海賊戦隊ゴーカイジャー

派手に行くぜっ!

【番組名】 海賊戦隊ゴーカイジャー
【読み方】 かいぞくせんたいごーかいじゃー
【放送開始】 2011年2月13日
【放送終了】 2012年2月19日
【話数】 全51話
【TV朝日公式サイト】 http://www.tv-asahi.co.jp/go-kai/
【東映公式サイト】 http://www.toei.co.jp/tv/go-kai/
【前作】 天装戦隊ゴセイジャー
【次回作】 特命戦隊ゴーバスターズ

【あらすじ】

ある日突然、宇宙帝国ザンギャックの大艦隊が地球を襲撃した。
宇宙の星々を支配し、全宇宙を我が物にしようとするザンギャックが、ついにその矛先を地球に向けたのだ。

地球人類が絶望に包まれる中、地球の平和を守るために、人々の笑顔のために立ち上がったのは、数々の悪から地球を守り続けてきた34組のスーパー戦隊だった。

最初のスーパー戦隊である秘密戦隊ゴレンジャーのリーダー・アカレンジャーの号令で、182人の戦士達とザンギャックの壮絶な戦いが始まった。
そして全てのスーパー戦隊の力を合わせて発動した究極の合体技をザンギャックの大艦隊を目掛けて放ち、ザンギャックの撃退に成功した。
だが、スーパー戦隊の戦士達は全ての力を失い、姿を消してしまった。

戦士達は伝説の存在になり、後にこの戦いは「レジェンド大戦」と呼ばれるようになった。

そのレジェンド大戦から数年後。長い時を経て復活を遂げたザンギャックは再び地球侵略を開始する。
それと共に、海賊船型の宇宙船ゴーカイガレオンに乗って宇宙を旅する5人の若者が地球に眠るという宇宙最大のお宝を求めて地球へ訪れた。元々はお宝にしか興味が無く、地球を守る義務も無い5人だったが、ザンギャックの地球侵略がお宝探しの邪魔になると考え、仕方なく戦う事を決意する。

海賊の如く豪快に、34組のスーパー戦隊から受け継いだ力を武器に、ザンギャックに立ち向かう、最強の5人の戦士達。

ザンギャックはそんな彼らをこう呼んだ。「海賊」と……

戦隊シリーズ35作目。
戦隊ヒーロー35周年記念作品であり、メンバー全員が異星人であるという、メンバー全員が「天使」と称される地球人類の亜種であったゴセイジャーに続く珍しい戦隊となる。
なおゴーカイブルーのジョー・ギブケンは元ザンギャックのメンバー、ゴーカイピンクのアイム・ド・ファミーユは滅ぼされた星の元王女である。

また最大の特徴は「ゴーカイジャー全員がレンジャーキーというアイテムを使い、かつての戦隊ヒーローに変身できる」という点であり、いわば戦隊版ディケイドといえる作品である。ただし、元ネタの戦隊で男性メンバーが変身した戦隊ヒーローをゴーカイジャーの女性メンバーが変身する場合はスーツにスカートが付く等一部形状が変化する場合もある。

ロボもゴーカイジャーが所有する存在の他に、かつての番組に登場したマジドラゴンやガオライオンなどが追加パーツとして合体していくという方式を採用し、春の映画では199人の戦隊ヒーロー全員が登場するなど40周年を迎える仮面ライダーシリーズと同様のまさに"豪快"なシリーズ展開が行われた。

最終的に過去の34戦隊から最低ひとりずつは"本人"が登場。
メタルヒーローの宇宙刑事ギャバンとのコラボ映画も作られるなど、35周年にふさわしい大作となった。