創史演武会話集 > 13


戦後会話・友誼武将/大戦4~真決戦

  • 友誼武将の大戦4~真決戦の戦後会話をまとめてあります。
    • 会話内容は、目標に関わらず大戦ごとに同じです。
  • 改行チェック中です。ゲーム画面通りと確認が出来た台詞は右端の枠に○をつけています。
  • 既出情報での記載ミスを発見した場合は、修正又はコメント覧にて指摘をお願いします。
    コメントの投稿はこちら→情報交換掲示板へ


大戦4


武将名 セリフ 改行
真田幸村 この戦で、悟りました。
私たちが天下を取ることで、
私たちが目指すものも得ることができると。
天下を狙うことで、敵も増えましょう。
ですが、私には頼れる友がいる。
何も恐れることはありません。
前田慶次 時代を動かす戦ってえのは面白いねえ。
あんたがデカい志を持ってりゃあ、
この先も、こういう戦ができるってことか。
はは! そのいばらの戦道、
戦さ人・前田慶次、
どこまでも付き合わせてもらおうかあ!
織田信長 また、時が、進んだ。
乱世は、収束へ、近づく…クク…。
人が動けば、時が、世が動くが一定…。
うぬのごとく、志大きくばなおよ。
恐れるな! 無限に駆けよ!
明智光秀 この戦で悟りました。
天下を得ることが、
我らの望みをかなえる道につながっている。
もう…留まることは許されません。
目指すものため、突き進みましょう!
上杉謙信 何を目指すにせよ、
闘争によらねば、道は開かれぬ。
そして、闘争は時代を動かし、創るもの。
知れ…これよりの戦、
汝が前には天があると、
そして汝の横には謙信があって支えると。
お市 この勝利で、気づきました、
天下統一の大業と私たちの夢が、
非常に近いものであると…。
天下を目指せば、夢もかなう。
他の勢力も黙ってはいないとは思いますが、
私たちの未来のため、前に進みましょう。
阿国 この戦で、天下は大きいに動きましたなあ。
うち…実感しました。
うちらの目指すモンの先には天下がおす。
そして…その先には出雲の…うふふ。
それまでせーらいうちが支えますよって、
怖がらんと、前に進みましょいな。
くのいち なんかさ、ウソみたい。
本当に天下が見えてきちゃったね…。
正直、あたしには重たいけど…。
そうも言ってられないよね。こうなったら、
行けるとこまで行くしかないでしょう!
雑賀孫市 何とか勝ったな…。
俺たちの夢のため、負けは許されねえ。
でも、こうして勝ち続けたら、
天下もそのうち取れちまうんじゃねえか?
ま、そんな軽いモンでもねえか…。
武田信玄 また勝っちゃったのう。
こうして天下に近づくことで、
わしらの目標も近くなる。
民のため、兵のため、
もうひと頑張りせねばな。
伊達政宗 我らの戦が天下を動かしておる。そうは思わぬか?
我らが目指すものに突き進めば、天下も後からついてくる。
それだけ我らの存在は大きゅうなったのよ!
濃姫 ふふ、笑えるわ…。
勝った…すると天下がすぐそこにあった…。
私たちの夢が、天下を動かしてるの…。
すごく刺激的…。
ねえ、これからも一緒にいさせて…。
ずっと私を離さないで…。
服部半蔵 勝ったか。夢は、天下の先にある。
森蘭丸 この戦で、時代は大きく動きました。
天下の行く末と、私たちが目指すものが
ぴたりと重なりましたね。
泰平は怖いです…蘭は無用になりますから。
でもあなたの夢への途中に泰平があるのなら
蘭も微力ながら、お力になりたいのです。
豊臣秀吉 秀吉「この戦で時代は大きく動いたわ…。
わしらは勝つごとに天下に、
そして、夢に近づいていくんさ。
こっから先も勝ちに行くで。
天下取って、夢かなえて、
笑顔で乱世を終わらせようや。
今川義元 この勝利で、まろは確信したの。
まろたちが勝つことで夢に近づく。
そして、天下に近づく。
まろとそちの蹴鞠道における和の心こそが
早く乱世を終わらせ、
夢いっぱいの天下を創るの!
