皇帝アクドス・ギル

「宇宙海賊よ、この星諸共塵となれ!」

【名前】 皇帝アクドス・ギル
【読み方】 こうていあくどす・ぎる
【声】 小川真司
【登場作品】 海賊戦隊ゴーカイジャー
仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦
【登場話】 第37話「最強の決戦機」
第41話「なくしたくないもの」~第44話「素敵な聖夜」
第46話「ヒーロー合格」
第49話「宇宙最大の宝」~最終話「さよなら宇宙海賊」
【所属】 宇宙帝国ザンギャック/ギル一族
【分類】 皇帝
【強化武装】 アクドソード
【モチーフ】 ダイオウイカ、クラーケン
【名前の由来】 あくど過ぎる

【海賊戦隊ゴーカイジャー】

宇宙全土にその名を轟かす宇宙帝国ザンギャックの皇帝。ワルズ・ギルの父親。

圧倒的な威厳とカリスマ性を有し、「アクドソード」と呼ばれる大剣を武器に単独での武力も凄まじい実力を兼ね備える。

息子がジョーに「皇帝のバカ息子」呼ばわりされていたり、「父上にも叩かれた事などないのに!」という彼の発言から相当甘やかしていた模様。
「軍の司令官に相応しい」とはいえないワルズ・ギルに対し、参謀長としてダマラスを派遣したり、第11話では自身の親衛隊長を地球に送り込むなどと度々サポートしている。

後述の『スーパーヒーロー大戦』での行動を見る限り、実はかなりの親バカだった可能性もあるなど、息子に対してはとても優しかった模様。

裏を返せば、「厳しくしてでも息子を(ザンギャック基準で)一廉の人物、立派な皇帝に育てる気が無かった」とも受け取れる。
経済に向いている息子へそういった道を歩ませずに高級軍人にした事からも「いびつな父性愛の持ち主」という事が窺える。

第37話で息子が戦死すると「愛する息子の為の弔い」として自らギガントホースに現れ、指揮官として采配を振るう。
「父親に似ぬバカ息子」と呼ばれているワルズ・ギルとは性格も似ておらず、自身の思い通りにならない事が起こるとすぐヒステリーを起こす息子に対し、
作戦が失敗してもすぐ激情を露にする事はなく、沈着冷静で部下の進言に耳を傾ける度量もある。

しかし、自身に従わない異星人への皆殺しも厭わず、部下のダマラスを容赦なく投獄するなどと「ザンギャックの皇帝」としての非情さも持ち合わせ、その戦闘力はザンギャックの支配者の地位に恥じない「最強」に値し、
指令席に座ったままで相手の攻撃を両腕の殺陣のみで全て受け流すという体術を持つ。

放送当初からその存在は「息子の元に直属の部下であるデラツエイガーの派遣(第11話)」、「グレートワルズの提供(第37話)」といった支援を影から行うという形で提示されていたものの、その姿は長らく登場しなかった。
第34話の1000ザギン札には彼の肖像画が確認できる程度の露出しかなく、ワルズ・ギルの回想で初めて姿を現し、ダマラスを息子の部隊に就かせた経緯が語られている(第37話)。

そして上述のとおりに息子の戦死に伴い、皇帝親衛隊に所属する二大親衛隊員と共にギガントホースに現れ、
ワルズ・ギルの遺影を掲げ、自ら地球侵略作戦を開始する(第41話)。

そして圧倒的な戦力を撥ね退け、1度は壊滅寸前に陥りながらもダマラスを倒したゴーカイジャーへの認識を改め、ザンギャックの戦力の再編成を決める。
インサーンを焚き付け、時間稼ぎをさせた事でレジェンド大戦を凌ぐ規模の大艦隊を宇宙全土から到着させ、地球への総攻撃を開始する。

だが皇帝自ら地球に乗り込んできたこの局面を、むしろチャンスと捉えたゴーカイジャーは、バスコの死後に何処かに取り残されていたフリージョーカーでレッドとシルバーが特攻を仕掛け、
地上ではダイランドーを他のメンバーが足止めするという作戦を実行。
ギガントホースにやってきた二人を椅子に座ったまま余裕の体捌きで退け、アクドソードと両肩からの火球を武器に2人を圧倒するが、シルバーが囮となっている間にギガントホースのコントロールをレッドが奪い、
周囲の艦隊に向けた一斉砲撃によってザンギャックの大艦隊は全滅、更に2人の攻撃によってギガントホースのブリッジを破壊され、戦艦は墜落して爆散する。

