※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日商簿記検定

簿記 とは、「帳簿記入」の略称と言われており、経済取引上の資産等の増減を記録するものである。資産(つまり現金などの財産)がどのくらいあるのかをわかりやすく記すものであり、財布の紐を握るという表現も近いかもしれない。

取得難易度

※計測中

概要

世間一般的に 簿記 と呼ばれるのは、この日商簿記検定の略称であることが多い。
経理・会計などの職種に就こうと思う人は是非取っておくべきであろう。途中、「独立できるものがいい!」という考えに至った場合も、税理士公認会計士などといった道も残される。会社や事業の流れを知るためにもオススメしたいところ。

取得条件

日本商工会議所および各地商工会議所が実施する検定試験を受験し、合格すること。

費用

1級……¥7,500-
2級……¥4,500-
3級……¥2,500-
4級……¥1,600-
※受験料は、いずれも税込

受験日

6月
11月
2月(※1級は除く)

申請先