創史演武会話集 > 1


訪問時・友誼武将

  • 友誼武将の訪問時(勧誘時・承諾時・断り時)のセリフをまとめてあります。
  • 改行チェック中です。ゲーム画面通りと確認が出来た台詞は右端の枠に○をつけています。
  • 既出情報での記載ミスを発見した場合は、修正又はコメント覧にて指摘をお願いします。
    コメントの投稿はこちら→情報交換掲示板へ


勧誘時


武将名 セリフ 改行
真田幸村 突然の訪問、お許しください。
幾多の戦場で共に戦ったあなたに、
お願いがあって参りました。
あなたと同志…いや、友になりたいのです。
共に高め合い、競い合う友に…。
いかがでしょうか?
前田慶次 おう、ちょっといいかい。
あんたの戦っぷりに惚れちまってねえ。
この先、あんたについてってもいいかい。
なに、迷惑はかけねえつもりさ。
どうだい?
織田信長 予は、うぬを、愛でたい…。
うぬに問おう…。
苛酷な生、すべてを興じる覚悟はあるか?
時を進め、無限に駆ける覚悟はあるか?
明智光秀 突然の訪問、平にご容赦を。
あなたの戦場でのご活躍、
いつも拝見していました。
ぶしつけなお願いで恐縮ですが…。
私の友となっていただけないでしょうか?
上杉謙信 告げることありて推参せり。
汝が共にある闘争は愉悦。
謙信と共にあり、共に高め合わん。
お市 あの…少しお時間をいただけますか。
あなたにどうしてもお話したいことが…。
あなたは強くて、そしてとても優しいお方。
荒んだ乱世…私はそんなあなたと歩みたい。
どうか、私の友になっていただけませんか?
阿国 ごめんやすぅ。
突然どすけど…うち…あんさんと一緒に、
戦場出てるうちにずっと一緒にいたなって…
うち…うち…もっと親しなりたい…。
うち、一緒にいさしてほしいんどす…!
そして…いずれは…うちと…出雲に…
くのいち どもども。
で、あのー、唐突な話で悪いんですけども。
これからも、あたしと一緒に戦わない?
君となら、なんか大きいことが
できちゃいそうな気がするんだよね。
どうかな? 無理にとは言わないけど…?
雑賀孫市 おい、ちょっといいか?
お前の戦、イイ線いってる。
うん、俺好みだ。
どうだい? 俺と組まないか。
俺みたいなできる相棒がいると、
仕事が楽になるぜ?
武田信玄 ちょっといいかね。
なに取って食いはせんよ。
おことの戦に興味があってね。
おことならわしの軍略を体現できる。
甲斐の虎と共に、歩んでみんかね?
伊達政宗 火急の用がある。
わしに少し時間を貸せ。
わしは貴様のような勇士を捜しておった。
この独眼竜がつかむにふさわしい雲をな。
どうじゃ、わしと共に天下に飛び立たぬか?
濃姫 突然だけど、あなた…可愛いわね。
戦場を共にするうちに思ったの、
いい戦をするって…ふふ。
あなたのこと、もっと深く知りたいの。
私のことも、もっと深く知ってほしい。
もっと緊密に戦場を共にすることで…ね。
服部半蔵 御免。影と共にあらん。
森蘭丸 突然の非礼、どうぞお許しください。
これまでの戦場での活躍、
いつも間近で拝見させていただきました。
蘭ごときがおこがましいお願いですが、
あなたの友として…
お側にいることをお許しいただけますか?
豊臣秀吉 おーい、
ちょっと話に付き合ってくれんか?
手短に済ますから、な?
単刀直入に言う。わしはお前さんみたいな、
勇士と共に乱世を駆けたいんじゃ。
どうじゃ? わしのダチにならんか?
今川義元 そちにちと話があるの。
その脚、その体の切れ…
そちには蹴鞠人の素養があるの。
まろの友となり、
共に蹴鞠の道を極めぬかの? の?
本多忠勝 御免。
御身と戦場を共にするうち、
ある存念起こりて消えず、推参した。
この蜻蛉切にこの忠勝が引っ添うがごとく、
この忠勝に、御身というもののふが、
添ってほしい、と…。
稲姫 突然の訪問、お許しください。
戦場での勇姿、ずっと拝見していました。
今日は折り入って、お願いが…。
そ…その…
私と、共に武芸を高め合う同志…いえ、
と…お友達になっていただけませんか?
徳川家康 失礼いたす。
貴殿と戦場を共にするうち、感じたのだ、
貴殿もまた志という重き荷を負うていると。
そして、この家康、心から思うたのだ、
