海の拳魔 ラゲク

「この胸騒ぎ…臨獣拳はどうなってしまうの…?」

【名前】 海の拳魔 ラゲク
【読み方】 うみのけんま らげく
【声】 幸田直子
【登場作品】 獣拳戦隊ゲキレンジャー
仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦
【分類】 臨獣拳士/三拳魔
【獣拳】 臨獣ジェリー拳
【得意リンギ】 羅封掌握(らぶうしょうあく)
時裂斬(じれつざん)
【秘伝リンギ】 時裂波(じれっぱ)
【三拳魔秘伝リンギ】 慟哭丸(どうこくがん)
【好きな場所】
【好きな食べ物】 プランクトンなど
【好きな言葉】 水母の風向かい
【モチーフ】 クラゲ

【詳細】

クラゲを手本とし、相手の攻撃を受け流して無効化する臨獣ジェリー拳を扱う海の拳魔。

臨気の流れにより瞬間的に肉体をゲル状に変化させ相手の攻撃を全て透過させ無力化させるいわば「柔」の技を極めている。
彼女の秘伝リンギ「時裂波」はクラゲが波間に漂うように、時の流れを見抜いて相手を過去に漂流させてしまう技であり、ゲキレンジャー達を江戸時代までタイムスリップさせてしまったこともある。

彼女が司る感情は「嫉妬」。
嫉妬が力をくれると感じている為、煽った他人の嫉妬心から溢れる様々な思惑や争いを見て喜ぶ癖がある。

メレの、理央にのみ教えを授けるカタへの不信と嫉妬に反応し、現代に復活した。

かつてシャーフーに「身を焦がすほどの想い」を寄せ「ダーリン」と呼んでいた。
しかし、その想いに応じなかった彼を妬み、臨獣拳の道に落ちることになる。
シャーフーにとっては最も復活して欲しくなかった拳魔のようで、彼女が復活した際には真っ先に反応した。
なお、初登場時には巨大化してゲキトージャを完膚なきまでに叩きのめしている。

当初は理央を素質無しと見なし、自らを復活させたメレにのみ教えを与えるとしていたが、これは理央に「身を焦がすほどの想い」と「嫉妬」が生み出す力を実感させるためであり、理央への「身を焦がすほどの想い」でシャーフーを圧倒するメレに理央が見せた強い「嫉妬」を見、更に理央がジェリー拳の弱点を見抜き自身を破ったことで、2人で強くなる素質を見抜き両方の師匠となる。

2人には「互いに競い合い、嫉妬すること」が重要と説き、自らも嫉妬が力をくれると信じている。
また、「身を焦がすほどの想い」も大きな力を生むとしており、それ故味方内でも恋愛関係の拗れを利用する。

ゲキレンジャーを相手とし再来した「激臨の大乱」で大地の拳魔 マクがゲキレンジャーらに倒されるのを見た後、用済みとしてロンの手によって始末された。
拳魔の中では穏健派で、カタとマクが己の強さのみに執着しているのに対し彼女は最後まで弟子達のことを気にかけていた。

最終話にてイメージの臨獣殿を訪れたゲキレンジャーを迎え、レツに自らの動きと技を指導している。

【仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦】

大ザンギャック陣営の怪人として登場。

【余談】

声を演じる幸田氏は特撮作品での出演は今作が初となる。