創史演武会話集 > 5


戦前会話・知力/大戦1~3

  • 人生目標「知力」における大戦1~3の戦前会話をまとめてあります。
    締め台詞はこのページでは省いています。 ページ11」にまとめてありますのでそちらをご覧下さい。
    • 大戦1・2は友誼武将候補との会話です。
    • 敵総大将は、プレイ状況により異なります。
      総大将となる武将をPCや雇用武将にすると、代理として他の武将が出現します。
      また、好感度の変化でも他の武将が出現します。通常の敵総大将は以下の通りです。
      大戦1:味方・上杉謙信/敵・武田信玄 大戦2:味方・武田信玄/敵・織田信長 大戦3:徳川家康
  • 改行チェック中です。ゲーム画面通りと確認が出来た台詞は右端の枠に○をつけています。
  • 既出情報での記載ミスを発見した場合は、修正又はコメント覧にて指摘をお願いします。
    コメントの投稿はこちら→情報交換掲示板へ


大戦1


武将名 セリフ 改行
真田幸村
前田慶次
織田信長
明智光秀
上杉謙信 武田信玄との闘争の鐘は鳴れり。
戦いの地は川中島。
彼我の戦力は拮抗。
軍略を戦わせ、
知略にて勝利の杯に口づけん。
お市 武田信玄の軍勢は、
川中島に陣を敷き、私たちと戦うようです。
戦力はほぼ互角…。
なれば、この戦、賢いほうが勝ちますね。
阿国
くのいち
雑賀孫市
武田信玄
伊達政宗
濃姫
服部半蔵
森蘭丸
豊臣秀吉
今川義元 北条氏康殿が、
川中島で戦いを挑んできた、の!
戦力は五分のようじゃの。
勝つには、頭が必要かの?
まろは鞠を頭でさばくゆえ、
皆は知略をもって勝つがよい、の!
本多忠勝
稲姫
徳川家康 川中島で、武田信玄が、
我らに戦いを挑んできた。
彼我の戦力は拮抗しておる。
ふむう。
これは、展開を読み合う戦…
知が試される戦となろう。
石田三成
浅井長政
島左近
島津義弘
立花誾千代
直江兼続
ねね 武田信玄が川中島で戦を挑んできたよ。
もう!何でも武力で
解決しようとする悪い子だね…。
乱暴な子は、
頭を使って懲らしめないとね。
風魔小太郎
前田利家
長宗我部元親
ガラシャ 武田信玄と川中島で戦なのじゃ!
兵力は拮抗しておる。
むむ…五分五分でぶつかれば、
双方とも被害は馬鹿にならぬのじゃ!
これは知恵を絞って何とかせねばのう…。
柴田勝家
加藤清正
黒田官兵衛
立花宗茂
甲斐姫
北条氏康
竹中半兵衛
毛利元就
綾御前
福島正則
加藤嘉明 今回の敵勢…武田信玄が、
川中島に布陣しました。
実力は互角。兵数もまた五分。
なれば、この戦を決めるのは、信念。
そして、戦局を動かす軍略でしょう。


大戦2


武将名 セリフ 改行
真田幸村 織田信長討伐に長篠まで来ましたが、
敵の陣営に奇妙なものが…。
あれは、柵、でしょうか。
騎馬なら踏み倒せそうですが…。
油断はできません。
あの策の狙い、読むことができれば…。
前田慶次
織田信長
明智光秀
上杉謙信 明智光秀を討たんと、
長篠に兵を進めつ。
敵は柵を巡らせ、
我らを討たんと待ち受けたり。
その児戯、知略にて破るべし。
お市
阿国
くのいち 長篠の敵陣に張り巡らされた、あの柵…。
織田信長さん、何か企んでるっぽいね。
目的がわかれば、裏をかいたりもできそう。
この戦、どっちの頭が冴えてるかで、
勝負が決まっちゃうかもねぇ。
雑賀孫市
武田信玄 織田信長を討つべく出陣したが…。
奴め、長篠の地に、
あんな長大な柵を作りおって。
…わしは何となく読めたよ。
この戦、知恵を働かせずば負ける。
慎重に、じっくりと、進むのがいいよ。
伊達政宗
濃姫
服部半蔵
森蘭丸
豊臣秀吉
今川義元
本多忠勝
稲姫
徳川家康
石田三成
浅井長政
島左近
島津義弘
立花誾千代
直江兼続
ねね
風魔小太郎
前田利家
長宗我部元親
ガラシャ
柴田勝家
加藤清正
黒田官兵衛
立花宗茂
甲斐姫
北条氏康 明智光秀を討つために
長篠に来てみりゃ…何だ? あの柵は。
野っぱらにすらっと…妙な眺めだぜ。
ま、何にせよ魂胆はあるだろうぜ。
頭使って考えて、進軍するこったな。
竹中半兵衛
毛利元就
綾御前
福島正則
武田勝頼 織田信長討伐に長篠まで来ましたが、
敵の陣営に奇妙なものが…。
あれは、柵、でしょうか。
騎馬なら踏み倒せそうですが…。
油断はできません。
あの策の狙い、読むことができれば…。