志ゆえにいかなる苦難にも耐える貴殿を見、
共にその志を背負いたいと…。
石田三成 突然の無礼、許せ。
お前に頼みごとがある。
お前の生き方に、その…興味があってな。
俺の…同志となってくれぬか。
浅井長政 失礼いたす。
そなたと戦場を共にするうちに…何と言うか
…その戦ぶりに惚れてしまったのだ。
それがしとそなたは志も同じ。
皆が仲よく暮らせる世を創るため、
それがしと共にあってくれないだろうか?
島左近 ちょいといいですかい。
俺は禄や地位じゃ、
釣られない男なんですが…。
あんたの志に釣られちゃいましてね。
よければ、俺の友になってくれませんか?
島津義弘 突然だが、
この乱世という大ばくち、
わしは、お主に賭けたい。
お主と戦場を共にしていくうち、
お主のような面白い者と組み、
戦というばくちに臨みたくなったのよ。
立花誾千代 許せ。
突然だが、誇るがいい。
貴様は立花の供となることが許された。
貴様を戦場を共にし、感じたのだ。
私のかたわらに置いてやってもよい、と。
一応、選択権は与えよう。どうだ?
直江兼続 失礼する!
戦場での勇姿、いつも見ていたぞ!
己の信じる道をひた進む。
お前の気概と志に、感服した!
どうだ? 私と義の誓いを結ばぬか?
ねね 突然、ごめんね。
いつもガンバってるから、
どうしても声かけたくなっちゃって。
ね、あたしと友達になろうよ!
きっとうまくいくと思うよ。
風魔小太郎 我は風魔…。
うぬの言動、そして力…。
混沌の種になり得る。
我と共に、乱世に吹き荒ぶ風とならぬか?
前田利家 ちょっといいか?
何度か戦場で一緒になったンだが、
なんつか…お前の戦が忘れられなくってよ。
俺の友になってくンねえか?
頼む! この通りだ。
長宗我部元親 俺はお前に興味がある。
この先も、近くでお前を見ていたい。
どうだ。
俺と共に歩む気はないか。
ガラシャ 教えよ!
戦場を共にしたとき、
そちはわらわを助けてくれたのじゃ。
そちは、あの時、わらわのために
命を張ってくれたのか?
そちは…その…わらわのダチなのか?
柴田勝家 突然だが、わぬし、
この柴田についてこぬか。
わしはこの通り、
時代についてゆけぬ不器用な男だ。
嫌なら、かまわぬ。
加藤清正 …お前、馬鹿だろ?
いや…違うんだ。
その…いい意味で、だ。
お前はいい奴だし、できる奴だ。
だが、どっか…危なっかしいんだよ。
なんか…ついててやらないとって思う…。
黒田官兵衛 突然だが、卿と親友の盟約を契りたい。
ふふ…いや失礼。「親友」という響きが
あまりにも下らなく、歯が浮いたのでな。
互いを泰平の駒とし共闘するということだ。
立花宗茂 ああ、お前、ずっと俺の隣にいろ。
戦が終わったときに見せるお前の笑顔が
たまらなく気に入ってしまった。
どうだ?
甲斐姫 あの、ちょっといいかな?
あんたに話があってさ。
一緒に戦ってて、思ったんだ。
あんたと友達になれたら心強いなって。
どう? あたしと友達にならない?
北条氏康 おう、お前に話がある。
なに悪い話じゃねえ。
お前の戦っぷりが気に入ってな。
俺の友って奴になってくれるか?
竹中半兵衛 突然だけどさ、君って面白いよね~?
何だかさ、君にしかない可愛いさがあるよ。
俺、君にがぜん興味があるんだよね。
君となら、皆が寝て暮らせる世、創れそう!
ね、一緒にいない、俺たち?
水が魚のまわりにあるようにさ?
毛利元就 やあ…その…突然なんだが、今しかなくて。
君と戦場を共にしていて私は思ったんだ…。
言わないより言って後悔したほうがいいと。
私の手は謀略と血で真っ黒に汚れている…。
こんなことを言う資格もないと思うんだが、
要は…その…一緒にいてほしいんだ…。
綾御前 突然の訪問、失礼いたします。
幾度も戦場を共にしたあなたに、
お願いがあって参上いたしました。
あなたと私…共にあれば、
愛ある中にも厳しく高め合っていけるはず
…そう思ったのですが、いかがでしょうか?
福島正則 お、いたいた!
俺のこと覚えてる? 覚えてるよな?
何回か一緒に戦ったことあるもんな?
でさあ、ちょっと頼みがあんだ。
俺とよ…ダチ公になんね?
かーっ! 言っちまった、超恥ずかしー!



