創史演武会話集 > 3


戦前会話・武力/大戦1~3

  • 人生目標「武力」における大戦1~3の戦前会話をまとめてあります。
    締め台詞はこのページでは省いています。 ページ11」にまとめてありますのでそちらをご覧下さい。
    • 大戦1・2は友誼武将候補との会話です。
    • 敵総大将は、プレイ状況により異なります。
      総大将となる武将をPCや雇用武将にすると、代理として他の武将が出現します。
      また、好感度の変化でも他の武将が出現します。通常の敵総大将は以下の通りです。
      大戦1:味方・織田信長/敵・今川義元 大戦2:味方・徳川家康/敵・武田信玄 大戦3:豊臣秀吉
  • 改行チェック中です。ゲーム画面通りと確認が出来た台詞は右端の枠に○をつけています。
  • 既出情報での記載ミスを発見した場合は、修正又はコメント覧にて指摘をお願いします。
    コメントの投稿はこちら→情報交換掲示板へ


大戦1


武将名 セリフ 改行
真田幸村
前田慶次
織田信長 今川義元、我らを一気に併呑せんと、
十倍する大軍にて桶狭間に押し寄せ、
すでに勝ちは決したと休ろうておる…か。
クク…無明よ…。
奇襲をかける!
武威にて是非を…練り倒せ…。
明智光秀
上杉謙信 今川義元、攻め来たり。
現在、桶狭間にて軍馬を休憩の最中。
敵は大軍、我が方は寡勢…。
これ、奇襲の好機。
武にて敵を裂き、
この戦、毘沙門天に捧げん。
お市 大軍にて攻め寄せた今川義元の軍勢は、
今、桶狭間にいます。
奇襲の好機、ですね。
奇襲を成功させるには、
あなたの武が必要です。
どうか…市に力を貸してください。
阿国
くのいち
雑賀孫市
武田信玄
伊達政宗
濃姫
服部半蔵
森蘭丸
豊臣秀吉 今川義元が大軍で攻めてきよった。
今はのんびり桶狭間を進軍中じゃ。
ありゃあ、わしらをなめきっとるわ…。
まあこっちにとっちゃ好都合。
奇襲で敵本陣に突っ込みゃ、
わしら少数の武でも何とかなるじゃろ。
今川義元
本多忠勝 今川義元が大軍にて攻め来たった。
対して味方は敵すべくもない少数…。
敵は我らを前に桶狭間にて休息している。
敵が油断している今こそ、奇襲の好機。
武にて、縦横無尽に戦場を裂き、
大軍を蹴散らさん。
稲姫
徳川家康
石田三成
浅井長政
島左近
島津義弘
立花誾千代 今川義元が大軍にて襲来した。
味方戦力は敵すべくもない少数。
我らは屈服か蹂躙かの二択を迫られている。
だが、そのどちらも立花の趣味ではない。
ゆえに、桶狭間休息中の敵を奇襲し、
武をもって逆転するの道を選ばせてもらう。
直江兼続
ねね
風魔小太郎
前田利家
長宗我部元親
ガラシャ はう! 一大事なのじゃ!
武田信玄が大軍で攻めてきたのじゃ!
これは味方の数ではとてもかなわぬぞ!
教えよ! 桶狭間で休息中の敵をどう倒す?
やはり奇襲か?
武の力で、敵の大将目がけて突っ走るのか?
柴田勝家 武田信玄が攻めきたわ。
敵は味方の十倍。
我らを侮り、桶狭間にて休息中よ。
この隙を突き、奇襲する。
敵の抵抗を破りきれねば、我らが滅亡よ。
武をもって、ただ目の前の敵を討てい!
加藤清正
黒田官兵衛
立花宗茂
甲斐姫
北条氏康
竹中半兵衛
毛利元就
綾御前
福島正則


