※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ラファリエル=ファン=ヨング

  • 所属:裏生徒会
  • 性別:女性
  • 所持武器:古びた魔導書
  • 攻:0 防:18 体:8 精:4 FS「魔法」:0

特殊能力『えた~なる ふぉ~す ぶりざ~ど♪』

  • 効果:???
  • 範囲:周囲2マス 1.1
  • 対象:範囲内敵全員 0.9
  • 時間:瞬間 1倍
  • 効果付属:???
  • 補正1:精神攻撃 100
  • 補正2:伝説の樹のあるマスでなければ使えない 20
  • ボーナス:???

  • 秘匿される項目:効果、効果付属、ボーナス

★能力公開

  • 効果:体力4ダメージ -50
  • 範囲:周囲2マス 1.1
  • 対象:範囲内敵全員 0.9
  • 時間:瞬間 1倍
  • 効果付属:凄惨な死 -10
  • 補正1:精神攻撃 100
  • 補正2:伝説の樹のあるマスでなければ使えない 20
  • ボーナス:ダメージボーナス 15

  • 【発動率:75% 成功率:0%】

能力説明

伝説の最強呪文を唱えだす。
本来ならば自分以外の敵味方全てが死滅するが、そんなことは無理。
結局何の効果も起こらない。寒い空気が流れるだけ・・。

しかし、精神が衰弱しているものに対して本当に発動したと思い込ませるくらいの迫力がある。
「思い込むことは実現する。」と刃牙も言っている通り、思い込んでしまった敵の体は凍傷のような状態になり実際にダメージを負う。
味方はハッタリだと知っているので、精神が低くてもダメージは負わない。
また発動には、初めて彼氏ができ、初キスも経験した「伝説の樹」の下でないと、心を落ち着かせて唱えることができないので「敵に思い込ませる」という効果が起きなくなる。

この能力は実際には何も起きていないので、この能力で死んだ場合は周囲の人間から見れば突然一人で苦しみだして死んだように見える。
よって、周囲から不可解な死と認識され「凄惨な死」が付与される。

キャラ説明

東欧のとある小国の元内大臣、現国王であるヨング家の次女。
今は経済大国日本へ留学中。
実家の蔵から不可思議な魔導書を探し出し、その天才的な頭脳で解読してしまった。
最強の魔法を放つ方法は理解した。練習も頑張って毎日している。
何も知らない隣家のおばちゃんも認めるほどの努力家である。

しかし、それだけで本当に普通の女の子が放てるようになるのか??
最強の魔法までの道のりは遠い・・。