魔法戦隊マジレンジャー

溢れる勇気を魔法に変える!

【番組名】 魔法戦隊マジレンジャー
【読み方】 まほうせんたいまじれんじゃー
【放送開始】 2005年2月13日
【放送終了】 2006年2月12日
【話数】 全49話+劇場版1作+OV1話
【テレビ朝日公式サイト】 http://www.tv-asahi.co.jp/magi/
【東映公式サイト】 http://tvarc.toei.co.jp/tv/magiran/
【前作】 特捜戦隊デカレンジャー
【次回作】 轟轟戦隊ボウケンジャー

【あらすじ】

「魔法、それは聖なる力!魔法、それは未知への冒険!魔法、そしてそれは、勇気の証!」

とある街の古風な一軒家に住む小津家。この家の主である深雪は、自営農園を営む長男・蒔人達5人の子供に恵まれ、ごく普通の暮らしを営んでいたが、ある日曜日の朝、一家の前に光の魔法陣が出現し、そこから醜悪な化物が飛び出した。
子供達が動揺する中、深雪は奇妙な形の携帯電話を用いて天使を思わせる白い戦衣姿に変身し、化物を倒す。

家に帰り、驚く子供達に深雪は告げる。先程倒した化物は、かつて地上侵略を企み、天空聖者達によって封印された地底冥府インフェルシア冥獣である事。自分は復活したインフェルシアと戦う為、天空聖者から魔法を授かった魔法使い・マジマザーである事。

そして、深雪は長男の蒔人、長女の芳香、次女の麗、次男の翼の4人に「魔法戦隊マジレンジャー」となって戦うように告げた。
だが、ただ1人、三男で末っ子の魁だけには、魔法ケータイ・マージフォンが与えられなかった…が、彼はマージフォンを自身の勇気で作り出し、正式にマジレンジャーの一員となった。

そんな中、突如現れたウルケンタウロスが子供達に襲い掛かる。巨大化したマジマザーはこの戦いで深いダメージを受け消え去ってしまう。
こうして、小津5兄弟のマジレンジャーとしての戦いが始まるのであった。

スーパー戦隊シリーズ29作目。
『ハリー・ポッター』シリーズの人気にあやかり、「魔法」をメインモチーフとして製作された。

三度目の兄弟戦隊で、追加戦士という概念がなかった『地球戦隊ファイブマン』や、兄弟戦隊という設定を尊重して追加戦士を出さなかった『救急戦隊ゴーゴーファイブ』との違いとして、追加戦士が複数登場するが最終的に全員が家族となって変身する家族戦隊となった事が挙げられる(最終話で「我ら、魔法家族!」と名乗っている)。

この設定は、テレビ朝日側のプロデューサーであるシュレック・ヘドウィックによると、「家庭崩壊などが憂えられていた世相から『家族愛』『兄妹愛』を強く主張する作品にしようという意図があった」とのことである。

また、現時点では最後に男性のイエローと女性のブルーが登場する作品でもある。

当時のスーパー戦隊シリーズでは珍しく、最終回もOP・EDが同じ仕様である。