大戦3


武将名 セリフ 改行
真田幸村
前田慶次
織田信長
明智光秀
上杉謙信 敵は徳川家康。
小牧長久手の地に大軍と大軍がにらみ合い、
長き時が過ぎた。
示せ、
かつてなき大いなる軍兵と敵の構えを欺き、
勝利をつかみ取るその知略を。
お市 このにらみ合いはいつまで続くのでしょう。
徳川家康を主とする敵勢は、
小牧長久手に陣を敷いたまま動きません。
何かよい知恵はないでしょうか。
動かぬ敵を釣り出すような…
有能なあなたなら、思い浮かぶはずです。
阿国 大軍同士の戦ちゅうんも鈍なこっとすなあ。
小牧長久手の地で、徳川家康様と
にらみ合うて、もう大分となりますぅ~。
勝つためには、まずはお相手釣り出さんと、
勝負にもならしません。
ここは、お知恵の出番どすえ~。
くのいち 今、偵察してきたけどさあ。
小牧長久手に陣取ってる徳川家康さん、
全然動く気配がないよ。
このままじゃ、退屈だしぃ…。
ちょっとつついて、誘い出してみる?
そうする? そうしよ、ね!
雑賀孫市 はあ…徳川家康とのにらみ合いも
飽きてきたぜ。
奴ら小牧長久手で一歩も動かねえ…。
不動の大軍を動かすような、
案を考えなきゃいけねえってことか。
女性の攻略法ならすぐに思いつくんだが…。
武田信玄
伊達政宗 我が軍と徳川家康。
共に大軍勢を率い、小牧長久手に陣取った。
この戦、先に動いたほうが不利となる。
知略にて敵を釣り出し、
戦を有利に進めねば…。
濃姫 織田信雄と小牧長久手でにらみ合い。
かつてない大軍と大軍が対する
大戦だっていうけど…退屈だわ。
ねえ、あの空前の大軍をかきまわして。
知略で翻弄して、滅茶苦茶にして。
小牧長久手を修羅場に変えてちょうだい。
服部半蔵 敵…徳川家康、
小牧長久手にて不動の構え。
知略で膠着を崩せ。
森蘭丸
豊臣秀吉
今川義元 徳川家康殿と
小牧長久手でにらめっこ、じゃの…。
誰も蹴鞠の相手をしてくれぬ…つまらぬの。
そちの知とやらで、敵を動かせぬかの?
そうしたら、皆で楽しく蹴鞠れる、の!
本多忠勝 小牧長久手の地に集いし、
徳川家康と我らが千軍万馬。
かつてなき大戦が繰り広げられよう。
ひとつ指揮を誤れば、多くを損なう戦よ。
戦果てし後を見すえたる知略こそ、
求められよう。
稲姫 徳川家康と小牧長久手の地で
にらみ合い…。
敵味方とも一歩も退かない構えですね。
何か敵を引き出すような方策が必要です。
頭のよいあなたなら、
妙案が思い浮かぶかも…。
徳川家康
石田三成 我らと徳川家康。
小牧長久手で
長きにわたって対陣している。
そろそろ戦局を動かさねばな。
お前の知略に期待している。
浅井長政 すごい大軍だ!
この小牧長久手にいる敵・明智光秀軍と
我が軍の数、これまでにないほどだそうだ。
これだけの大軍を動かすとなると、
ものすごく頭を使うな。
よし! 我ら、知恵を絞ろう!
島左近 小牧長久手の地で、両軍動かず。
ここまで来ると、
先に動いた方が負け、ですな。
徳川家康の軍勢を釣り出すには、
相応の軍略が必要でしょうな。
島津義弘
立花誾千代 小牧長久手に
徳川家康、味方両軍、
大軍勢を連れて参集したな。
小回りが利かぬ大軍同士の戦こそ、
立花の知略の見せどころだ。
貴様も立花に後れるな!
直江兼続 徳川家康と小牧長久手で戦となった。
双方ともに、
軍を動かす機を計っているようだ。
敵を先に動かしたいものだが…。
義の同志よ、何かいい知恵はないものか。
ねね 徳川家康と小牧長久手で
にらめっこだね。
全然動かないなんて…困ったよ。