承諾時


武将名 セリフ 改行
真田幸村 かたじけない!
お互いもののふとして、
恥じぬ生き方をしてまいりましょう。
前田慶次 嬉しいねえ!
それじゃ、これからは二人で戦場に
ド派手な傾奇の戦華、咲かせるとしようか!
織田信長 よいぞ…が、予は共に駆ける者など欲さぬ。
予が倒れれば予はそれだけの者ということ。
予を捨て、うぬはただ無限に駆けよ!
明智光秀 ありがとうございます!
勇気を出して、お話したかいがありました。
上杉謙信 謝す。
共に闘争、愉しもうぞ。
お市 ありがとうございます!
とても…嬉しいです。
阿国 やあん、うち嬉しおす!
約束どすえ! きっと一緒に…!
それまで高め合っていきましょいな!
くのいち やた!
じゃ、そういうことで。
これからも、よろしく!
雑賀孫市 さすが、俺が認めた奴だぜ。
よろしくな、相棒!
武田信玄 おことならそう言ってくれると思ったよ。
伊達政宗 よくぞ申した! 後れずに、わしについて参れ! ×
濃姫 嬉しいわ、今から次の戦が愉しみ。
二人で戦場を熱く変えましょう?
地獄に…。
服部半蔵 吉日なり。
森蘭丸 ありがとうございます!
蘭は…嬉しいです!
豊臣秀吉 おお、そうか!
今日はええ日じゃ!
今川義元 本当かの! 嬉しいの!
本多忠勝 感謝つかまつる。
乱世に御身という知己を得、
これ以上の果報はござらぬ。
稲姫 ありがとうございます!
思い切ってお願いしてよかった…!
徳川家康 では、以後、この家康、
共に貴殿の志を背負い、
着実に歩みを進めん…泰平の未来へと。
石田三成 そうか。当然の返答だな。
浅井長政 それがしの親友となってくれるのだな!
あはは! それがしは嬉しい!
共にまっすぐ戦国乱世を貫こう!
島左近 では、これからは友と、呼ばせていただきます。 ×
島津義弘 ふっ、やはり、お主もわしの同類か。
戦の…ばくちの刺激から逃れられぬ
ばくちの友よ。
立花誾千代 己が意志で、立花と共に立つことを選ぶか。
よかろう、許す。
以後、無様な振る舞いは許されぬ。心せよ。
直江兼続 うむ!
我らは今より義によって結ばれた同志だ!
ねね うんうん!
はきはきしてて、本当にいい子だよ!
風魔小太郎 クク…戦場に嵐を巻き起こそうぞ。
前田利家 ありがとよ!
一緒に天下に向かって、突っ走ろうぜ!
長宗我部元親 上等…今、俺たちの魂は共鳴を始めた。
その響きが、時代に何を生み出すのか…。
いずれわかる日が来るだろう。
ガラシャ はあっ! 嬉しいのじゃ!
ならば、わらわもそちのため命を張るぞ!
わらわとそちとはダチなのじゃからな!
柴田勝家 奇特な奴よ。…いや。
わしから頼んでおいてその言い草はないか。
以後、頼む。
加藤清正 そうか…これから二人でやっていこう。
目指すもの、
俺とお前で、築き上げていこう。
黒田官兵衛 ほう、泰平のための駒となろうというのか。
自分の情を殺すことを選ぶとは意外だが、
卿なら、と少し期待していたのも事実だ。
立花宗茂 そうか…嬉しい。
ふ…お前、時折、本当にいい笑顔を見せる。
本当に飽きさせないな…。
甲斐姫 ほんと? よかった!
じゃあ、あたしのことは甲斐って呼んでね。
北条氏康 ありがとよ。
足は引っ張らねえから安心してくれ。
竹中半兵衛 嬉しいよ! じゃ、誓いましょー!
俺達、生まれたときはバラバラでも、寝るときは一緒に!
×
毛利元就 はは…よかった…。君の横で、
君がこれから紡ぐ歴史、記せるといいな。
友を得て、なおぞ嬉しき桜花…だね。
綾御前 ふふ…やはり。では、以後、
あなたをこう呼ばせていただきます。
親しきお方…と。
福島正則 おっしゃ! ってか、当然?
これからよろしくな!