本多忠勝 見事な戦、御身が槍として誇らしい限り。
戦果てし後の世、
この戦にて大きく近づいた。
いつの間にか、我らの戦い、
天下と無関係ではいられなくなったのだな。
思えば、共に長く戦ってきたものだ。
稲姫 この戦で、はっきりとわかりました。
天下を統一すること、夢をかなえること。
二つは、同じなのですね。
一緒に行きましょう。夢へ、そして天下へ。
こんなに頼れる友達がいるんですもの、
何も恐れることなどありません!
徳川家康 お見事。この戦にて、世が変わった…。
泰平が一歩近付き、
我らは天下という荷を負うこととなった。
夢を目指しての我らの戦いも、
もはや我らのみの戦いにあらず…か。
我らの背負う荷、ますます重うなったな。
石田三成 この勝利で、天下にまた一歩近づいた。
しして、同時に俺たちの夢にもまた一歩…。
俺たちの掲げた理想は、天下統一、
いやそれ以上に厳しいものかもしれぬ。
だが、俺たちなら必ず…成し遂げられよう。
浅井長政 はは、すごいな、この戦で天下が動いた。
そなたの器の大きさは、
時代を動かすまでになったのだな。
よし、このまま我らで天下を取ろう!
そなたと共にいれば、それが可能だ!
これからも共に志へまっすぐに駆けゆこう!
島左近 この戦で、悟りましたよ。
天下を取れば、俺たちの夢もかなう。
ま、口で言うのは簡単ですが…。
信頼できる友と一緒なら、
不可能ではないと思いますよ。ね?
島津義弘 お主の戦は痛快な戦よ、我がばくちの友。
だが…この戦で乱世も先が見えてきた。
志を目指すうち天下が見えたか、面白い。
ぬるき泰平の到来は、つまらぬが…
ふっ…と言って、お主の志を支えること、
わしは怠りはせぬよ。安心せよ。
立花誾千代 貴様の働きで乱世の先が見えてきたな。
立花と共に立つ者として心せよ。
我らの志の先には天下がある。
我らの目指すものの重みは並大抵ではない。
だが、立花と共に立つ者ならば、
その程度の重荷、軽々と持ち上げて見せよ。
直江兼続 この戦で時代が大きく動いた。
そして、我らの夢が、
天下の先にあることも気づかされた…。
同志よ、いばらの道を共に進もう。
夢をかなえるため、そして義と愛のために、
何としても天下統一を成し遂げねば!
ねね この戦で天下が近くなったね。
ね、天下取れば、あたしたちの夢もかなうのかな?
だったら、一緒に天下目指そ?
大丈夫、あたしが側にいるもん。
ガンバれば、きっと天下も取れるよ!
風魔小太郎 この戦で気づいたようだな。
うぬが目指すものは、天下の先にあると。
戦いなくして、得られぬものであると…。
ならば、眼前の敵を破壊し尽くせ。
天下の先の先までな…クク…
前田利家 なあ、この戦で何か変わった気がしねえか?
うまく言えねえけど、天下の行方と、
俺たちの夢が重なったっていうか…
天下取りゃ、夢もかなう。
なら、このまま
一緒に突っ走るしかねえよな!
長宗我部元親 俺たちが進むべき道は、
すでに開かれた。
この先、お前が背負うものが、
どんなに重くても、俺がお前を支える。
俺の手は、お前を放さない。
ガラシャ ほむ。
この戦で、わらわとそちの進む先に、
天下が見えてきたのじゃ。
いずれ行く手に天下があるのなら、
優しき世が創りたいのじゃ!
そちとわらわなら、きっと可能なのじゃ!
柴田勝家 時代が、動いたな…。
…何も言うな。
わしはわぬしと共にある。
それは変わらぬ。
加藤清正 この戦で、俺とお前の天下が近づいたな。
俺たちが築いてきたもの…
そして、俺たちの天下…か…。
これは俺たちの家だ。
これから何が立ちふさがろうと
絶対、壊させやしない。…お前のためにも。
黒田官兵衛 この戦で、世は大きく動いた。
天下の行く末と、私と卿が目指すものが
重なったとも言える。
これからも共に火種を消し、泰平への道、
卿が目指すものへの道を突き進むのみだ。
多少、反感や犠牲が伴うやり方でもな。
立花宗茂 この戦で大きく動いたな、天が。
当たり前か、俺とお前という風が
吹き荒れたのだから。
天下の行く末と、俺たちが目指すものが
重なったとも言える。
ふ…面白くなってきたと思わないか?
