創史演武会話集 > 12


戦後会話・友誼武将/大戦1~3

  • 友誼武将の大戦1~3の戦後会話をまとめてあります。
    • 大戦1・2は友誼武将候補の会話でどの人生目標でも同じです。また、大戦1・2共に内容は同じです。
    • 大戦3の会話中にある「〇〇〇〇」には、「日の本一の兵(武力)」、「世に語られる軍略家(知力)」、
      「天下に知られる大富豪(財力)」、「天下を統べる者(天下)」のいずれかが入ります。
      それ以外の会話内容は目標に関わらず大戦ごとに同じです。
  • 改行チェック中です。ゲーム画面通りと確認が出来た台詞は右端の枠に○をつけています。
  • 既出情報での記載ミスを発見した場合は、修正又はコメント覧にて指摘をお願いします。
    コメントの投稿はこちら→情報交換掲示板へ


大戦1・2


武将名 セリフ 改行
真田幸村 見事な活躍でした。
あなたの戦を間近で見ることができ、
嬉しいかぎりです。
互いに刺激し合い、武を高め合う。
あなたのような同志、いや友がいれば、
心強いのですが…。
前田慶次
織田信長 クク…見事よ。
褒めおこう…ぞ。
うぬが駆け、時を進めるとき、
信長に抗う者となるか、
信長の先を駆ける者となるか…愉しみよ。
明智光秀 素晴らしい働きでしたね。
思わず、目を奪われてしまいました。
あなたの進む道の先に、
真の泰平がある…そんな予感がします。
これからも共に、戦いたいものです。
上杉謙信 よき闘争なり。
謙信と共にあるか、宿敵となるか…
いずれにせよ、
汝の末が愉しみよ。
お市 先の戦、お見事でした。
あなたの戦には強さだけじゃなく、
乱世を終わらせたいという意志を感じます。
ごめんなさい。勝手なことを長々と…。
そんなことを感じさせる方が、
近くにいることが嬉しくて…。
阿国 やあん、お見事どすこと。
なんや将来明るそうなお人やわあ。
ご縁あって
またご一緒できたらよろしなあ。
ほな、ごめんやすぅ~。
くのいち やるう~!
見直しちゃった!
君って、もしかしたら
すっごい人になるんじゃないかなあ…?
いやいや、お世辞じゃないってば。
雑賀孫市 よう、大活躍だな!
何だかお前、
大物になりそうな予感がするぜ。
お前みたいな奴とダチになれたら、
俺も楽でき…いや、頼もしいんだが…。
武田信玄 天晴れな戦ぶりよ!
おこと、いい目をしておる。
わしの王道、おことならば歩めるやも…。
いや、まだ早計か…。
おっと、ぶつぶつ言っちゃって悪いね。
伊達政宗 見事じゃ!
その器量あらば、
時代をつかめるやもしれぬ…。
ならば、
竜はその上を目指し、精進するのみよ!
濃姫 ふふ、やはり使える子ね。
思った通り…。
将来、歴史の大舞台で会うことになったとき
あなたは、味方なのか敵なのか…。
愉しみにしておくわ。
服部半蔵 見事。時代を動かす力、垣間見た。
森蘭丸 見事なご活躍でした。
あなたならば、きっと、
この乱世を泰平へと導いてくださる。
いつか、あなたの側で、
蘭の太刀を振るいたいものです。
英雄となったあなたを守る者として…。
豊臣秀吉 いやーお見事!
わしもその武勇にあやかりたいもんじゃ!
こんな英雄と親しくなれれば…
わしの夢もすぐかなうんじゃがのう!
今川義元 大儀。
そちの戦、
風雅なる和の心がかいま見られたの。
そちと共にあらば、
乱世の厳しき波も越えていけようの!
いつか、我が朋友になってほしいの!
本多忠勝 お見事。
その戦ぶり、いずれ天を動かす器と見た。
その時、友となるか、敵となるか、
いずれにせよ末が愉しみよ。
稲姫 お見事です!
たゆまぬ努力に裏打ちされた戦い、
堪能いたしました!
あの…私が精進を重ね、
いつかあなたのようなもののふとなれたら、