爆発に巻き込まれたかと思われたが、戦艦から脱出して生き延び、集結したゴーカイジャーに最後の戦いを挑む。
しかし、スーパー戦隊に次々と豪快チェンジする6人に圧倒され、ゴーカイレジェンドクラッシュとゴーカイシューティングスラッシュを耐え抜くが、最期はゴーカイガレオンバスターのスペシャルチャージで発動した「派手にウェーブ」を至近距離から受け爆散した(その際に「おのれぇ!宇宙海賊共めぇぇ!」と叫んでいる)。

【仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦】

息子のワルズ・ギルと共に復活する。

今作では初めてワルズと共に行動するが、直接会話などをする事はなかった。
しかし、ワルズがマーベラスに馬鹿にされてベソをかきながら出て行った際は自身も退出し、息子を気遣うなどと若干親バカ気味だが、親子仲はとても良好な模様。

最終決戦で巨大化ビームを浴びて巨大化する。
ヒーロー達を光弾で攻撃し、参戦したゴーバスターオーと交戦するが、最期は仮面ライダーディエンド/海東大樹が発動させたビッグマシンの変形に巻き込まれ爆散した。

【特命戦隊ゴーバスターズVS海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE】

名前と遺影だけ登場。

甥の新司令官バッカス・ギルからは「超えるべき存在」と見なされている。

【余談】

モチーフは世界最大のイカ・ダイオウイカらしく、「皇帝」だった事から「大王」と掛けている。

元はデザイナー・韮沢靖氏がワルズ・ギルのデザインとして持ちかけ、NGを喰らったものを再利用している。

更に再利用される事が決まった際、最終話の案として『スーパーヒーロー大戦』へ繋げ、『ジャッカー電撃隊』のシャインのような存在を示唆する為にイカルス大王もモチーフにしたとされている。

隻眼という設定はデザイナーによるものではなく、怪人を造型しているレインボーがスーツを製作した結果、「海賊のイメージを付ける為、或いはワルズ・ギルとのデザインの違いを付ける為」と作られたもの。

第27話の行動隊長もイカがモチーフになっている。

巨大化装置がギガントホースごと破壊されてしまっていた為に巨大化はしなかったものの艦の爆発からも無事生き延び、ゴーカイジャーも6人がかりでやっと倒せた程のタフさだが、戦闘力自体は弱くも最強でもない程度だった。

結局は息子の無念を晴らすどころか息子の後を追う形となり、彼の亡き後はザンギャックでは内部分裂から崩壊の一途を辿る事になる。
しかし、彼の死から数ヵ月後にザンギャックが早々に内部分裂を始めた為、あるレベル以上の高いカリスマ性はあり、統率力には優れていたと思われる。

上述の最終決戦でゴーカイジャーは以下の順番で豪快チェンジしている。
【レッド】 【ブルー】 【イエロー】 【グリーン】 【ピンク】 【シルバー】
アカレンジャー ダイヤジャック バルパンサー バトルケニア デンジピンク ゴセイナイト
ボウケンレッド テンマレンジャー イエローマスク ダイナブラック ニンジャホワイト シュリケンジャー
レッドレーサー ゴーオンブルー ファイブイエロー ブラックターボ ゴーグルピンク 黒騎士
ギンガレッド ブルースリー アバレイエロー チェンジグリフォン プテラレンジャー キングレンジャー
レッドホーク ゴーブルー ガオイエロー メガブラック ピンクフラッシュ
オーレッド スーパーゴセイブルー イエローライオン デカグリーンスワットモード レジェンドマジピンク
ハイパーシンケンレッド スーパーゲキイエロー

以前にもゴーカイオーの必殺技3発に耐えた行動隊長2度目のライジングストライクで倒された幹部などの耐久力が高い敵は存在した。
しかし、ゴーカイジャーの4つもの必殺技でようやく倒された程の耐久力を見せた。

『特命戦隊ゴーバスターズVS海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE』で彼を「叔父貴」と呼ぶが登場する。
この事から彼には兄か姉(バッカスの親)が存在している筈だが、詳しい事は不明(「バッカスの叔母との婚姻でギル一族婿入りした」とも受け取れる)。

声を演じる小川氏は、『円盤戦争バンキッド』のエムジン大尉以来35年振りの特撮怪人の配役だったが2015年の死去により、これがスーパー戦隊唯一の出演作品として扱われる。またデザイナーも『剣』のアンデッドや『カブト』のワーム等平成の特撮で数多くの怪人を生み出していたが、声優死去の翌年を以て同様の理由で事実上最期の遺作と化してしまった。