夢幻サイマ獣 バハムー

「バ~ハム~」

【名前】 夢幻サイマ獣 バハムー
【読み方】 むげんさいまじゅう ばはむー
【声】 櫻井孝宏
【登場作品】 救急戦隊ゴーゴーファイブ
【登場話】 第45話「初夢は災魔の旋律(メロディー)」
【所属】 災魔一族
【分類】 サイマ獣
【カード所有者】 龍皇子サラマンデス
【属性】
【モチーフ】 バクトラ、ナマズ
【名前の由来】 バハムー

【詳細】

火のサイマ獣。

ゴーゴーファイブに倒されたサラマンデスの仇を取る為、呪士ピエールによって召喚される。
鼻からの白いガスで相手を吸い寄せ、腹部のナマズの口で夢を吸引する事で食べる能力を持ち、夢を食べられた者は子供のような精神状態になる(ピエール曰く「腑抜け」)。

ピエールは上述の能力で腑抜けにしたゴーゴーファイブの抹殺を目論む。
兄弟が初詣の最中にピエールと共に出現し、上述の能力でマトイ以外の4人の夢を食べ、それにより4人は腑抜けになってしまい、ピエールにマトイの夢も食べるように命じられるが、「こっちの方が美味そうだ」と京子の夢を食べ、満腹になるとピエールと共に撤退する。

その後、人々の夢を食べようと襲い掛かり、駆け付けたレッドの夢も食べるが、それと同時に彼を腹の中に入れてしまう。
食べた夢を悪夢に変える事でレッドを苦しめるようにピエールに命じられ、5人の悪夢でマトイを苦しめ、6人の生命エネルギーを低下させていく。

しかし、モンド博士の歌とマトイの言葉によって4人は正気を取り戻し、レッドは悪夢から脱出する。
5人揃ったゴーゴーファイブの怒りの反撃に怯み、レッドにブイスラッシュで鼻を切り落とされた為に弱体化し、ビッグブイバスターを受け倒される。

その直後、再生カードによって巨大な死霊として復活する。
ビクトリーマーズと交戦し、鼻から膨らませた青い鼻提灯を破裂させる事で邪霊姫ディーナスが歌う幻影を見せ、その歌でピンク以外のゴーゴーファイブを戦意喪失に陥れるが、「お父さん(モンド博士)にできるなら自分にも」と歌ったマツリにより幻影は消え、最期はマーズフレアを受け爆散した。

【余談】

本編において最後のサイマ獣となった。

「~ムー」が口癖。頭部と胴体がバク、両手足がトラ、腰の顔がナマズに似ている。

サイマ獣の中ではかなり知能が低く、基本的に自分の本能に赴くまま行動していた為、ピエールは翻弄されっ放しだった。
サラマンデスが万が一の為に残しておいたのか、役に立たないと思っていた為に残していったのかは不明。

マトイを苦しめた悪夢は以下の通りになっている。
  • 「自身が扮するレッドの率いるゴーゴーファイブに退治させる」(京子)
  • 「暴走したマトイの乗る車を白バイで追いかけて捕まえる」(ダイモン)
  • 「ボクサーになってノックアウトする」(ナガレ)
  • 「医者になって手術する」(マツリ)
  • 「兄弟でライブを行う」(ショウ)

同話でOPや挿入歌を歌う石原慎一氏が巽防災研究所のテーマソング「救命唱歌」を歌う合唱隊員役としてゲスト出演している。

バクをモチーフにした怪人はスーパー戦隊シリーズにおいて『科学戦隊ダイナマン』のバクシンカ以来の登場となり、あちらも鼻提灯を膨らませて攻撃している。

声を演じる櫻井氏は特撮作品での出演は今作が初となる。