ど…同志となっていただけますか?
徳川家康 なかなかの戦、お見事であった。
着実に歩みを進めれば、
天下にも届こうという器…。
一には人を選ぶ、と申す。
将来、味方であってほしいものよ…。
石田三成 見かけ倒しではないようだな…。
…! 聞こえていたのか…。
気を悪くしたなら謝る。
…これでも褒めていたつもりなのだ。
浅井長政 お見事! その戦ぶり、惚れ惚れとしてしまった。
いずれは世に出、大きな存在となられよう。
その時は、お味方でありたいものだ。
では、御免。
島左近 やるじゃないですか。
志を胸に秘め戦う姿、ぐっと来ますよ。
いつかその志に俺の軍略を乗せ、
戦ってみたいもんだ。
機会があったら、お願いします。
島津義弘 まずは満足。
お主もよい戦をしていた。
ゆくゆくはなかなかの者となりそうだ。
ふふ、愉しみにしているぞ。
立花誾千代 貴様、やるではないか。
見所がある。
いずれは歴史の中心に立つ者となろう。
…だが、果たしてそれは、
立花の敵としてか、味方としてか…?
直江兼続 見事な働き!
この兼続、感服した!
義の勇士がこんな近くにいたとは…。
ああ、将来、許されるのであれば、
愛の同志の契りを結び共に歩みたいものだ。
ねね うんうん!
いつもガンバるいい子だね!
もっとガンバったら、
あたしが友達になったげる!
うん、指切りげんまん、だよ。
風魔小太郎 見事であった。
うぬこそ、乱世の申し子。
混沌の種。
いずれ吹き荒ぼう。
この凶つ風と共に…クク…。
前田利家 すげえな、お前。
なんつか…感心したぜ。
お前なら…乱世すら終わらせられそうだ…。
一緒に天下を支える友になれるように、
俺ももっと精進しなきゃな。
長宗我部元親
ガラシャ はあっ! やるのう、そち!
褒めてつかわす!
教えよ! そちは何故かように強い?
そちの将来が楽しみなのじゃ!
仲良くなれるとよいのう…。
柴田勝家 ふん、少しはできるようだな。
ゆくゆくはひとかどの者になるやもしれぬ。
敵であるにせよ、味方であるにせよ、
戦場でまみえるその日を待っておる。
加藤清正 やるんだな、お前。
お前みたいな奴は、将来、
天下の中心で活躍してそうだ。
その時、俺の敵か味方か、どっちだろうな。
黒田官兵衛 見事な活躍であった。
卿の活躍が卿の私欲のためではなく、
真に天下泰平のためであれば、
将来、我らは協力関係にあるかもしれぬな。
立花宗茂 ああ、お前か。
いい立ち回りだった。
使える奴だな。
将来、時代の中心に立つ存在となる。
その名前、覚えておこう。
…多分な。
甲斐姫 …かなわないなあ。
ほとんどの敵、やっつけちゃって。
あたしももっと頑張らないと…。
いつか追いついて…
友達になってもらいますから!
北条氏康 おう、いい腕してんな。
目つきも…腐っちゃいねえ。
ま、未来のことなんざわかんねえがよ。
敵にならねえことを祈ってるぜ。
いっぱしの奴になりそうだな。
竹中半兵衛 やるじゃん、君!
将来、君がさ、皆が寝て暮らせる世の
味方になってくれてると、楽でいいなー。
逆だと、面倒でやだなー。
毛利元就 やあ、なかなか見事だったね。
君からは歴史上の英雄に見られる
気質の片鱗が感じられるよ。
将来は、歴史を変える…もっと言えば、
乱世を終わらせる人物になるかもしれない。
その時は、ぜひ近くでそれを記したいね。
綾御前
福島正則 うわー間近で見ると鬼かっけー。
これぞ英雄の器って奴?
なんつーの、
そのうち馬鹿騒ぎできる仲になれたら、
楽しそう…って思ってるの俺だけ?
武田勝頼 見事な活躍でした。
あなたの戦を間近で見ることができ、
嬉しいかぎりです。
互いに刺激し合い、武を高め合う。
あなたのような同志、いや友がいれば、
心強いのですが…。


