巨大化ビーム

インサーン「まさか、こんな田舎の星でこれを使うとは思わなかったけどね…」

【名前】 巨大化ビーム
【読み方】 きょだいかびーむ
【登場作品】 海賊戦隊ゴーカイジャー
【初登場話】 第2話「この星の価値」
【分類】 巨大化用アイテム

【詳細】

宇宙帝国ザンギャックインサーンが地球侵攻開始直後、試作品の開発に成功した特殊光線。

ギガントホースの艦首から2台の砲塔が現れ、インサーンが銃型の発射装置の引き金を引き、それと同時に地球の特定の場所まで光線が発射される。
この光線によって倒された行動隊長スゴーミンなどの細胞を再生巨大化させる(発射前にインサーンが一言発言するのはお約束となっている)。

宇宙系の組織に度々見られる何体かは巨大用のアイテムを使わなくても自力での巨大化が可能な者も存在する。
自力での巨大化能力を与えたダイヤールが巨大化能力を失ったまま倒された際は「エネルギーの無駄遣い」と発言している。

この光線は「インサーンしか発射できない」という訳ではなく、ジェラシットの時は彼女が地球に来ていた為、ワルズ・ギルが自ら放射した。
それにより「インサーン以外でも使用可能」、「行動隊長が等身大で倒される必要がない」、「生きたまま巨大化した方が等身大時の能力や特性は残ったまま」という事実が判明した(逆に1度倒された後に巨大化した方が能力が失われ、等身大よりも弱体化している場合が多い)。

その後もワルズ・ギルは2体の行動隊長を巨大化させている。
第24話でダマラス巨大化を行った(ジェラシットが再登場し、インサーンは彼の顔を見たくない為に不在、ワルズ・ギルは目眩がした為らしい)。

多くの宇宙人が存在し、それに合わせた強化改造も行われているにも関わらず、あらゆる行動隊長を復活させる能力はある意味では驚嘆に値する。

【余談】

本拠地に装備された武器からの光線で怪人が巨大化する例はシリーズ第7作目『科学戦隊ダイナマン』にも存在する。
メカシンカが倒されると地割れによって残骸は地底に落下していき、カー将軍がスイッチを押す事で巨大要塞グランギズモの両目から「ビッグバンビーム」が発射され、残骸が光線を浴びる事で超メカシンカとして再生巨大化する。

しかし、カー将軍の声紋と指紋を必要としている為に彼以外は使用できず、最終回(第51話)で既にカー将軍が命を落としている為、最後のメカシンカ・ファイヤースフィンクスは再生巨大化できなかった。