※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2代目ジャスティス司令レディグラスホッパー

  • 所属:裏番長グループ
  • 性別:正義の女幹部(元 悪の女幹部)
  • 所持武器:真っ赤に燃える正義の心
  • 攻:0 防:19 体:7 精:4 FS「悪の心」:0

特殊能力
『裁きの鉄拳アルティメットジャスティスナッコォ!!』

  • 効果:即死 -100
  • 範囲:???
  • 対象:???
  • 時間・回数:???
  • 効果付属:なし
  • 補正1:???
  • 補正2:???
ボーナス:なし

  • 秘匿される項目:範囲、対象、時間、回数、補正

★能力公開

  • 効果:即死 -100
  • 範囲:隣接1マスの1マス目のみ -0.1
  • 対象:一人 0
  • 時間:瞬間 1倍
  • 効果付属:なし
  • 補正1:DP1消費 25
  • 補正2:防御力-5 25
  • ボーナス:なし

  • 【発動率:60% 成功率:100%】

能力説明

胸に輝く水晶のペンダントが輝く時♪
ポーズを決めろ♪
決め台詞を高らかに叫べ♪
空高くジャンプしろ♪

左足を関節ごと右回転!右足を関節ごと左回転!!
両足が一瞬巨大に見えるほどの回転圧力
そのふたつの足の間に生じる真空状態の
圧倒的破壊空間はまさに歯車的砂嵐の小宇宙

ってくらいスゴイ 『蹴り』
当然『あたると しぬ』
ペンダントに溜まった光エネルギーがなくなると放てない必殺の技!!
でも悪人を倒す事で正義の光がまたペンダントに輝くぞ!!
自分も衝撃で服が破れて半裸になるけどヒーローは気にしない!!


という凄まじいヒーロー技とサンジョ本人は思い込んでいるが
ソウルイーターの呪いに他ならない
蹴り自体は見た目が凄いだけでたいした事ないが相手の魂を問答無用で吸い取るのである
服が破けるのはサンジョ本人の思い込みによるお約束
ペンダントの輝きは魂(DP)である

ソウルコレクター…
魂を操るぽぽ一族の中でも 非道と呼ばれた男
水晶の小瓶に『たった一人の魂』を永遠に閉じ込める技を持ち
閉じ込めた魂を飽きるまで鑑賞したという
閉じ込められた魂の『ココから出たい』という願いの力を利用して
新たな魂を次々と手に入れたと言われる殺人鬼
民明書房刊『世界!!殺人鬼発見!!』より

愛と正義を信じる暑苦しい熱血美少女
一族三女のぽぽ=サンジョ
ヒーローマニアの彼女が叔父からもらった骨董品のペンダントと
兄(ジーナン)と同じくソウルイーターによってこの力を無意識に操っている
頭はあまり良くないのも熱血系の兄に良く似ている
友情 勝利 努力の前には 細かい所を気にしないのである
周囲に怨念が漂っていて普通の人なら頭痛肩こり眼精疲労が起きたりするけど
まぁ バカなので気にしないよ


キャラ説明

真っ赤に波打つ鮮血のマフラー
永遠の闇夜にも似た 黒いパンタロン
腰に輝く 髑髏のベルト
兄の形見の水晶のペンダント

腕を組み胸を張って威風堂々と敵に挑むのは
『正義のヒーロー!!バッターマン』に登場した
2代目ジャスティス司令レディグラスホッパーの戦闘スタイルである

彼女は悪の組織ゾックァーの女幹部ビューティスコルピオであり
バッターマン抹殺作戦に何度も失敗し処刑されそうになった所を
初代ジャスティス司令ミスターグラスホッパーが命と引き換えに助け出した

そして自分が洗脳されていた事 更に自分を助ける為に死んだ
ミスターグラスホッパーが実の兄である事を知り
2代目ジャスティス司令として正義の為に戦う事を決意したのである

司令としての指揮能力は悪の幹部時代同様イマイチであり
操られたり騙されたりと『ドジっ子司令』の名をほしいままにしていたが
ヤケクソの戦闘能力は極めて高く
『裁きの鉄拳アルティメットジャスティスナッコォ!!』は あたるとしぬ という無茶性能
お色気要員として毎回服が破れていた所が人気の秘密

初登場の『第5話!!ビューティスコルピオの恐怖』
真実が明らかになる『13話!!さらばジャスティス司令!!』
新たな衣装で登場した『15話!!敵か味方か2代目ジャスティス司令!!』
お色気と感動の超脚本の『21話!!囚われたジャスティス司令!!』
はファンの間で今も語り継がれている傑作回である

というコスプレをした少女 15歳
主人公より脇役が好き
衣装の出来はプロも絶賛で本人も可愛いが
胸だけは足りていないのが残念なのか 逆に評価ポイントなのかは謎

バッターマンとは往年の特撮ヒーロー物である

正義のヒーロー!!バッターマン(昭和48年~49年 シリーズ全100話)

プロ野球チーム道頓堀マヨネーズの代打打者である藤堂猛(とうどうたけし)(注1は、その能力を見込んだ悪の組織ゾックァーに拉致され、バッターの能力を持つ改造人間「怪人代打男」にされてしまった

しかし、脳改造によってその意思を奪われる寸前に自力で脱出
金属バットを片手にゾックァーに復讐を誓うのであった

街中で非番の戦闘員(アルバイト)をどついていた所 警察に逮捕される
留置所で警察署長でもある謎の男ジャスティス司令(注2)と出会い
以降、非常勤の警察職員としてゾックァーと戦うことになる

この際 政府機関による改造手術を受け(注3)バッタの能力を移植され正義のヒーローバッターマンとなる

バッターマンの基本武器は金属バット
街中で怪人や戦闘員を見つけると容赦なく殴りかかるぞ
必殺技は極めて高い命中率を誇る「バッターバント」そしてシリーズ後半に生み出された新技「バッター隠し玉」(注4)である

これに加えて通常技「バッターホームラン」「バッターヒット」などがある
覚醒すると「バッターデッドボール」や「バッター乱闘」「バッターラフプレイ」なども使う

シリーズ中盤に藤堂役の俳優が怪我をした為急遽バッターマン2号が登場
また敵幹部であったレディスコルピオの人気が高かった為
いまいち人気のなかったジャスティス司令を交代させるなどテコ入れを進め
シリーズ後半はダブルバッターで人気を盛り上げた

注1)代打打者時代の藤堂は打率は低いがたまに逆転ホームランを打つ為「奇跡の藤堂」の異名をとっていた

注2)全然謎じゃない 

注3)ゾックァーの改造がサイボーグ化や肉体強化なのに対して日本政府の改造手術は遺伝子レベルでの改造という非道さを持っていた

注4)透明になって相手を一方的に殴る凶悪な技