大戦3

武将名 セリフ 改行
真田幸村 素晴らしい働きでした!
あなたのような頼もしき友がいるからこそ、
私も一戦一戦、力を出し切ることができる。
私も友の力となり、友の夢をかなえたい。
あなたが「〇〇〇〇」になるまで
側で支えさせてください。
前田慶次 ド派手ないい戦だった!
世の鬱退! あんたの戦を見た奴らは、
どいつもこいつもスカッとしたろうさ!
ああ、俺もいよいよ、あんたが
「〇〇〇〇」になんのを、
見届けたくなっちまったねえ。
織田信長 クク、見事よ…。
うぬは、時を、また、進めた…。
うぬが信長の天下布武を支えるがごとく、
予もうぬが「〇〇〇〇」への道、
助けよう…ぞ。
明智光秀 お見事でした。
あなたの戦には確固たる意志、
そして、優しさがある…。
もしやあなたは「〇〇〇〇」に
なろうとしているのでは…ならば、
この光秀、友として助力を惜しみません。
上杉謙信 邪を祓い、正しきを見定める…すなわち、
破邪顕正の四字が、謙信の是とするところ
この戦いで祓われ、見えきたか、
汝が夢…「〇〇〇〇」。
謙信も共にあって、その夢を支えん。
お市 すごい…。
戦場ではあなたばかり見ていました。
あなたならきっと…
きっと「〇〇〇〇」になれます。
あなたがその夢に到達する瞬間を、
私は側で見ていたい…。
阿国 やあん、なんちゅう素晴らしいご活躍や。
うち、嬉しゅうて、
なんや胸がきゅんきゅんしますぅ~!
うち、尽くす女どすえ~。
あんさんの夢が「〇〇〇〇」なら
うちの夢は、その夢がかなうこっとす。
くのいち 君が目指してるのってさ。
もしかして「〇〇〇〇」とか?
やっぱりそう? 図星?
だと思ったんだあ。
うんうん、君ならきっとなれるよ。
なんたって、あたしがついてるんだし!
雑賀孫市 お前の戦、惚れ惚れするぜ。
さすがは俺のダチ、だ。
「〇〇〇〇」っていうでかい夢、
お前なら、果たせるかもな。
よし、その夢物語に俺も付き合ってやるよ!
武田信玄 おこと、尋常の者ではないのう。
その武勇にわしもあやかりたいよ。
きっと、おことなら、
「〇〇〇〇」になれるよ。
わし、その瞬間に立ち会っちゃおうかね。
伊達政宗 目立つ戦をしおる…。
貴様の勲功第一、間違いないわ!
ふっ、「〇〇〇〇」を目指すか。
その大それた夢の実現、
竜が支えてやってもよいぞ。
濃姫 いい戦だったわ…身体の芯が熱くなるよう。
一緒に戦ってあなたを知るほどに、
もっとあなたと一緒に戦いたくなる…。
あなたの夢は私の夢…。
「〇〇〇〇」となろうという夢、
私がこの爪で支えてみせるわ。
服部半蔵 勲功第一。
なれ、「〇〇〇〇」に。
影、闇より支えん。
森蘭丸 あなたはやはりお強い。
私が友としてあなたにできることは、
命を捨て、あなたを支えることくらい…。
蘭は泰平には用なき者。
あなたが「〇〇〇〇」に
なれるのなら、この身がどうなろうと…。
豊臣秀吉 いやーたまげた!
その鬼気迫る戦ぶり、
きっと壮大な夢に向かっておるからじゃな。
よっしゃ! 友の夢、わしが形にしちゃる。
「〇〇〇〇」になれ!
わしの協力がありゃ、楽勝じゃろ?
今川義元 天晴れ! 天晴れ!
そちの雅な技、堪能したの!
次は、まろがそちを喜ばせる番じゃの!
これからもまろは、そちを支えてゆくの!
そちの「〇〇〇〇」となる夢、
これでかなったも同然じゃ、の?
本多忠勝 見事。
この大戦をものともせず、
勝利を収められたな。
御身が「〇〇〇〇」たる夢、
忠勝、今後も御身が槍となり、
支えゆく所存。
稲姫 すごい…。
戦場にいる誰もが、
あなたの活躍に目を奪われていました。
あなたならきっと、
「〇〇〇〇」になれる!
稲も全力で支えます!
徳川家康 見事。大軍の猛攻をよく耐え、
見事勝利を収められた。
家康、この戦にて再確認いたした。
いかに重き荷であろうとも、
貴殿が「〇〇〇〇」となる夢、
この家康も共に背負っていこう、と。
石田三成 見事だった。
お前のような同志がいて、心強い。
俺も、お前に恥じぬ友でいたい。
「〇〇〇〇」を目指すお前を、
可能な限り支えていこう。
浅井長政 いつもながら惚れ惚れする戦ぶりだな。
「〇〇〇〇」となる夢、
そなたなら、必ず実現できるだろう。
それがしもかたわらあって、
そなたの夢を全力で支えていくつもりだ。
だから、共にまっすぐ貫いていこう!
島左近 大活躍ですな。
大戦にも怖じぬ心意気、立派なもんです。
これからも俺はあんたの側にいますよ。
友が「〇〇〇〇」になる姿、
見たいんでね。
島津義弘 痛快であったぞ、我がばくちの友よ。
「〇〇〇〇」となるという賭け、
お主なら、必ず勝てよう。
わしもお主に張った。
お主とわしは一蓮托生よ。
立花誾千代 悪くない。
立花と共に立つ者たる資格は、
十分、誇りと共に、戦場に示せていたぞ。
貴様には立花がついているのだ。
「〇〇〇〇」への道、
背後を気にせず、突き進むがよい。
直江兼続 見事の一語に尽きる!
素晴らしい同志を持つことができ、
私は本当に幸せだ…。
同志よ、私も力にならせてくれ。
お前の夢が「〇〇〇〇」なら、
その夢がかなうよう全力で補佐しよう!
ねね すごい子だねえ、びっくりしたよ!
そうだ。ご褒美あげよっか?
「〇〇〇〇」になりたいんでしょ?ね?
その夢、あたしが支えてあげる!
風魔小太郎 破壊…破壊…破壊…破壊…クク…。
よい戦いぶりだ・・・愉しめた。
我のみが愉しむのは、不公平よな…。
うぬが「〇〇〇〇」を望むなら、
手伝ってやってもよいぞ。
前田利家 おいおい、すげえじゃねえか!
お前の心意気、気合が、
ひしひしと伝わってきたぜ!
俺はこれからもお前を支えてやる。
それが俺の仁義だ。だから…
絶対に「〇〇〇〇」になンだぜ?
長宗我部元親 魂を震わせる、いい戦だった。
お前なら、いずれ必ず

