以降は、医局に属さずに、自分で就職先を見つける医師が出てくるようになりました。また、率のいいアルバイト専門で、暮らしている医師も見かけるようになりました。
    基本的に、労働基準法を守れとか言わなければ、常勤としての就職に困ることはありません。しかしながら、医師の仕事から離れると、たちまち技能が下がること、一人前になるためには相当時間がかかることから、高度医療をおこなえる就職先に、キャリアを中断した人間が勤めてそれなりの立場に立つのは厳しいです。
  • 医療崩壊の原因のひとつとして、臨床研修医制度の開始とともに医局制度が崩壊し、地域への医師の派遣が困難になったと言われていますが、これと同時に医師の雇用体系そのものが崩壊してきているように思えます。医局制度が崩壊し、臨床研修後の職歴が曖昧になり、常勤、非常勤が問われないこと(アカデミックポストを望む場合には職歴は重要ですが)などから、敢えて忙しい地域の基幹病院の常勤医とならなくとも非常勤でも十分な仕事と給与が得られるのです。最近では医師の求人求職情報などもかなり発達しています。もし医師としてのモチベーションを下げて非常勤医として働いたとしても食うには全く困りません。事実、子育て中心の女医さんや大学で基礎研究に没頭する医師は非常勤医の待遇で働き続けています。医師に対する労働基準法が適正化されるか、あるいはWE(ホワイトカラーエグゼンプション)制度が導入されるかは別問題として、常勤医の給料が適切なものになるまでは、常勤医師の不足が継続し続けるのではないかと思います。なぜなら、仕事量を半分以下に減らした非常勤医でも十分にやっていけるからです。