新司令官バッカス・ギル

「待ってろ叔父貴!俺はもうすぐ…アンタを超える!」

【名前】 新司令官バッカス・ギル
【読み方】 しんしれいかんばっかす・ぎる
【声】 土師孝也
【登場作品】 特命戦隊ゴーバスターズVS海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE
【所属】 宇宙帝国ザンギャック/ギル一族
【分類】 司令官
【強化武装】 不明
【特殊任務】 不明
【モチーフ】 バッカス、海賊
【名前の由来】 バッカス+バカ過ぎる

【詳細】

ザンギャックの新たな司令官。アクドス・ギルの甥。

皇帝だった叔父が倒された為、滅亡寸前のザンギャックの実質的な支配者となる。
ザンギャック復興の為にヴァグラスと結託し、エンターの提案で幻のレンジャーキーを狙う。

王族のような高貴な振る舞いはなく、酒好きで豪快な性格だが、確かな判断力で武勲を挙げ、「生粋の武将」として実力で成り上がってきた。
叔父を「叔父貴」、従兄弟のワルズ・ギルを「ぼんぼん」と呼ぶ。

ザンギャックの本星に乗り込んできたゴーカイジャーを敗北させ、(「起死回生を狙う」という目的があったものの)ゴーカイジャーを従える。
レッド以外の幻のレンジャーキーを入手し、最後のレンジャーキーを入手して、地球を壊滅させようとやって来た。

ゴーバスターズとゴーカイジャーの戦闘中に最後のレンジャーキーをエンターが発見するが、レンジャーキーの力が暴走し、2大戦隊は別々の場所と時代に飛ばされてしまう。

各時代でイエロー以外のレンジャーキーを回収し、最後の1つを入手すべく江戸時代に自ら出陣して、エンターもメガゾードεで江戸時代に乗り込む。
5つのレンジャーキーを揃えた後、黒いゴーカイガレオンの柱にレンジャーキーをセットし、その力で亜空間の拡大と地球の壊滅が目前に迫る。

その後、亜空間の広がりを阻止しようと集結した2大戦隊を迎え撃つ。
持ち前の戦闘力で圧倒するが、酒を攻撃で落とされるとオールレッドに豪快チェンジしたゴーカイジャーの攻撃に押され、ライジングストライクを受け敗北。

その直後、酒を一気飲みして巨大化する。
ゴーカイオーと豪獣神を劣らぬ戦闘力で追い詰めるが、レジェンドロボに豪快チェンジした2大戦隊の巨大ロボの攻撃に押され、最期はゴーカイオーが豪快チェンジしたダイボウケンのアドベンチャードライブを受け爆散した(その際に「俺は結局、叔父貴と同じなのか…」と言い残している)。

【余談】

見た目は海賊のような姿で年老いたワルズ・ギルのようにも見える。

彼はアクドス・ギルのに当たる為に兄姉が存在する可能性が浮上した。

行動隊長ジェラシットは名前を聞いただけで逃げ出す程にその戦闘力は非常に高く、劇中でも全員揃ったゴーカイジャーを苦戦させたり、ゴーカイガレオンバスターの直撃に耐えるしぶとさを見せ、叔父を上回っている。

ゴーカイジャーはザンギャック本星で戦った際、レンジャーキーを持ち主に返却していた事が敗因となったらしく、今回使用したレンジャーキーは歴代戦隊から借りてきた物を使用している。

バッカスをモチーフにした怪人はスーパー戦隊シリーズにおいて『超力戦隊オーレンジャー』の皇帝バッカスフンド以来の登場となる。

同作で『侍戦隊シンケンジャー』の姫シンケンレッド/志葉薫や『爆竜戦隊アバレンジャー』のヤツデンワニの他、獣電戦隊キョウリュウジャーが先行登場する。

ゴーカイジャーが豪快チェンジした赤色の戦士はデンジレッド(レッド)、ダイナレッド(ブルー)、ゲキレッド(イエロー)、ファイブレッド(グリーン)、マジレッド(ピンク)、ゴーオンシルバー(シルバー)となっている。

※2大戦隊の巨大ロボが豪快チェンジした歴代の巨大ロボは以下の通りになっている。
【ゴーバスターエース】 【ゴーバスターライオー】 【バスターヘラクレス】 【ゴーカイオー】 【豪獣神】
フラッシュキング ガオキング マジキング ダイボウケン 大獣神
気伝武人・龍星王 ガオケンタウロス
ゲキトージャ

初期案では「3000年前の世界に飛ばされ、剣将ブドーと結託し、3人(レッドバスター、ゴーカイレッド、ゴーカイシルバー)に襲い掛かろうとしたところを3000年前のギンガマンに阻止される」という予定だった(『ギンガマン』に登場する敵怪人飲み物を服用して巨大化している)。

声を演じる土師氏は怪人の声優としては今作が初となり、『超電子バイオマン』の若き日の蔭山秀夫以来、28年振りにスーパー戦隊シリーズに出演している。