行動隊長

【名前】 行動隊長
【読み方】 こうどうたいちょう
【登場作品】 星獣戦隊ギンガマン
海賊戦隊ゴーカイジャー
【一覧】 ゴーカイジャーに関してはこちらを参照

【詳細】

軍や作戦を実行する上での部隊の隊長を指す。
一般的に使用される言葉の為、下記の作品以外にも他の特撮作品でも使用されている。

【星獣戦隊ギンガマン】

宇宙海賊バルバンの幹部の中でもゼイハブ船長によって選抜され、魔獣ダイタニクスを復活させる為の行動を唯一許された者を指す(これはメンバーが一度に活動する際に生じるであろう亀裂による仲間割れを抑制する為)。

以下の4隊長が存在し、ギンガマンに敗北されるとその権限は次の幹部に移行する。
【行動隊長】 【一団のモチーフ】 【行動内容と目的】
銃頭サンバッシュ 昆虫・節足動物類 ブクラテスの案によりダイタニクスを復活させる為のエネルギーを略奪する
剣将ブドー 魚介類 ブドーが推測した手掛かりからダイタニクス復活に有効と思しき「銀河の光」を捜索する
妖帝イリエス 神話の怪物 怪しい魔術を行使してダイタニクスを復活させる
破王バットバス 中世の兵器・道具 参謀に加わったビズネラの立案作戦でダイタニクスの復活を遂行する
ダイタニクスが倒された後は地球魔獣の育成へと変更される

【海賊戦隊ゴーカイジャー】

ザンギャックに所属する宇宙人兵士。

その名の通りにを率いて、地球への侵略行動や幹部の立てた作戦を実行する。
行動不能になるとインサーンが開発した特殊エネルギー銃から放たれる巨大化ビームを浴び、細胞が再生・巨大化する。

ザンギャック軍での立ち位置は部下を率いる事から士官階級に当たると思われる。
テレビ朝日公式サイトの紹介に「強化改造」という項目があり、各人がインサーンによって種族の特徴をより戦闘向きに改造され、更に能力に合った武器を与えられている(中には全く改造されていない者もいる)。

ヒーロー側が海賊だからか、モチーフの多くは海棲生物と思われる。
更に篠原保氏のデザインした者はシリーズ歴代の戦闘員もモチーフに加えられている。

過去シリーズからのゲスト登場回においてはそのゲストにあったモチーフや設定などが用いられる事がある(その実例は以下の通りである)。
【行動隊長名】 【登場話】 【分類】
行動隊長ブラムド 第5話(デカレンジャー登場回) 行動隊長/アリエナイザー
行動隊長パチャカマック13世 第7話(ゲキレンジャー登場回) 行動隊長/宇宙拳法
行動隊長サタラクラJr.
行動隊長サンダールJr.
第25・26話(ハリケンジャー登場回) 行動隊長/宇宙忍者
ザンギャックが宇宙関連の組織の為なのか、現時点では設定面において明確な繋がりを作られているのは過去作品でも宇宙に関係していた敵組織だった場合である。

更に関係者しか行動隊長にはなっておらず、本人そのものが復活した者(黒十字王リュウオーンアブレラ)、正式な後継者に当たる蛮機族ガイアークチラカシズキーババッチードは全てザンギャックと別勢力として登場している。

【余談】

巨大化時の声はエコーで二重に加工されている。