アクマイザー

「ザラード!」「イラード!」「ガラード!」『我ら、アクマイザー!』

【名前】 アクマイザー
【読み方】 あくまいざー
【登場作品】 アクマイザー3
超神ビビューン
仮面ライダー×仮面ライダー ウィザードフォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム
【所属】 アクマ族
【分類】 悪魔
【モチーフ】 アクマイザー3

【アクマイザー3】

アクマ族に反旗を翻した3人の悪魔。

太陽の子・ザビタン、正義の貴公子・イビル、良い子の味方・ガブラで構成されている。

アクマ族のやり方に反発するザビタンが一族に敵対し、彼を倒す為にイビルとガブラが送り込まれる。
しかし、ザビタンの正々堂々の心意気に引かれた2人は彼への協力を決意し、地上への侵攻を目論むアクマ族に3人は勇敢と立ち向かう。

アクマ族の戦士が所有する細身のサーベル「ジャンケル」を武器とし、強力な魔法力を使用でき、「魔法陣アタック」という合体必殺技を繰り出す。

最終的にアクマ族の侵攻を阻止するが、一族を操っていた黒幕・大魔王ガルバーの呪いによって魂をカプセルに封印された。

続編『超神ビビューン』ではそれぞれの魂を受け継いだ3人の人間が「超神」に変身し、彼らに代わって大魔王ガルバーに挑む事になる。
ザビタンの魂と知恵を受け継いだ月村圭は「ビビューン」、ガブラの魂と力を受け継いだ渡部剛は「ズシーン」、イビルの魂と勇気を受け継いだ菅一郎は「バシャーン」に変身する。

【仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム】

アクマ族の生き残りとなる3人の悪魔戦士。

自分達を深き地底に追放した人類への憎悪の心が力の糧とし、数千年の時を経て復活した後、地上で平和に暮らす人類への復讐を誓う。
サーベル型の武器「ジャンケル」を所有し、「悪魔陣アタック」という合体必殺技は凄まじい威力を誇る。

ファントムと結託し、人類滅亡と地上征服を目論む。
アンダーワールドの魔力を使い、怪人を無限に生み出す「無限モンスタープラント」を作り、ドーパントからゾディアーツまでの怪人を復活させる。

ザタンイールガーラで構成されている。

【余談】

『MOVIE大戦アルティメイタム』に登場する3体はそれぞれ元の名前からバ行が抜かれている(ザタン以外の2体は長音符号に置き換えられている)。

その姿はS.I.C版のデザインに近くなっている。

上述の通りに劇場版の悪役を担っているが、これにより『仮面ライダーフォーゼ』の劇場版には「悪の仮面ライダー」が未登場のまま完結した事になる(大抵は夏の劇場版に登場し、『仮面ライダーオーズ/OOO』においては冬の劇場版に2登場している)。

漫画版『仮面ライダーストロンガー』(原作:土山よしき氏)ではデルザー軍団と同様に「魔の国」出身とされている。