断り時


武将名 セリフ 改行
真田幸村 そうですか。残念です…。
前田慶次 そいつは残念だねえ。
ま、今言ったこたあ忘れてくれ。
あんたの武運を祈ってるぜ。
織田信長 クク…無明よ…。
明智光秀 そうですか…。
いえ、気になさらないでください。
上杉謙信 無念。
お市 そうですか…。
すみません、今の話は忘れてください。
阿国 そうどすか…。
…くすん、わやどす。
くのいち そうですか、そうですか。
いえいえ、お気遣いなく…。
雑賀孫市 こんなイイ男を振るなんて…。
イケてないな、お前。
武田信玄 振られちゃったかね…わし、寂しいよ。
伊達政宗 わしの誘いを断るとは…馬鹿め!
濃姫 そ、残念だわ。じゃあね。
服部半蔵 ………………。
森蘭丸 そうですか…。
いえ、蘭ごときの願いで、
どうかお気をわずらわせませぬよう。
豊臣秀吉 うは!
の展開でその返事、普通になしじゃろ…
※ 「 ~の展開で」はゲーム画面通り。
今川義元 も…もしや…
まろは嫌われておったのかの…?
本多忠勝 …無念なれど、致し方なし。
御免!
稲姫 そんな…勇気を振り絞ったのに…。立ち直れない…
徳川家康 左様か…いや、ただ耐えるのみだ。
石田三成 くっ、貴重な時間を無駄にした。
浅井長政 …そ、そうか。すまない。妙な話をしてすまなかった…。許せ。
島左近 そいつは残念だ。
気が変わったら、教えてください。
島津義弘 そうか。では、さらばだ。
立花誾千代 拒否を選ぶか、よかろう。…さらばだ。
直江兼続 なんと! 私の目が曇っていたのか…
ねね ありゃりゃ、断られちゃったよ。
風魔小太郎 クク…それも一興。
前田利家 くっ、つれえが、
こいつは俺の力不足って奴だな。
お前と俺じゃ、釣りあわねえンだな…。
長宗我部元親 そうか。ならば消えるまでだ。
ガラシャ はう…しょんぼりなのじゃ…。
柴田勝家 そうか。邪魔をしたな。
加藤清正 …そか。ま、お前ほどできる奴なら、
俺なんか側にいなくてもやっていけるな。
邪魔したな。
黒田官兵衛 そうか。いや、気にする必要はない。
泰平のために自分を殺せというのだ。
卿が拒絶するほうが論理的な行動だ。
立花宗茂 俺を振るとは、お前、珍しい奴だ。
甲斐姫 がーん!
乙女の想い、踏みにじられたあ…。
北条氏康 やれやれ、振られちまったか。
竹中半兵衛 ひどいよ~。俺の片想いだったんだ~。
でも、こればかりは俺一人で盛り上がっても
どうにもならないしね…。
毛利元就 す…すまなかった。
それじゃ、失礼するよ…。
綾御前 恥ずかしい…。
私の独り合点だったのですね。
失礼いたしました…。
福島正則 んなっ!



コメントの投稿はこちら→情報交換掲示板へ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。