デーボス軍

キャンデリラ「私達はもともと、全て巨大なデーボス様の細胞から生まれた存在♪」

【名前】 デーボス軍
【読み方】 でーぼすぐん
【登場作品】 獣電戦隊キョウリュウジャー

【詳細】

獣電戦隊キョウリュウジャーに登場する敵組織。

暗黒種デーボスを頂点に様々な星々を滅ぼし、現代より1億年前の遥か太古の地球に飛来し当時の地球の覇者であった恐竜を滅亡させた。
だが先に地球へとやってきてそこに住む恐竜たちの生き様に感銘を受けた賢神トリンがデーボス軍を裏切り、恐竜たちに機械の体を与え獣電竜として生まれ変わらせ、彼らとの激戦の末デーボスは心を凍らされ封印されてしまう。

その後北極海の氷山内部で沈黙していたが、その氷山が溶け出したことが原因で氷結城が海中に落下。
これに伴い幹部達も次々に覚醒し、封印されたデーボスの復活と現在地球に住む生命体(人間)の根絶やしの為に活動を再開する。

ブレイブ1で世界中にゾーリ魔を出現させ、復活したデーボ・ヒョーガッキが破壊活動を開始。
ヒョーガッキは集結したキョウリュウジャーに敗れるも、それを皮切りに本格的なデーボス復活作戦を実行し、人間の感情(喜び、怒り、哀しみ)を集めることでデーボスの凍らされた心を満たし復活させようと目論む。

物語中盤において復元水をダムに混ぜ込み、そこに氷結城をテレポートさせ浸すという強引な方法により、完全に心が回答されていないながらもデーボスの復活に成功。
その圧倒的な力で獣電巨人達を撃破しキョウリュウジャーを全滅間際にまで追い詰めるも、バクレツキョウリュウジンに敗北。
しかしデーボスは寸前でカオスと同化することで一命をとりとめ、キョウリュウジャーのブレイブに対向するべくさらなる人間の感情の収集を行うこととした。

そして新たな怨みを集める怨みの戦騎 エンドルフを作り出し、より濃い感情を集め始めるようになる。
怒りの感情が早めに集まったため、カオスは死者兵士となっていたアイガロンと、集めにくい喜びの感情を司る戦騎であるキャンデリラに見切りをつけ、彼らの後継となる新たな戦騎を二人作成し密かに人間達から感情を集めていた。
そして集めた人間の感情をレコードに刻みつけそれをカオスが取り込むことで彼に宿っていたデーボスの心が完全に復活。
対人間用の最終進化を遂げた蝶絶神 デーボスとなり、キョウリュウジャーとの最終決戦に臨む。

ファイナルブレイブではデーボスの一部にして拠点でもある氷結城を成層圏まで浮上させ、それをアンテナにして地球全土の生命を「滅びのメロディー」で滅ぼそうと企んだが、レッド・カーニバルに蝶絶神が敗北したことで、城が全壊して完敗した。

なお、レッドと対峙したデーボスによると、実は彼も宇宙に存在する「何者か」の意思によって生み出された生命体の一角に過ぎず、自身に与えられた使命のためだけに星々を滅ぼしていたことが判明するが、彼を生み出した者の「正体」については明かされなかった。

OVA帰ってきたキョウリュウジャーでは残党が登場。
デーボスのわずかに残った細胞から復活を試みるも、実は後悔の戦騎 アースレバンの策略であった。
アースレバンが倒されてもなお一部のメンバーは生き残り、100年後の未来のキョウリュウジャー達と今後も戦いが続いていくと思われる。

【余談】

百面神官 カオス以外の幹部は「」に由来している(オマージュは『クレイジーモンキー笑拳』の4つの拳)。
更に幹部の外見は『オズの魔法使い』の登場人物(ドロシーカカシの庭師ブリキの木こり臆病なライオン)を意識していると思われる(公式の「特記事項」でもそれを示唆してるようなフレーズがある)。
さらに体の一部にはトランプのスートのような模様が描かれている。

『東映ヒーローMAX vol.44』によれば、「当初は『キョウリュウジャーの強さを視聴者にアピールする為、幹部の1人を序盤で敗退させる』という案があった」らしい(『それでは残された幹部が弱く見えてしまう』という理由で没となり、その代理として恐竜を滅ぼしたデーボモンスターが第1話に登場している)。

シリーズ第27作目には序盤で敗退した幹部が登場している(あちらの戦隊のパートナーも恐竜が進化して生まれた生物だったりする。)。

「宇宙から飛来した巨大な本拠地がボスそのもので、眷属たちが産み落とされた子で構成される」という設定は、『フォッグ』と共通する。

なお、「感情」を司るように自我が強くキャラクター性が濃い幹部が多いからか、「スーパー戦隊」の悪の組織としては珍しく、放送後に完全数量限定の商品化が決定した。

アイガロンの声を演じる水島氏以外の全員は初参加となる。