※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

森園モリオ

  • 所属:裏生徒会
  • 性別:男性
  • 所持武器:集中力
  • 攻:0 防:20 体:4 精:4 FS「広い視野」:2

特殊能力『エターナル読書~吹雪舞うスパイの話~』

  • 効果:体力2ダメージ -25
  • 範囲:???
  • 対象:???
  • 時間・回数:???
  • 効果付属:なし
  • 補正1:???
  • 補正2:???
  • ボーナス:ダメージボーナス 15

  • 秘匿される項目:範囲、対象、時間、回数、補正

★能力公開

  • 効果:体力2ダメージ -25
  • 範囲:周囲2マス 1.1
  • 対象:範囲内敵全員 0.9
  • 時間:瞬間 1倍
  • 効果付属:なし
  • 補正1:図書館のあるマスでなければ使えない 20
  • 補正2:移動力-2 20
  • ボーナス:ダメージボーナス 15

  • 【発動率:93% 成功率:100%】

能力説明

○図書館で熱中して本を読むことにより、その物語の情景を思い浮かべ、その情景が現実のものとなる。読む本に応じて、様々な情景を思い浮かべる。
○今回森園が読んでいる本は、雪の降る某国の女スパイの話。その情景を思い描いた事により、辺り一面に吹雪が吹き、敵陣営の体力を奪う。
○森園が本を読み終わると思い描いた情景は消える。森園は自身の能力には気づいていない。毎回本を読み終える毎に「おわっ!な、何があったんだ!?」と自身の能力によって荒れ果てた校庭を見て唖然としている。

  • 図書館から周囲2マス全員(敵のみ)に対して体力2ダメージ
  • 図書館でしか能力使用できない。
  • 能力使用後、移動しても本が気になって結局図書館に戻ってきてしまう。つまり図書館から離れることはできない(永続移動不能)
  • 味方陣営は森園の能力を把握しているため、森園対策をしている。(敵のみに効果)
  • 「風系能力者のみ対象」「水、雪、氷系等の能力者のみ対象」の能力があった場合、その対象となる(GK注:フレーバーテキスト)


キャラ説明

  • 希望崎3年
  • 放送委員長とは幼馴染で、よく放送室に出入りしている。
  • 点字、手話をマスターしており、目が見えない、耳が聞こえない者とも意思疎通可能。
  • 裏生徒会と裏番長Gの抗争には特に興味無し。