大戦2


武将名 セリフ 改行
真田幸村
前田慶次
織田信長 上杉謙信におびき寄せられ、
逆撃を受け、味方は潰乱状態…か…クク。
ここで死する者など無価値!
この死地を武にて生き抜け!
彼奴らに我らの恐ろしさ、見せてやろうぞ。
明智光秀
上杉謙信
お市
阿国
くのいち
雑賀孫市
武田信玄
伊達政宗
濃姫
服部半蔵
森蘭丸
豊臣秀吉 武田信玄が大軍で攻めてきよった。
今はのんびり桶狭間を進軍中じゃ。
ありゃあ、わしらをなめきっとるわ…。
ま、こっちにとっちゃ好都合。
奇襲で敵本陣に突っ込みゃ、
わしら少数の武でも何とかなるじゃろ。
今川義元 はて…武田勝頼殿を追撃したつもりが
いつの間にか不利に…?
ここは逃げるしかないの!
死んでは蹴鞠ができなくなるの!
ここは敵を蹴散らす武の力で、
切り抜けるしかない、の!
本多忠勝
稲姫
徳川家康 くうっ、何たる未熟!
武田信玄の挑発に乗せられ、出撃し、
まんまと待ち受けられ、味方は潰乱…!
すまぬ…すまぬ…皆!
今は生きのびるを専一に、
武の力で三方ヶ原の死地を切り抜けるのだ!
石田三成
浅井長政
島左近
島津義弘
立花誾千代
直江兼続
ねね
風魔小太郎
前田利家
長宗我部元親
ガラシャ
柴田勝家
加藤清正
黒田官兵衛
立花宗茂 俺の浅慮だったな…。
武田信玄におびき寄せられ、
逆に叩かれて、潰乱状態か…。
そして気がつかされたな…
俺の浅慮に殉じてくれる者がこんなにいる。
…ならば俺は、武で奴らの活路を開く。
※ 締め台詞不明
※総大将代理時の台詞。
但しゲーム中の味方総大将は織田信雄
甲斐姫
北条氏康
竹中半兵衛 やーらーれーたー! 虚誘掩殺!
武田信玄におびき寄せられ、
逆に叩かれて壊滅状態…軍師の恥だよ!
…なーんて落ち込んでる場合じゃない。
撤退! とにかく武で退路を切り開いて、
立て直すんだ!
毛利元就
綾御前
福島正則


