無題            小ネタ                        ID:Q > uw0MCH 


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

無題 小ネタ ID:Q/uw0MCH氏
第3局>>391


「な撫でるな~」
弱々しく懇願する姿に京太郎はもっと困らせたくなる。
「だ…だから」
本当に、この天江衣は上級生なのだろうか。まぁ、かわいいからどうでもいいか。
「ん、ん~~~」
お、反抗しなくなったな。……あれ?
「んあっ………ふにゅう」
ペタンとおしりから崩れ落ちる天江衣。……え~と、
「ちょっと貴方! 衣になんてことを!?」
誰かが鬼の形相でこっちにくる。
「と~か~」
「ちょっとこっちにいらっしゃいまし! 事と場合によっては警察に突き出しますわよ。ハギヨシ!」
とーかが指を鳴らした瞬間誰かによって廊下に押さえ付けられる。痛え。
「さぁ衣、この男にどんなことをされましたか」
「うぅ……頭を撫でられた。衣の方が大人なのに撫でられた」
「……頭を撫でられただけですの……ハギヨシ」
やっと拘束が解かれる。服に付いた埃をはたき落としていると。
「貴方、名前は?」
とーかが俺に問い掛ける。
「あ~、須賀京太郎っス」
「須賀さん、私が広い心の持ち主で助かりましたわね。普通の人ならば即通報されますわよ」
「はぁ」
「では失礼しますわ」
そう言ってとーかは衣の手を取り何処かへ向かって行った。
「変わった人達だったな……ヤバっ早く荷物を持って行かないと!」
そう言って京太郎は清澄高校の控室に向かって行ったのだ。


「……須賀京太郎かぁ」
と誰にも聞こえない程度に誰かが呟いた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。