プレシャス

【名前】 プレシャス
【読み方】 ぷれしゃす
【登場作品】 轟轟戦隊ボウケンジャー
海賊戦隊ゴーカイジャー
【一覧】 こちらを参照

【詳細】

遥か昔に作られた強大な力を秘める様々なオーパーツの総称。

「宝」という意味であるが、各々の内包する力は危険極まりない物が多く、その危険度を「ハザードレベル」で具体的に数値化している。

どのような技術で作られたのか、製作者すらわからないオーパーツが非常に多い。
中には現代に伝えられた伝承の元になった物や過去の文明が滅ぶ原因になった物も存在し、「プレシャス自体が意志を持つ生命体」という場合もある。

ハザードレベルを希少度や危険度の基準としているが、作られた年代とジャンルのブレも激しく、その分類(動植物、鉱物、呪いが掛けられた物騒な物体、20世紀頃の代物)は数知れない。

ボウケンジャーはこれの確保を目的とし、確保に成功したプレシャスはサージェス財団のプレシャスバンクに保管される事になっている。

個人の所有物となっている場合は一応交渉はするが、断られた場合やネガティブシンジケートに狙われている事がはっきりとわかっている場合は盗難もし兼ねない。
あまりにも危険過ぎると判断された物には破壊命令が下され、被害が広がらない内に破壊される事もある(マッドネス・ウェザーなど)。

【余談】

次作には関係性はないが、「プレシャス」とも呼ばれる物(イキギモ)が登場している。
シリーズ第35作目にも「黄泉の心臓」というプレシャスが登場している。

用語名は異なるが、方向性が似たアイテムはシリーズ第42作目にもルパンコレクション
使い様によっては極めて危険な宝物であり、敵側が悪用する事で被害を出し、戦隊側が回収、或いはそれを扱う敵の撃破を目的とする。

更に『ボウケンジャー』の怪人は歴代のスーパー戦隊シリーズの巨大ロボなどがモチーフだが、あちらは歴代のシリーズに登場した重要アイテムがモチーフと細かいところまで似ている。