参謀長ダマラス

「バカな…私は信じぬ…海賊ごときにこの私が…」

【名前】 参謀長ダマラス
【読み方】 さんぼうちょうだまらす
【声】 石井康嗣
【登場作品】 海賊戦隊ゴーカイジャー
特命戦隊ゴーバスターズVS海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE
【登場話】 第1話「宇宙海賊現る」~第15話「私掠船現る」
第17話「凄い銀色の男」~第19話「15戦士の鎧」
第21話「冒険者の心」
第22話「星降る約束」
第24話「愚かな地球人」~第34話「夢を叶えて」
第36話「相棒カイゾク」~第38話「夢を掴む力」
第41話「なくしたくないもの」~第43話「伝説の勇者に」
【所属】 宇宙帝国ザンギャック
【分類】 参謀長
【強化武装】 ダマラソード、ダマランチャー
【特殊任務】 第二次地球侵略・参謀長
【モチーフ】 ガードノイド・ガッシュ
【名前の由来】 黙らす

【詳細】

ザンギャックの参謀長。別名「宇宙最強の軍師」。

ザンギャックでも広くその名が知られた最強格の戦士であり、化け物じみたとてつもない戦闘力と冷徹な頭脳を併せ持つ。
「ダマラソード」という大型の剣を一振りして飛ばす衝撃波は相手に致命傷を与え、更に特殊ジャケットの袖には「ダマランチャー」という6連式のガトリング砲を隠し持ち、死角からの相手にも瞬時に反撃する事ができる。

その実力は単身でゴーカイジャーを圧倒し、真の姿へと変貌したバスコですらも追い込み降伏させ、強制的に協力させる程。
キアイドーは彼を一目見ただけで「お前なら俺を楽しませてくれるかもな」と彼の実力に気付いていた。

皇帝アクドス・ギルワルズ・ギルの補佐兼作戦参謀として同行を命じられ、ワルズ・ギルのことは「殿下」と呼び、意固地で能力に見合わないプライドの高さを持つ彼を上手く往なしつつ的確な助言を献上する。

しかし、胸の内では器の小ささを蔑視しているのか、第4話でゾドマスがパフォーマンスとして切り分けたウサギりんごを食べて御満悦のワルズ・ギルを尻目に「子供騙しの小技は必要ない」と一蹴し、地球破壊命令を下していた。
第18話でも渾身の作戦を破られワルズ・ギルが気を失っている時も「いない方が静かだ」と言っていた事もあった(ただし、その作戦を立案したワルズ・ギルの冷酷さに唯一人戦慄してもいた)。

最も、第14話では目眩を起こして倒れたワルズ・ギルを見て思わず動揺し、第29話でワルズ・ギルが作戦失敗と風邪の悪化というダブルパンチで重体になった際には「殿下」の発音が悲鳴交じりになる程に取り乱しながら駆け寄っていたり、第33話で食欲がないワルズ・ギルに対し心配していたりとなんだかんだで面倒見がいい。

バスコとは以前より知己だったらしく、彼の真の姿も知っている素振りを見せており、ワルズ・ギルに知られない形で情報交換をしており結果赤き海賊団を壊滅させたが、お互い信用はしていない。

地球を守る義理は無いゴーカイジャーが地球に居座っている事に当初から疑念を抱き、度重なる作戦失敗に怒ったワルズ・ギルとバリゾーグが作戦を練り直す為に留守した際、スニークブラザースに命じてゴーカイジャーを探らせ、彼らの目的がレジェンドの「大いなる力」を集める事だと知る。
それを知った直後の第9話ではゴーカイジャーとほぼ同じタイミングで天空島を発見し、バウザーを派遣する。
しかしガオライオンの反撃により失敗し、作戦内容もワルズ・ギルにバレてしまった為、彼に入手した情報を話すが、彼は「大いなる力」を小さいものと考えており、取り入ってもらえなかった。
それでも諦めておらず、密かにバスコと接触しゴーカイジャーやレンジャーキーの情報を流し、彼にゴーカイジャーから大いなる力を奪う作戦を密かに進めていた。

第38話でワルズ・ギルが戦死した際に彼の遺体を抱えながら後悔の念を漏らしてようにワルズ・ギルに対する忠誠心は決して嘘ではなかったのだが、
アクドス・ギルに「殿下には司令官は荷が重い」などと申告していた事を影で聞いていたワルズ・ギルは彼に不信感を持ち続けていたため最後までその想いが届く事はなかった。

以降、復讐の機会を伺っていたが、第41話でアクドス・ギルと親衛隊が登場。
ワルズ・ギルの戦死について親衛隊員によって制裁を加えられ、その責任を問われて投獄されるが、第42話でインサーンの助力により釈放され、出撃命令が下る。

出撃命令が下った第42話ではバスコを脅迫した上で従えてゴーカイジャーを圧倒し、ギガントホースに連れ帰ったマーベラスを皇帝の指示により地球で公開処刑にしようとする。
しかし、残る2つの大いなる力を求めるバスコの裏切りで背中を刺され、彼を吹き飛ばすもゴーカイジャーの反撃に怯み、一発目のライジングストライクに耐えてみせるが、続け様にグリーンチャージで放たれた2発目のライジングストライクを受け敗北。

その直後、巨大化ビームを浴びて巨大化する。
やはり凄まじいパワーでゴーカイオーと豪獣神を苦戦させるが、続け様に召喚された大いなる力(マジドラゴン、パトストライカー、ガオライオン、風雷丸、マッハルコン)の攻撃で武器を失い、最期はカンゼンゴーカイオーと召喚した4体のゴーカイカンゼンスーパーバーストを受け爆散した(上記の台詞はその際のもの)。

彼の敗北を喫した事によりアクドス・ギルはゴーカイジャーに対する認識を改め、ザンギャックの戦力は再編される事になる。
一方のバスコはザンギャック側から裏切り者扱いされた為に再び賞金首の海賊となり、大いなる力に関心を持つ者を失った彼はサリーを使った最終作戦を実行する。

【特命戦隊ゴーバスターズVS海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE】

エンターによってアバターとして登場。

ゴーカイジャー3人(グリーン、ピンク、シルバー)と交戦するが、ゴウライジャーとシュリケンジャーに豪快チェンジした3人に倒された。

【余談】

初期幹部で巨大化したのは彼だけとなる(ワルズ・ギル(後にスーパーヒーロー大戦で巨大化)とインサーンは巨大化せず、巨大ロボに乗り込んで操縦し、バリゾーグは等身大のまま倒された為)。

ワルズ・ギルにゴーカイジャーを侮らないようにと言っていたが、彼自身はグリーンを侮った事が敗因となった。

東映公式サイトのスタッフは「洋画に出てくる黒人シークレットサービス見たいな立ち位置のキャラクター」とコメントしている。
デザイナー・篠原保氏によれば、「『超獣戦隊ライブマン』のガードノイド・ガッシュもモチーフに入れている」らしい(『百化繚乱[下之巻]』より)。

胸部には特徴的な文様があるが、篠原氏によると「(特に意味はなく)ただの胸毛」らしく、何も知らない他のスタッフに「あれって、ザンギャックの紋章か何かですか?」と聞かれたら「胸毛ですよ」とよく速答し、爆笑していたとファンブックでコメントがある。

声を演じる石井氏は特撮作品での出演は今作が初となるが、スタッフは彼を選出するのに苦労した事を仄めかしている。
グリーン/ハカセ役の清水一希氏の小学校時代の同級生の父親でもある。