お市の章・第四話

お市の章・第四話「小谷城の戦い」


あらすじ

姉川の戦いに勝利したものの、
その後の信長の攻勢は
苛烈を極めた。

朝倉家はあえなく滅亡、
浅井家もまた
小谷城に追い詰められる。

ここに至って、
長政はお市を
織田に帰すことを決めた。

織田家への道中、
お市が目にしたのは
花咲き乱れる草原であった。
長政が
花で満開になれと願った地である。

長政の理想を
夢で終わらせてはならない。
お市は、
長政の望む国を実現するため
自分の手で
長政を支えることを決意する。

戦況(解説者:お市)

小谷城織田軍 に包囲されています。

まずは 丹羽長秀滝川一益 を討って、
小谷城 に向かい、 長政 様をお助けします。

秀吉 もこの戦に参加しているはず。
私は 浅井 に残ると伝えないと…。

そして、 お兄様 …。
いえ… 織田信長 を倒します!

勝敗条件

勝利条件 織田信長 の撃破
敗北条件 浅井長政 の敗走

武将データ

浅井軍 備考 織田軍 獲得 備考
浅井長政 総大将
撃破効果No.1発動で効果あり
ミッションNo.2の成功条件
織田信長 なし 総大将
お市 プレイヤー 羽柴秀吉 装備品 ミッションNo.3の撃破対象
磯野員昌 明智光秀 装備品
赤尾清綱 濃姫 装備品
海北綱親 竹中半兵衛 装備品 ミッションNo.2の撃破対象
宮部継潤 ミッションNo.3の合流対象
失敗すると敵軍に寝返る
獲得物はランダム
柴田勝家 装備品
阿閉貞征 丹羽長秀 巻物 ミッションNo.1の撃破対象
新庄直頼 撃破効果No.1発動で出現 滝川一益 巻物
稲葉一鉄 巻物
安藤守就 素材
蒲生氏郷 素材
堀秀政 素材 撃破効果No.4の撃破対象
佐久間信盛 素材 撃破効果No.3の撃破対象
蜂須賀小六 素材 ミッションNo.2の撃破対象
蜂屋頼隆 素材 撃破効果No.2の撃破対象
山内一豊 素材 ミッションNo.2の撃破対象
佐々成政 素材 撃破効果No.1の撃破対象

ミッション

番号 内容 備考
No.1 丹羽長秀滝川一益 を撃破せよ! 達成後、 京極丸 がすべて開門
No.2 浅井長政 の体力が半分になる前に、
竹中半兵衛蜂須賀小六山内一豊 を撃破せよ!
失敗時、ミッションNo.5が継続して発生
終了後、 北砦西砦南砦 が開門
柴田勝家明智光秀 が進軍開始
No.3 柴田勝家明智光秀 より先に、
阿閉貞征宮部継潤 と合流せよ!
成功時、 阿閉貞征宮部継潤 が進軍開始
失敗時、 阿閉貞征宮部継潤織田軍 に寝返る
終了後、 南砦北門 が開門
羽柴秀吉 が進軍開始
No.4 羽柴秀吉 を撃破せよ! 達成後、 中央砦南砦 がすべて開門
浅井長政織田本陣 へ突撃開始
No.5 竹中半兵衛蜂須賀小六山内一豊 を撃破せよ! ミッションNo.2失敗時のみ発生

撃破効果

番号 内容 効果 備考
No.1 開始から1分以内に 佐々成政 を撃破 浅井長政 の防御力が一定時間上昇
No.2 無双奥義・皆伝中に 蜂屋頼隆 を撃破 素材を獲得 黄大
No.3 撃破数が150以上で 佐久間信盛 を撃破 織田軍 の進行を止めるため 新庄直頼東詰所 に援軍として出現
No.4 コンボ数が200以上で 堀秀政 を撃破 武器を獲得

アイテム配置

携帯道具
団子 団子 団子 大盛御飯 大盛御飯 大盛御飯
団子 当世具足 当世具足 当世具足 霊鏡 荒御魂
黒漆太刀 黒漆太刀 当世具足 戦草鞋 霊鏡 荒御魂

攻略アドバイス

小谷城での攻防が本ステージの要。
城の周囲を往復することになるので速力の高い馬を推奨。

お市の特殊技は味方武将・雑兵が共に対象となることは知っておきたい。
味方雑兵が束になっているところが多いステージなので、そこで特殊技→奥義を基本に戦えば良い。

スタート直後は真っすぐ進み、味方の弓兵のところで特殊技を使用する。
そして、最初の撃破効果対象の佐々成政とミッションの丹羽長秀・滝川一益をまとめて奥義で撃破。

半兵衛を撃破後は真っ先に撃破効果No.2の蜂屋頼隆を撃破。
引き返し際にミッションNo.3の宮部継潤、阿閉貞征に接触する。
次に撃破効果No.3の佐久間信盛を撃破し、達成。
続いて勝家、引き返し明智光秀を撃破するのが最も安定する。
但し、小谷城を出た長政が勝家の方へ向かった場合は、光秀を優先的に倒さないと味方が敗走しやすい。

最後の撃破効果は霊鏡を使用し、無双を出しっぱなしにすれば達成は容易。

☆猛将伝&Zの変更点

☆第2レア武器獲得ステージ。→第2レア武器獲得のポイントを見る

無双演武一覧

第一話 第二話 第三話 第四話 第五話
桶狭間の戦い 稲葉山城の戦い 姉川の戦い 小谷城の戦い 余呉湖畔決戦

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。