甲斐姫 よし、勝った!
これであたしたちの夢に一歩前進!
そしてこの勝利は、みんなの夢…
天下泰平にも近づく一歩なんだね。
はは…なんか責任重大だ、あたしたち。
北条氏康 おう、この勝利で夢に一歩近づいた。
そして夢を追ってるうちにいつの間にか、
天下でも有数の勢力になっちまったな。
もう、俺らの夢は万民の夢になりつつある。
胡散臭せえし、少々荷が重いがよ、
背負っちまった以上、勝手に降ろせねえな。
竹中半兵衛 この戦で、時代は大きく動いたね。
天下の行く末と、俺たちが目指すものが重なったとも言えるかな。
ま、だからって俺たちは変わらないけどね。
皆が寝てられる世を作るため、
これからも一緒にやっていこー!
毛利元就 この戦いで乱世の先に泰平が…
そして我々の先に天下が見えてきたね。
私としては早く平和になっ てほしいものさ。
平和の中の無為こそ、私の望みだからね。
それまで一緒に、死なないよう戦い抜こう。
綾御前 この戦で、時代は大きく動きました。
天下の行く末と、私たちが目指すものが
重なったとも言えるでしょう。
この先、さらに厳しい戦いが待っています。
ですが、恐れずに進みなさい。
私があなたのかたわらにいますから。
福島正則 しゃあ! また勝ったぜ!
…って、あれ?
いつの間にか、俺ら注目の的じゃね?
「夢に突っ走ってたら、天下が見えてきた」
くーっ! これぞ乱世の宿命って奴?
しゃあ! この調子で勝ち続けるぜ!


決戦


武将名 セリフ 改行
真田幸村 天下はこれで一つとなる…。
ですが、世は移ろうもの。
また乱が起こるやもしれません。
…たとえ世が変わっても、
私とあなたの友誼は変わりません。
今後も末永くお願いいたします。
前田慶次 終わったねえ。
天下を脅かす勢力は、もうどこにもいない。
今日を限りに、乱世は仕舞いだ!
…と、そう簡単にはいかねえ気もするが、
今は泰平の到来を愉しむとしようか!
織田信長 勝利よ…これにて天下布武は成った。
だが、乱世は終わらぬ。
歩みを…留めるな。
明智光秀 天下の大勢は決しました。
しかし、まだ状況は予断を許しませんね。
ですが、私は悲観していません。
私には…あなたがいますから。
我らが歩む先にはきっと
戦なき世が待っていると信じていますから。
上杉謙信 我ら、共に、一巻の闘争を天に捧げ、
乱世を打ち祓いぬ。
しばし、汝と共に泰平に身を委ねようぞ
お市 天下の形勢はほぼ決しましたね。
戦はまだ続くでしょうが、
徐々に、少なくなっていくでしょう。
泰平の世は、もうすぐそこに…。
これからも力を合わせて、
歩んでいきましょう!
阿国 やあん、大勝利!!
これでうちらの天下が決まりましたえ。
うち、ほん嬉しおす~!
この先もずっとごー緒させとくれやす~。
出雲の根の国往ぬまでずっと…ずっと…。
くのいち 勝った!勝っちゃったよ!
ま、あたしたちなら、当然の結果かな?
これで乱世は終わり!
忍び稼業も店じまい…になるのかな?
ま、心配しても仕方ないか。ね?
雑賀孫市 まだちょっときな臭いところもあるが…。
これにて一件落着、でいいんだよな?
ま、考えても仕方ねえか。
つかの間の平和を楽しむとしようぜ、相棒!
