ゴールドロイド ゲロンパ

【名前】 ゴールドロイド ゲロンパ
【読み方】 ごーるどろいど げろんぱ
【声】 成澤卓(未表記)
【登場作品】 海賊戦隊ゴーカイジャー
【登場話】 第47話「裏切りの果て」
【所属】 バスコ・タ・ジョロキア一味
【分類】 巨大戦闘疑似生命体
【モチーフ】 金塊、土偶
【名前の由来】 金(英:gold)+人造人間(英:android
【コードネームの由来】 キンキンケロンパ
【元ネタ】 金曜日

【詳細】

宇宙猿サリーの扉から召喚される巨大戦闘疑似生命体・ゴールドロイド。コードネーム「ゲロンパ」。

黄金の能力を宿して製造され、有毒な金粉を撒き散らしての戦闘を得意とし、全身が純金で構成された金の塊でもある。
微細な金粉を噴出し、相手をコーティングする事で動かぬ金の立像としてしまう能力を持ち、この攻撃は相手の呼吸を奪うだけでなく、外皮から肉体を腐食させる事ができる危険な技でもあり、眩いサンロイドとの「合体竜巻眩惑アタック」を得意技としている。

ゴーカイジャーの持つ30の大いなる力を狙うバスコに召喚され、ゴーカイオーと豪獣神を金粉で固め、ソーラーが超光熱ビームで攻撃する。
豪獣神の豪獣トリプルドリルドリームとデカゴーカイオーの2丁拳銃に耐え、マジゴーカイオーのゴーカイマジバインドを破り、ソーラーとの連携で2体を圧倒するが、カンゼンゴーカイオーになす術もなく、最期はゴーカイカンゼンバーストをソーラーと共に受け爆散した(その際にソーラーと抱き合っている)。

【余談】

原画集『ザンギャックワークス~LOG~』でデザイナー・韮沢靖氏は「未だに私にも名前の由来が分かりません」とコメントしている。

性別は女性なのか(そもそも性別があるのか自体が不明)どうかは不明だが、バスコから「君」ではなく、「ちゃん」付けで呼ばれている。

黄金をモチーフにした怪人はスーパー戦隊シリーズにおいて『超力戦隊オーレンジャー』のバラゴールド以来の登場となる。

スーツはウッドロイド モリリンを改造している。