『和のフィアンセ気分で~8年後の和編~』                     ◆bwfL1IDZzI氏


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『和のフィアンセ気分で~8年後の和編~』 小ネタ ◆bwfL1IDZzI氏
第3局>>500~>>501


   『和のフィアンセ気分で~8年後の和編~』

   ――12月25日。今日はクリスマスである。

    俺もこの年になってようやく、「恋人達の聖夜」を満喫する資格を得たようだ。
   今日もいつもどおり仕事を終え、駅に向かって歩きながら携帯を取り出す。
   数コールの後、俺の最も愛する彼女が電話に出る。

   「はい、もしもし」

   「あぁ、和?仕事はもう終わったか?」

    電話越しの声が少しだけハイテンションになって耳に入ってくる。

   「あっ、もう終わりました!」

   「そうか、早いじゃん」

   「ええ、だって今日はクリスマスですから。もうオフにしてもらいました」

   「いいのか?」

   「いいんです。アイドル雀士と言ったって、本当にアイドルじゃないんですよ?」

   「あはは、そうだな」

   「うふふ」

    こんな他愛も無い会話がたまらなく楽しくて、いとおしい。

   「それで、待ち合わせは駅前でいいかな」

   「はい」

   「それじゃ、また後で」

    電話を切って、雪の降りしきる道を駅に向かって進む。何年ぶりかのホワイトクリスマス。
   こんな日に和とデートなんて、俺はつくづく幸せ者だと思う。
    何と言ったって、彼女はプロ雀士であり、テレビにも出演するアイドル雀士なのだ。
   そんな和のプライベートを独り占めできるのは、世界中で俺しかいない。

    駅に着くと、もうすでに和は着いていたようだった。

   「ごめん、待ったか?」

   「いいえ、あなたのことを考えていたので、待ったうちに入りませんよ」

    そう言いながら俺だけに見せる天使の笑顔。

   「そっか。じゃあ、行こうか」

    手を握り合う俺と和。しかし、しばらく歩いたところで、

   「ねえ、握ってる手だけ、手袋外しませんか?」と和。

   「そ、そうだな」と答え、手袋を外してもう1度握り合う。

   直に伝わってくる和の体温。手袋なんか無くてもへっちゃらだ。

    そうこうしているうちに、目的地に着いた。細い路地の雑居ビルの地下、こぢんまりとした店内。
   ここは俺と和の行きつけの店であり、また、2人の出会いの場所でもある。

    扉を開けると、俺たちに気付いたマスターがコップを拭くのをやめ、何やら準備を始める。
   そして何も言わず、ただちょいちょいと手招きをして、店の奥へ入っていく。
    俺達も黙って付いて行くと、2人用の小さな部屋に通される。

   「マスター、いつもの」

   「かしこまりました」

    短い会話の後、料理が出てくるまでの間、俺と和はいつも麻雀をする。マスターが気を利かせて
   くれて、この部屋にはいつも麻雀セットが置いてあるのだ。
    2人打ち麻雀というのもなかなかオツなもので、将棋のような1対1の緊張感や、高い手が作りやすい
   のがなかなか気に入っている。

   「ねえ、打ちましたよ」

   「あ、ああすまん、和。えーと……」

   「うふふ、メ・ン・チ・ン」

    俺が牌の取捨に迷っていると、和は決まってこうからかってくる。まあ確かにメンチン狙いなんだが。
   手を読まれるのは嫌だが、和が可愛いので何でも許してしまう。

   「これでどうだ」

   「残念、七対子」

    また振り込んでしまった。渋々俺が点棒を出していると、ちょうどよく料理が運ばれてくる。

   「よーし、今日はここまでだ」

   「あっ、逃げましたね?」

    ニコニコと笑う和に、俺はまたドキッとしてしまう。もう付き合って大分経つのに、いつまでたっても
   この笑顔にはドキドキさせられる。

    食事を終えた俺達が行くのはもちろん――

   2人の夜は、まだ始まったばかりだ。 
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。