何とか徳川家康を動かしたいね。
いい知恵が浮かんだら、すぐに言ってね?
※空白行はゲーム画面通り。
風魔小太郎 徳川家康と小牧長久手で対峙。
大軍同士、なかなか動けずにいる…。
策を弄し、敵を釣り出すがよい。
緊張と闘志に乱された人間の情が、
暴発する前にな…クク…
前田利家
長宗我部元親
ガラシャ はあ! なんという大軍なのじゃ!
柴田勝家も味方も
この小牧長久手によう集まったのう。
ダチとわらわで知恵を絞らねば、
この大軍がまともにぶつかり、
被害が大きくなる…助けてくれぬか?
柴田勝家 徳川家康と我ら…
かほどの大軍が小牧長久手でにらみ合いか。
時代は…変わってゆくのだな…。
ただ目の前の敵を討っても戦は動かぬ。
知略をもって、この数千数万の兵を
ぶつけ合わねばなるまい。
加藤清正 徳川家康と味方両軍これだけの大軍を率いて来ながら、
小牧長久手でにらみ合いだと…。
…馬鹿か。知恵があるなら、
長陣で士気が落ちきる前に戦を決するぞ。
黒田官兵衛 徳川家康と小牧長久手に対峙している。
敵味方の兵数は双方とも
大軍と言っていい数だろう。
どちらが敗れても構わぬ。
天下の大きな火種が消えるのだからな。
ただ我らの知謀があるだけ、味方が有利か。
立花宗茂 小牧長久手の徳川家康と味方の大軍、
これまでの歴史にない数の大軍だと言うが、
なあ、それ、誰が数えたのかな?
俺がどうでもいいことを言ってるって?
その通りだ。なぜなら、こんな数、
俺たちの知の前には、無意味だからな。
甲斐姫 徳川家康と小牧長久手でにらみ合って、
もう何日よ...。
長い戦はお肌の敵だっつのに...。
こうなったら、
あたしたちのとっておきの知略で、
敵を釣り出してやりましょ!
北条氏康
竹中半兵衛 むっはー、人ってこんなにいるんだね~。
徳川家康、味方双方、小牧長久手に、
軍勢を集めも集めたり…。
この大軍相手に楽に勝とうと思ったら、
神算鬼謀を巡らさないと、だよね。
じゃ、一緒に考えていこ~!
毛利元就 これはこの国の歴史上ない規模の戦いだよ。
敵・徳川家康も味方も、小牧長久手に
よくもこれだけ兵をかき集めたもんさ。
やれやれ、これだけの大軍を手足のように
動かすとなると、知恵を絞りきらないとね。
ま、やるしかないってことか。
綾御前 徳川家康と小牧長久手の地でにらみ合い
もうどのくらいになるのでしょう…。
大軍同士の戦は動きが鈍くて退屈ですね。
敵を釣り出し、翻弄してさしあげて、
知略というものを
才なき敵に披露してあげましょう。
福島正則 徳川家康と小牧長久手でにらみ合い…。
くうう、ダメだ。もう辛抱できね、俺。
何とか敵を釣り出せねえかな。
いい知恵ねえかなあ、な?
お前の頭はこういう時のためにあんだよ!



コメントの投稿はこちら→情報交換掲示板へ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。