武田信玄 終わったのう。
次なる大戦の影も見えんでもないが…
今は心配しても仕方がないよ。
大丈夫。おこととわしがいれば、
そんな戦もちょちょいと片付いちゃうよ。
伊達政宗 天下は一応、泰平となったか…。
だが、中身はまだ定まっておらぬわ。
中身なき器は壊れやすきもの…。
この先、もう一波乱起きるやもしれぬ。
貴様も油断するなよ。
濃姫 いつもながら素敵な戦だったわ…。
これで乱世は去り、天下は私たちの手に。
めでたし、めでたし…。
なんて嫌。それだけじゃつまらないわ。
できればもう一波乱あってほしいものね。
また、あなたと地獄を体験できるように。
服部半蔵 天下の趨勢は決まった。
危機来たらば、閻より駆けつけよう。
今は、さらばだ。
森蘭丸 この勝利で天下は決した…のでしょうか。
蘭にはまだ、不穏な空気が感じられます。
思い過ごしだとよいのですが…。
ふ…泰平が怖い蘭の戯言です。
いえ、泰平も怖くない…。
あなたの隣にいられれば、怖くありません。
豊臣秀吉 天下分け目の戦は終わったわ。
さて、こっからが大仕事じゃな。
真の泰平をいかに実現させるか…。
おっと、逃がさんで。
わしらの望む次代は、
お前さんの力なくしてあり得んからな。
今川義元 すべて丸う収まったの! の?
ん? 浮かぬ顔じゃの?
まだ戦は続こうかの…?
人の世は移ろいやすきゆえの…。
じゃが、そちとの友情は不滅じゃの!
安心するがよいの。
本多忠勝 この決戦、我らが制した!
二つに割れし日本もこれで再び一つとなり、
我らの望む形で泰平を築けよう。
この先も、拙者は御身の槍として
御身に添っていこう。
今後、また何が起きようと、共に。
稲姫 天下分け目の決戦が終わりました。
しばらくは…天下は安泰でしょう。
真に戦がなくなる日を目指して、
手を取り合って、進みましょう。
いつか乱世を完全に成敗せねば!
徳川家康 天下分け目の戦い…制したり!
これで天下は我らの下、
泰平へと歩みを進めることとなろう…!
だが、勝って兜の緒を締めよ、という。
まだ乱世は完全に終わったわけではない。
これからも、この家康、共に戦おうぞ。
石田三成 天下の決着は一応ついた。
だが、真の太平にはまだ程遠い。
泰平となる日まで、俺と共に歩んでほしい。
お前がいると、その…心強いのだ。
浅井長政 やった! 天下分け目の戦いに勝ったぞ!
これで我らの夢は実現し、
皆が仲よく暮らせる世を創れる!
この泰平、守っていかなくては…!
そなたとそれがし、
これからも共に戦っていこう!
島左近 大勢は決したね。
これで天下は一応、落ち着くでしょう。
またすぐ、そわそわしだすと思いますがね。
おっと、不安を煽っちまいましたか?
大丈夫ですよ。何が起ころうと、
あんたには俺がついてますから。
島津義弘 最後のばくち、大勝ちで締められたな、
我がばくちの友よ。
これで乱世も終わりかと思うと滅入るな。
お主と共にもう一勝負、
大きなばくちに臨みたいものよ。
立花誾千代 勝利し、天下は我らの支配下に収まったか。
当然だな。
だが、戦いは終わらぬ。
これよりは共に泰平を築く戦いが始まる。
覚悟しておけ、
乱世はすんなりとは終わるまいからな。
直江兼続 天下は一応の決着を見たな。
だが、同志よ、油断はするな。
私の見立てだと、もう一波乱ありそうだ。
皆が真の安らぎを得るまで、
義と愛を胸に、共に戦い抜こう!
私はお前となら、どこまでも歩める!
ねね 天下はようやく定まったのかな?
まだ戦いは全部終わったわけじゃないけど、
これで少し落ち着くね。
ここまでよくガンバったね。
本当に偉かったよ!
ご褒美においしいもの、作ったげるね!
風魔小太郎 この勝利で天下の形勢が決まった?
クク…うぬにも、見えているであろう。
次なる乱の風はもう吹いている…。
共に眺めて、愉しもう。
乱の予兆に目を背け、
偽りの泰平を謳歌する人間どもをな。
前田利家 天下はほぼ決まったな。
でもこの平和を維持すンのが、大変なんだ。
ちょっとでも隙見せりゃ、戦ンなる。
俺、お前となら、
天下背負って、前に行ける気がする。
一緒に戦のねえ世、創ってこうぜ!
長宗我部元親 上等…。
お前は、お前の成すべきことを成した。
だが、俺にはまだ聞こえる。
乱世の延命を望む、暗き魂の響きが…。
覚悟しておけ、まだ終わりはしない。
ガラシャ 勝ったのじゃ! 世は泰平になるのじゃ!