大戦3


武将名 セリフ 改行
真田幸村 豊臣秀吉と、
小牧長久手の地で対するとは…。
この戦、小競り合いでは済まないでしょう。
この大戦を決着に導くのは、
歴戦を勝ち抜いてきた、あなたの武勇です。
前田慶次
織田信長 クク…懐かしき小牧長久手の地に
豊臣秀吉、味方両軍、
大軍勢を連れて参集した…か。
天下布武…武威にて
そのすべてを服せしめよ…。
明智光秀 豊臣秀吉は小牧長久手に陣取り、
一歩も退かぬ構えです。
予想以上に大きな戦になりそうですね。
敵の頑強な陣を崩すには、
強い覚悟と武勇を持つ将が必要です。
そう、あなたのような…
上杉謙信
お市 小牧長久手の地で、
豊臣秀吉と私たちの軍勢の
にらみ合いが続いています。
予想以上の大戦になりそうですね…。
でも、市に不安はありません。
猛々しい武を持つあなたがいるのですから。
阿国 やあん、ぎょうさんの軍勢。
伊達政宗様もうちらも集めも集めたり。
小牧長久手の地でかつてない大戦どす~。
こんだけの兵しばき倒そ思たら、
鬼のような武が要りますえ~。
大きいに気張っていきましょいな。
くのいち この小牧長久手で、織田信長さんたちと
もう長いこと、にらみ合ってるけど。
そろそろ動きがありそうじゃないスか?
今回は激戦の予感がするんだよねえ。
ゆえに我が武を尽くして戦う所存でござる!
雑賀孫市 豊臣秀吉と俺ら、
小牧長久手の地でにらみ合いが続いてる。
こりゃ、でかい戦になりそうだぜ。
こんな大戦に不細工はなしだ。
正面からぶつかる。で、
最終的に強い俺らが生き残るってわけさ。
武田信玄
伊達政宗
濃姫 豊臣秀吉と小牧長久手でにらみ合い。
かつてない大軍と大軍が対する
大戦だというけど…退屈だわ。
ねえ、あの空前の大軍に突っ込んでみせて。
武の力で貫いて、滅茶苦茶にして。
小牧長久手を地獄にしてちょうだい。
服部半蔵
森蘭丸 豊臣秀吉との戦…。
各地から、この小牧長久手に兵が集い、
大戦の様相を呈して参りました。
敵は不動。
この構えを崩すには、岩をも切り裂く、
峻烈な武の刃が必要とされましょう。
豊臣秀吉 小牧長久手に布陣してもう何日かのう…。
敵もなかなか動かん。
大将の伊達政宗は肝の座った奴じゃな。
よっしゃ!
鳴かぬなら鳴かせてみようホトトギス。
わしらの武で、戦を動かしちゃるわ!
今川義元 豊臣秀吉殿と小牧長久手で戦じゃの。
両軍、ものものしい数じゃの。
蹴鞠相手に事欠かぬ、の!
じゃが…敵は動かぬゆえ、つまらぬの…。
鞠をぶつければ、動くかの! の?
そちも武の力で当たり、敵を動かすの!
本多忠勝 この小牧長久手の地に集いし、
豊臣秀吉と我らが千軍万馬。
にらみあいて堰を切りあふれんとする戦意。
この兵と槍との洪水を渡りきり、
勝利をつかみうるは、
ただ真武のみよ。
稲姫 私たちは豊臣秀吉と小牧長久手の地で、
対峙することになりました。
豊臣秀吉は…微動だにしません。
大軍を率いていながら、動かぬとは…。
不埒です!
私たちの武で、成敗しましょう!
徳川家康 背負いし荷がため、譲れぬ思いがある。
小牧長久手の地に大軍を率いて対する
豊臣秀吉と我らが思いは一つ…。
武にて勝利を納めし者のみが、
その泰平への思いを未来につなげる…。
我らの思いがこの両手の武にかかっておる。
石田三成 小牧長久手の地で、
豊臣秀吉と戦うこととなった。
大きな戦になるだろう。勝利のためには、
お前の武が必要だ。
浅井長政
島左近 両軍とも一歩も退きませんな。
敵ながら豊臣秀吉の軍も、
よく統制されている。
この小牧長久手のにらみ合いを崩すには、
相応の武が必要でしょうな。
島津義弘 ふん、たかが戦、それを
この小牧長久手に豊臣秀吉も味方も
よう人数を集めおったものよ。
数などいくら集めようと
鬼の武で吹き飛ばしてやるだけよ。
立花誾千代 小牧長久手に
豊臣秀吉、味方両軍、
大軍勢を連れて参集したな。
大軍に立花の武威を見せつける。
貴様も立花に続け!
直江兼続 豊臣秀吉と小牧長久手で戦となった。
双方、大兵を擁すも微動だにしない。
訓練が行き届いているな。
こうした局面を打破できるのは、
お前のような勇士の武かもしれぬ。
ねね
風魔小太郎 豊臣秀吉と小牧長久手でにらみ合い…。
兵が兵を呼び、大戦の気配が立ち込める。
クク…我は愉しい…。
獲物には事欠かせぬぞ。
さあ、壊せ、倒し尽くせ…。
うぬの武の心が、満たされるまで。
前田利家 豊臣秀吉と小牧長久手で戦だ。
大軍同士がにらみ合って動かねえ。
じれったい戦だぜ…。
敵の堅てえ守備崩すには、
相当な武が必要だな。
お前の暴れっぷり、期待してンぜ。
長宗我部元親 豊臣秀頼は、時代を意志する者だ。
この小牧長久手に大軍を率いて現れたのが、
何よりの証…。
奴が本気でぶつかろうとしているならば、
お前も、その武で応えてやらねばならん。
それが時代を創ることになる。
ガラシャ はあ! 何という大軍なのじゃ!
豊臣秀吉も味方も
この小牧長久手によう集まったのう。
兵の負担も大きいであろう…。
ダチであるそちの武で助けて欲しいのじゃ。
頼まれてくれぬか?
柴田勝家
加藤清正 枯れ木も山の賑わいと言うが、
小牧長久手に集まった豊臣秀吉の軍、
俺らを越える大軍だな。
手間だが、放ってもおけん。
俺とお前の武で刈り尽くすぞ。
黒田官兵衛 織田信長と小牧長久手に対峙している。
敵味方の兵数は双方とも大軍と言っていい数だろう。
どちらが敗れても構わぬ。
天下の大きな火種が消えるのだからな。
どちらを消すか、卿の武が決するとよい。
立花宗茂
甲斐姫 豊臣秀吉と小牧長久手で対戦ね。
にらみ合って我慢してるけど…。
そろそろ限界だなあ。
敵が動かないなら、強引に動かすのも手ね。
あたしたちの武で、
ちょっとびっくりさせよっか?
北条氏康
竹中半兵衛 わーお、すっごい大軍だね~。
豊臣秀吉、味方両軍、小牧長久手に、軍勢を集めも集めたり…。
疲れるなあ~。
君の武であの大軍ぶっ飛ばしてよ。
そうすれば、俺も楽して勝てるしさ!
毛利元就 これはこの国の歴史上ない規模の戦いだよ。
小牧長久手に集った敵・豊臣秀吉軍と我が軍、壮観だねえ。
これは時代が動くよ。
まあ、この大 軍と戦う将には負担かかるけど
そこは持ち前の武で何とかしてもらうさ。
君の名人芸、期待しているよ。
×
綾御前
福島正則 豊臣秀吉と小牧長久手で我慢比べ…
くうう、ダメだ。もう我慢できね、俺。
ぶっこもうぜい!
敵が動かねえのなら、動かしてやるのみ!
俺たちの勇猛果敢な武力でよ!



コメントの投稿はこちら→情報交換掲示板へ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。