前田慶次の章・第二話

前田慶次の章・第二話「賤ヶ岳の戦い」


あらすじ

姉川の戦いに勝利した織田軍は
東に武田を討ち、西に毛利を攻めて
怒濤の勢いで勢力を拡大。

しかし、
天下を目前にして
織田信長は本能寺に消えた。

主君を失った織田家では
柴田勝家と羽柴秀吉が対立、
両者歩み寄れぬまま、合戦となる。

前田利家は、
叔父貴と慕う勝家に従うも
友・秀吉と戦うべきか迷う。

そんな利家を案じながらも、
慶次はただ一個の戦さ人として
戦場に臨んだ。

戦況(解説者:前田利家)

…くっ!
叔父貴柴田軍 と、 秀吉羽柴軍
この 賤ヶ岳 で戦うことになっちまった…。

俺は友だろうが 秀吉 を討つ…それが仁義だ!
慶次 、前田家当主として命じる!
前線を指揮してる 石田三成 を叩け!

そしたら、 ねね清正正則 と倒して、
秀吉 を… 秀吉 を…討つ道を開くんだ!

いいか! 俺は前田家背負ってんだ!
前田家守るため、気ままは許されねえ!
てめえも、気ままに戦ってんじゃねえぞ!

勝敗条件

勝利条件 羽柴秀吉 の撃破

柴田勝家 の撃破
敗北条件 柴田勝家前田利家 いずれかの敗走

羽柴秀吉前田利家 いずれかの敗走

勝敗条件(模擬演武)

勝利条件 羽柴秀吉 の撃破

柴田勝家 の撃破
敗北条件 柴田勝家前田利家前田慶次 いずれかの敗走

羽柴秀吉前田利家 いずれかの敗走

※ 敗北条件表記にミスがあり、前田慶次の敗走でも敗北となるのに注意。

武将データ

柴田軍 備考 羽柴軍 獲得 備考
柴田勝家 総大将
利家寝返りイベント後 敵軍総大将
羽柴秀吉 なし 総大将
利家寝返りイベント後 自軍総大将
前田利家 敗北条件
ミッションNo.3達成後敵に寝返る
ミッションNo.4の成功条件
撃破効果No.2発動で効果あり
ねね 装備品 ミッションNo.3の撃破対象
前田慶次 プレイヤー 石田三成 装備品 ミッションNo.1の撃破対象
毛受勝照 寝返りイベント後は全て敵になる
獲得物はランダム
加藤清正 装備品 ミッションNo.3の撃破対象
徳山秀現 福島正則 装備品
佐久間安政 黒田官兵衛 装備品 ミッションNo.2の撃破対象
長連龍 羽柴秀長 素材 撃破効果No.2の撃破対象
村井長頼 木下一元 素材
原長頼 木村重茲 素材 撃破効果No.4の撃破対象
佐久間盛政 ミッションNo.2の成功条件
寝返りイベント後は敵になる
獲得物はランダム
高山重友 素材
山路将監 寝返りイベント後は全て敵になる
獲得物はランダム
丹羽長秀 巻物
柴田勝政 桑山重晴 素材
金森長近 堀秀政 素材 撃破効果No.1の撃破対象
前田利長 撃破効果No.1発動で出現
寝返りイベントで寝返る
池田恒興 素材 撃破効果No.3の撃破対象

イベント

ミッションNo.3達成後、利家寝返りイベント発動。
勝利条件・敗北条件変更。
これにより自軍が 羽柴軍 になり、 柴田軍 が敵軍になる。

クリア後、ムービー「慶次出奔」が流れる。

ミッション

番号 内容 備考
No.1 石田三成 を撃破せよ! 達成後、 大岩山砦北門 が開門
軍の兵員増援が停止
No.2 佐久間盛政大岩山砦 に到達する前に、 黒田官兵衛 を撃破せよ! 終了後、 大岩山砦 がすべて開門
羽柴軍 が進軍開始
No.3 豊臣本陣 開門のため、 ねね加藤清正福島正則 を撃破せよ! 達成後、 前田利家 の寝返りイベント発動(いれば 前田利長 も寝返る)
軍が 羽柴軍 になり、 柴田軍 軍になる
勝利条件・敗北条件変更
賤ヶ岳砦羽柴本陣 がすべて開門
前田利家柴田勝家 へ進軍開始
No.4 前田利家 より先に 柴田勝家 に接近せよ!

撃破効果

番号 内容 効果 備考
No.1 練技ゲージが最大の状態で 堀秀政 を撃破 前田利長 が援軍として出現
No.2 撃破数が150以上で 羽柴秀長 を撃破 前田利家 の防御力が一定時間上昇
No.3 開始から5分以内に 池田恒興 を撃破 素材を獲得 青小
No.4 羽柴軍 の武将数が5人以上の状態で 木村重茲 を撃破 武器を獲得

アイテム配置

携帯道具
団子 団子 団子 大盛御飯 大盛御飯 大盛御飯
団子 団子 大盛御飯 当世具足 黒漆太刀 荒御霊
団子 黒漆太刀 活水盃 荒御霊 幻朧時計 蛭巻小太刀

攻略アドバイス

前田利家の寝返りイベントがこのステージ最大の転換点。
一瞬、敵として攻撃できるが、後に響くので無視してイベントの進行を待とう。

☆猛将伝&Zの変更点

福島正則のPC化に伴い、敵が僅かながら強化されている。

無双演武一覧

第一話 第二話 第三話 第四話 第五話
姉川の戦い 賤ヶ岳の戦い 忍城攻め 三成救出戦 長谷堂の戦い

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。