ダチと二人での勝利ゆえ嬉しさもひとしお!
必ず優しき世を創ってゆこうぞ、ダチよ!
わらわはこの泰平を永遠にしたいのじゃ。
教えよ! どうすればよいのじゃ?
これからも二人で戦い抜けばよいのか?
柴田勝家 まあ…見事よ。
だが、油断はするな。
乱世は終わりきっておらぬ。
加藤清正 勝った…いや、築き上げたな。
俺とお前が目指してたもの、
そして俺たちの天下…俺たちの家を。
これからの戦いは、
この俺たちの家を守る戦いになるな。
俺たちの何にも代えがたい大事なものを…。
黒田官兵衛 見事な活躍であった。
まだ消すべき火種は残っているが…
これで泰平は導かれたと言えよう。
我らのこれからの仕事は、
その火種にこの泰平が崩されぬよう、
共に確固としたものとしていくことだな。
立花宗茂 勝った…。
勝ち取ったのは、たかだか十数年の平和。
だが、お前と築ける泰平の世だ。
再び乱が起こるなら、また戦うまでだ。
俺とお前の泰平が確固としたものとなり、
長く長く続くようにな。
甲斐姫 ふぅ、天下は何とか定まったわね。
まだ、いろいろ問題はありそうだけど…。
ま、戦士たちにも休息は必要よね。
ね、今度一緒に買い物にでも行かない?
北条氏康 天下は一応定まったが、
またいつ大きな戦が起こるかわからねえ。
いったん、国に帰るか…。
お前も家族に顔を見せてこい。
行く所がなけりゃ、俺の家に来な。
かみさんと一緒に歓迎するぜ。
竹中半兵衛 勝ったね、おめでと!
乱世の終わりももうすぐだ。
皆が寝て暮らせる世は…うーん、どうかな。
ま、俺たちでゆっくり創っていけばいいよ。
これからも一緒に戦い抜こー!
毛利元就 やれやれ、ようやく乱世が終わったね。
これで私も戦から解放されて、
歴史の著述に専念できるわけだ。
あ…だが…君にいなくなられると…困る。
私は…その…ダメな人間だし、
書き進めていた君の英雄伝も終わっていない。
綾御前 親しきお方、あなたの気概により
我らは勝利し、天下は決しました。
あとは泰平への道を突き進むだけ。
乱世の果てをあなたと共に迎えること、
綾の誇りです。
親しきお方…これからもずっと一緒に…。
福島正則 しゃああ! 俺たちの天下、来たコレ!
って、何だよ、喜びを分かち合おうぜ?
何、難しい顔してんだよ…。
これからまだ戦が続くってのか?
ふーん。ま、そうなったらまた戦うだけよ。
俺たち最強軍団に死角なし! だろだろ?


真決戦


武将名 セリフ 改行
真田幸村 これで乱世は、終わりへと向かうでしょう。
生きて、この時を迎えられるとは…。
これもあなたのおかげです。
乱世終わりし時まで、いえ乱世の先まで、
私はあなたの生き様を見ていたい。
あなたの無二の友として…。
前田慶次 あんたの生き様に惚れて、ここまで来たが、
随分と愉しませてもらったねえ。
改めて礼を言わせてもらおうか。
泰平の世じゃ、戦さ人は暇になっちまうが、
あんたといりゃあ退屈はしねえだろう。
まだまだ、付き合ってもらうぜ?
織田信長 クク…フフフ…ハハハハ!
乱世もついに果てたか!
だが、止まるな、駆け続けよ!
信長と共に、無限に…な。
明智光秀 ついに、ここまで来ましたね。
この日を、友であるあなたと迎えられて…
私は本当に幸せです。
人の痛みや悲しみを知るあなたならば、
人に優しい世が創れる…これからも共に、
歩んでいただけると嬉しいのですが…。
上杉謙信 乱世、闘争の美酒は尽きた。
これよりは泰平という銘の美酒を愉しもう。
汝と共になら、それも悪くない。
お市 ついに終わりましたね。
あなたがいなければ今頃…。
私は戦場の露と消えていたでしょう。
乱世の夜明けを、
あなたと共に迎えられて、幸せです。
この先もずっと…一緒にいましょうね。
阿国 やあん、ようやっとここまで来ました…。
なんや感慨深うて…涙が出そうどす。
世に泰平が…来るんどすなあ…。
あんさんとご一緒できて、愉しおした。
この先もずっと一緒に、仲良う…。
そんで二人で出雲に往にましょいな?
