開発技官インサーン

「うっ、嘘よ…この私がこんなところで…嫌…!アクドス・ギル様~!」

【名前】 開発技官インサーン
【読み方】 かいはつぎかんいんさーん
【声】 井上喜久子
【スーツアクター】 大林勝
【登場作品】 海賊戦隊ゴーカイジャー
【登場話】 第1話「宇宙海賊現る」~第15話「私掠船現る」
第17話「凄い銀色の男」~第19話「15戦士の鎧」
第21話「冒険者の心」
第22話「星降る約束」
第24話「愚かな地球人」~第30話「友の魂だけでも」
第32話「力を一つに」~第34話「夢を叶えて」
第36話「相棒カイゾク」~第38話「夢を掴む力」
第41話「なくしたくないもの」~第44話「素敵な聖夜」
第46話「ヒーロー合格」
第49話「宇宙最大の宝」
【所属】 宇宙帝国ザンギャック
【分類】 開発技官
【強化武装】 メスネイル、オペレーションマグナム、ショルダーカタパルト
【モチーフ】 軍人
【名前の由来】 陰惨、少尉(英:ensign)

【詳細】

ザンギャックの開発技官。

行動隊長に強力な武器を授けたり、時には強化改造まで施すマッドサイエンティスト。
自身が開発した武器でザンギャックの全宇宙征服を成し遂げ、全宇宙で最も偉大な科学者として名を残す事を夢見ている。

いつでもどこでも開発作業が行えるように自身の爪を工具状の「メスネイル」に改造している。
他にも先端がエネルギー鞭や工具に自在に変形する2丁の銃「オペレーションマグナム」、様々な有毒液を含んだシリンダー内蔵ミサイルを発射する両肩の「ショルダーカタパルト」などで武装している。

行動隊長などが倒された時は特殊なエネルギー銃で巨大化ビームを発射し、巨大化させる役目も担う(その立場を取られたり、譲ったりする事もある)。
自身が改造を担当した行動隊長が敗北した時はその行動隊長に責任を押し付ける無責任な台詞も吐く事もあり、金銭面にも細かい。

一目惚れした元レッドレーサー/陣内恭介を攫う為、古馴染みの行動隊長を勝手に動かすなどの公私混同ぶりも見せた(第14話)。
その酷さはワルズ・ギルが事態を収拾させる為、非常にまともな理由で行動した程。

ワルズ・ギルには媚びるような態度を度々見せるが、彼の小者過ぎる性格もあった為に内心では尊敬や忠実とは言い難いものを抱えている模様。
ダマラスとは互いに信頼し合っており、ワルズ・ギルが戦死した責任を一方的に押し付ける皇帝親衛隊に対して彼を擁護した程。

自ら前線に立つ事もあり、プレシャス黄泉の心臓」回収の為に出撃するが、リュウオーン復活の為に使用されてしまった為に撤退(第21話)、サタラクラJr.の支援の為にバリゾーグと共に出撃(第26話)、ガイアークが出現した際は対抗意識を燃やすワルズ・ギルの命令でバリゾーグと共に同行している(第36話)。

ダマラスの敗北後は立場が危うくなり、出世コースに返り咲く為に独自に開発した専用の巨大ロボットでゴーカイジャーにロボ戦を挑み、ロボ戦で敗北した直後に脱出する。
助太刀に駆け付けたドゴーミンと共に最後の戦いを挑むが、レッド以外の4人にドゴーミンを一掃され、バルイーグルに豪快チェンジしたレッドの飛羽返しに怯み、最期はライジングストライクを受け爆散した(上記の台詞はその際のもの)。

その直後、アクドス・ギルが用意した大艦隊が出現し、地球への総攻撃が始まる事になる。
彼女の出撃はそれまでの時間稼ぎに過ぎず、彼女はその事を知らないままだった。

【余談】

『豪快演伎』や『ザンギャックワークス~LOG~』では彼女自身と武装のモデルについての説明がなされている。

第49話でシルバー以外のゴーカイジャーが豪快チェンジした戦士はバルイーグル(レッド)、ブルーマスク(ブルー)、ファイブイエロー(イエロー)、チェンジグリフォン(グリーン)、グリーンフラッシュ(ピンク)となっている。

声を演じる井上氏は特撮作品での出演は今作が初となる。