「〇〇〇〇」になれるだろう。
その日まで、俺はお前と共にいよう。
※ 途中の空白行はゲーム画面通り。
ガラシャ やはりダチは頼りになるのじゃ!
わらわは嬉しいのじゃ!
このお返しに
そちの「〇〇〇〇」の夢、
わらわが支えてやるのじゃ!
柴田勝家 ふん…悪くはなかった。
申すべきことが、
なかったわけでもないがな。
わぬしの「〇〇〇〇」への道、
わしが支える。
それゆえ、ただ前を見て進むがよい。
加藤清正 やっぱりやるな、お前。
だが、お前の横には俺がいること、
忘れないでくれ…。
その…。
お前の「〇〇〇〇」への道、
俺が支えるからさ…。
黒田官兵衛 見事であった。
そしてこの戦で確認できた。
我らの目指す方向は同じだと。そして…
卿の目指す「〇〇〇〇」への道、
それを私が支えていくことは
泰平を導くことにつながっていると、な。
立花宗茂 ふ…いい戦だったな。
心なしか、満たされたように見える。
その満足げな顔を見ていると
お前の「〇〇〇〇」への道、
支えていってやりたくなってくるな。
甲斐姫 すごいじゃない!
あんた、ちょっと格好よかったわよ。
あんたならきっと、
「〇〇〇〇」になれる!
頼れる友達もいるんだし、ね?
北条氏康 相変わらず小気味いい戦っぷりだな。
お前の魂は、間違いなく上モンだ。
そのまま突っ走りやがれ。
お前が「〇〇〇〇」になるまで、
俺が見ててやるからよ。
竹中半兵衛 うわ、やっるじゃーん!
ま、水魚のごとく、俺には君が、
君には俺が寄り添ってんだし、当然か。
これからも、君の目指すもの…
「〇〇〇〇」への道、
俺が支えていってあげるよ、君を。
毛利元就 やあ、見事な戦いぶりだったね。
「〇〇〇〇」となる夢、
君なら、必ず実現できるだろう。
私もそばにあって、君の夢を支えたい。
それが君が紡ぐ歴史を記すには
一番のやり方だからね。
綾御前 素晴らしき活躍でしたね。
あなたの強い意志と行動力に、
目を…奪われてしまいました。
ふふ、親しきお方、
あなたの夢が「〇〇〇〇」なら、
私の夢は、その夢を支えることです。
福島正則 しびれたぜ、お前の戦。
気合入りまくってるっつーか。
…俺、お前をガチで支えたくなった!
一緒にお前の夢、
「〇〇〇〇」に突っ走ろうぜ!
んで、夢かなったら二人で飲んで騒ごうぜ!



コメントの投稿はこちら→情報交換掲示板へ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。