くのいち やれやれ…。
これで本当に忍び稼業も店じまいできそう。
君のおかげで、ね。
でも、忍びやめたら何をすれば…?
乱世終わらせたのは、君なんだから、
責任取ってもらいますぜ~?
雑賀孫市 終わったな…。
さて、お前には世話になった。
俺はこれから美女探しの旅に出る。
…そんな悲しい顔すんなって。
ダチの危機にはいつでも駆けつけるさ。
ああ、約束だ。
武田信玄 ようやく終わったか。
わしらは確かに天下に道を敷いたのう。
この道の先に、何があるかは、
さすがのわしも読めんが…。
おことがいれば、怖いものなしじゃ。
伊達政宗 これで乱世は収束に向かおう、
確実にな。
貴様はこれより、どうするつもりじゃ?
わしはこの国をよきものにするべく、
天下の中身を創るつもりじゃ。
…貴様に選択肢はない。
わしに協力せい!
濃姫 終わってみればあっけないものね。
これで乱世は収束に向かい、
天下は退屈な泰平という真の地獄になる。
戦場であなたを知り、あなたを知るほどに
あなたと刺激的な戦場を駆けたくなった…。
ねえ…これから私たち、どうなるのかしら?
服部半蔵 天下泰平、ついに成る…か。
お主との戦いの思い出を胸に、
影は、消えよう…。
森蘭丸 私は乱に散るべきものと思っていました。
だのに、ここまで生きのびてしまいました。
泰平の世に…蘭の生きる場所はないのに…。
いえ…生き場所は自ら見つけるもの。
戦の中、あなたはそう教えていたのですね。
よき友に巡り合えて蘭は…本当に幸せです。
豊臣秀吉 ついにここまで来たか。
お前さんと歩んできたせいか、
あっという間じゃったわ。
戦は収束に向かい、
民や兵の笑顔は確実に増えとる。
夢は、かなうもんなんじゃな…。
今川義元 ついに、日本一の栄誉を手に入れたの!
次はいよいよ世界かの…。
船の用意をせねばの!
これこれ、悲しげな顔をするでないの。
たとえ離れようとまろたちの心は一つ。
鞠とそちは、まろの永遠の友じゃの!
本多忠勝 これでもはや乱世は終わり、
大きな戦は起きるまい。
御身と拙者は…成し遂げたのだ。
これよりは乱世果てし後の世を築く戦いが
待ち受けていよう。
拙者は、御身の槍としていつまでも共に。
稲姫 やっと…たどり着きました。
遠くに見えた泰平の光が、今は近くに、
はっきりと見えます。
信じられる友…あなたがいたから、
稲は、泰平への道をまっすぐ進めました。
本当に…ありがとう!
徳川家康 ざっと…済みたり…。
これで天下治まり、泰平の世が訪れる。
皆の…喜ぶ顔が見えるようだ…。
次は泰平の世を築くという重き荷を、
共に背負って、歩み続けよう。
着実に、一歩、一歩…。
石田三成 ついに終わったな。
私がここまで戦い抜けたのも、
お前のおかげだ。
乱世が終わりつつある今なら、
素直に礼が言える…ありがとう。
そして…これからもよろしく頼む。
浅井長政 ありがとう…礼を言わせてくれ。
それがしは嬉しいのだ…乱世の終わりが、
皆が仲よく暮らせる世の真の到来が…。
そなたが一緒でなければ、実現しなかった。
これからも共に泰平の世を支えよう、
ずっと…。
島左近 やっとここまでたどり着きましたか。
いや、あんたがいなきゃ、
とっくの昔に戦死してましたよ。
今思えば、この乱世も悪くなかった。
あんたという、無二の友と、
出会えたんですからね。
島津義弘 真の最後のばくち、大勝ちで締められたな、
我がばくちの友よ。
真に乱世も終わりと思えば気が滅入るわ。
だが、まずは満足よ。
お主のごとき者と乱世というばくちを共にし
わしは、十二分に愉しめたのでな
立花誾千代 当然の勝利だな。乱世は終わり、
世は我らの支配下で泰平を謳歌するだろう。
もはや貴様が私と共にいる必要もない…。
…だ、だが…貴様が望むのであれば、
これからも…その…共にいてやらぬでも…
…何でもない! つまらぬ話は終わりだ!
直江兼続 私は感無量だ!
同志と共に厳しき乱世をよくぞここまで…。
やはり義と愛は不滅…!
同志よ、乱世の先まで、
共に義と愛を貫こうぞ!
ねね ようやく平和が見えてきたね!
本当よくやったよ、偉い偉い!
二人でもう少しガンバって、
この天下から戦をなくそ?
大丈夫、あたしたちならきっとできるよ!
風魔小太郎 共に敵を倒し、侵し、壊し、
ついに目ぼしい将がいなくなったか…。
クク…脆すぎる…。
だが…我らを愉しませる者は、
すぐに現れよう。
人が存在する限り、争いの種は尽きぬ…。
前田利家 ようやく…ここまで来たな。
お前がいたからこそ、
俺はただ、前を見て進むことができた。
ありがとな。
これからも二人で天下背負って行こうぜ!
いつまでもな。
長宗我部元親 もはや、天下は俺たちのもの…。
いや、お前のものだ。
俺が支えなくても、お前は立てるだろう。
だが、お前が俺を必要とするときは、
俺はお前と共にあろう。
いつまでも、俺はお前を見続けている。
ガラシャ はあ! これで乱世が終わるのじゃ!
わらわは戦国の終わりを見届けられると
思わなんだゆえ、嬉しいのじゃ!
ダチと一緒に迎えられる泰平の世ゆえ、
なおいっそう嬉しいのじゃ!
優しき世、共に創ってゆこうぞ、ダチよ!
柴田勝家 わぬし、ついに新しき世を開いたな。
………………。
…ふ、ふ、言葉にならぬわ。
ふ、今さら言葉など無用か。
よくこの無骨者に付き合うてくれた。
感謝しておる。
加藤清正 俺たちの家…守りきったな。
これで乱世は終わり、
泰平の世となっていく…。
俺たちの家は、決して壊させない。
俺とお前が一緒にいる限り、ずっと…。
だから…その…隣にいさせてくれないか…。
黒田官兵衛 見事であった。卿が導き出した泰平を見よ。
私は満足だ…。
もう消えてしまっても、悔いはない…。
火種を消し、泰平を導くという
私の命題は果たされたのだから…。
ありがとう…私を無用な者としてくれて…。
立花宗茂 ようやく、ここまでたどり着いたな。
俺とお前の泰平は成り、
長く長く…続くだろう。
これが、
お前が乱世の果てで見せる笑顔か…。
ふ…俺は、これが見たかったんだな。
甲斐姫 ついに、ここまで来たね…。
つらいこと、悲しいこと、いっぱいあった。
でも、あたしは全然平気だったよ。
いつも近くにあんたがいてくれたから。
乱世が終わっても、あたしたちは友達。
いつまでも…仲良くしようね!
北条氏康 腰の痛みも忘れて、
ここまで突っ走ってきたぜ…。
お前が引っ張ってくれたからだ。
これからもよろしくな。
真の泰平の世になったら、二人で海見て、
うまいもん食って、語り明かそうや。
竹中半兵衛 おめでとって、心から言わせてもらうよ。
ああ、長い道のりだったけど乱世が終わるんだね…。
…俺さ、体弱いから、乱世の終わりなんて、
正直、見られると思ってなかったんだ。
ほんとありがと…心から、君に。
毛利元就 やれやれ、今度こそ乱世が終わったね。
これで本当に私も戦から解放されて、
歴史の著述だけに専念できるわけだ。
あ…でも…君にいなくなられると…困る。
私には…君みたいな人間が必要だし、
君の英雄伝も…まだ終わりそうにないんだ。
綾御前 ついに、ここまでたどり着きましたね。
長く、険しい道のりでしたが、
あなたと共にある日々は幸せでした。
親しきお方、
乱世の先も、どうか末永く、
あなたのかたわらにいさせてください。
福島正則 ついに戦国も終わり、か。
やべ、ちょっと泣ける…。
ガチのケンカで散っていった奴らのために、
いい世を創っていこうぜ。
俺たちならできっだろ、マジで!



コメントの投稿はこちら→情報交換掲示板へ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。